2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

スレタイ:( ^ω^)ブーンは中ボスのようです

1 :代理:2007/03/04(日) 20:57:07.31 ID:XAMO4Drr0
クラッコJr.みたいな。

2 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 21:05:39.03 ID:Q0l15l9wO
代理乙です。
正直作文失敗しました。だが投下する

もう駄目かもわからんね

3 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 21:08:30.08 ID:Q0l15l9wO
前々スレつhttp://wwwww.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1172848892/i
前スレつhttp://wwwww.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1172878345/i


では投下します。

4 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 21:09:01.44 ID:Q0l15l9wO

おっおっおっおっおっおっおっおっおっおっおっおっおっおっおっ

( ^ω^)( ^ω^)( ^ω^)( ^ω^)( ^ω^)

      ブーンは中ボスのようです ―四本場―

( ^ω^)( ^ω^)( ^ω^)( ^ω^)( ^ω^)

おっおっおっおっおっおっおっおっおっおっおっおっおっおっおっ


5 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 21:10:31.75 ID:Q0l15l9wO
中ボス犠牲者・死因

(故^Д^)・メリケンでフルボッコ
(故´∀`)・鋭利な刃物でフルボッコ
(故・∀・)・内臓に風穴を空けられ、あげくには肝臓を掻き回されて死亡


ダンジョン名:ボス・備考

灼熱の洞窟:( ^ω^)・最深部のボス
灼熱の洞窟:(故^Д^)・入口の番人
きらめきの草原:(故´∀`)・最深部のボス
さざ波の島:(故・∀・)・島全体の守り神
暗闇の王城:(´・ω・`)・最深部のボス
魔王城:川 ゚ -゚)・この世界のラスボスですNE!

6 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 21:11:04.97 ID:Q0l15l9wO
勇者一行パーティー



('A`):ドクオ

 通称トイトイのドクオ。
 ルールを知らずに、ポンしまくりながらのビギナーズラックで勝ち抜いてきた。
 やや場風牌を集める傾向にあり、動向が読みやすい。
 この大会には、姉の病気の治療費を稼ぐ為に出場する。
 順当に勝ち上がるが、決勝戦で宿命の敵を見つけて……!?



('、`*川:ペニサス

 通称裏ドラのペニンシュラ。
 凄まじい引きにより、次々とカンを繰り出していく。
 生涯で12度の数え役満を達成している実力者。
 この大会には、自分の記憶を取り戻すため治療費のために参加した。
 決勝戦では一時トップに踊り出るも、何故か最下位転落。その意図は……?

7 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 21:12:12.85 ID:Q0l15l9wO
中ボス一行パーティー


( ^ω^):ブーン

 『戦慄! ドッキドキの麻雀大会?』を開催した張本人。
 実は世界最高の実力を持つイカサマ師である。
 必ず満貫以上で上がるという縛りまでしている。
 彼が活躍する『裏麻雀決戦編』を見れば、おいしさは二倍である。

 命を賭ける際の人間を観察するために、この大会を開く。
 最凶の刺客であるショボンがいるのは、少々予想外であったが……?

8 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 21:13:34.93 ID:Q0l15l9wO
(´・ω・`):ショボン

 自称他称共に最強のAC(アーケード)ゲーマー。
 ゲーセンにあるゲームは、ルパン三世からドラムマニアまで全てを網羅している。
 QMAやMFC、KOFに鉄拳、ポップンにGFDM。
 人は彼を廃人ゲーマーと呼び、崇拝している。

 そんな彼も、気付けばすでに三十路を越えていました。
 王城の責務を放棄したので、今では立派なNEETです。


( ・∀・):モララー

 サッカー界において、幻の左と必殺の右を持つ男。
 その足から繰り出されるシュートはキーパーを吹っ飛ばします。
 また、ネットをぶち破ったりもしますね。

 最近ではパチスロも始めました。
 好きな立ち回りは天下布武の高設定狙いと秘宝伝のREG天井狙い。
 地味に稼いでいますが、この世界において魔物に金は使えません。
 今のところ刺された状態ですが、もうすぐ死にます。口癖は「呪まーす」

9 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 21:15:35.62 ID:Q0l15l9wO
川 ゚ -゚):クー

 魔王本人であり、魔王城の城主であるラスボス。
 人間と魔物の間に生まれた混血で、人間からも魔物からもハブられていた。

 魔物を従えているのは、今までの屈辱を晴らすため。
 人間をなぶるのは、自分がハブられているのに幸せそうにしていたから。

 母親は人間であり行方不明、父親は魔物であり再婚をした。
 勿論再婚の相手は魔物である。それが何よりも悔しかった。
 恨みつらみを晴らし、世界を完全に支配するのが目標。
 そのためにはショボンやブーンが、この上なく邪魔であった。


四大秘宝の情報
ダンジョン名:道具の名前・効果:持ち主

きらめきの草原:暖かい雪・温度の変化を一時的に無くす:ドクオ
灼熱の洞窟:幻の薬・どんな怪我でも治すことができる:ドクオ
さざ波の島:珊瑚の涙・魔物が飲むと水になってしまう:ブーン
暗闇の王城:媒体の鋼鉄・人間が飲むと鉄になってしまう:ブーン

 全ては個々で扱う場合、飲んでから効力が発揮される。

10 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 21:16:45.40 ID:Q0l15l9wO
<魔王城 ギコ私室>



(,, ゚Д゚)「起きた」

(,, ゚Д゚)「外が騒がしいな。しぃはまだ出せないな」

外が騒がしい。侵入者が出たのかもしれないと気付いた。

(,, ゚Д゚)「もう三時間は寝てしまったな。
仕方ない。魔王に結果報告にでも行こう」

ガチャ

ギコは扉を開けた。すると廊下が出た。
目下にはたくさんの兵士が倒れていた。

(,, ゚Д゚)「駄目だ! 死んでる」

11 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 21:17:49.91 ID:Q0l15l9wO
不審に思ったギコは、魔王城の一番上の階に行った。
しかし、そこにいく階段に誰かがいた。

(,, ゚Д゚)「お、お前は」

( ´∀`)「……来たか」

(,, ゚Д゚)「まさかここでお前に出会えるとはな。
     この恨みはお前の血で償わせてもらう!」

( ´∀`)「愚かなる人間だな。 ひれ伏すがいい」

そして戦いのひぶたは落とされた。
自らの信念を貫くため、ギコは地を蹴る。

12 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 21:19:11.51 ID:Q0l15l9wO
<暗闇の城の廊下の戦い>



(;・∀・)「……ぐっ」

剣先はモララーの胸から突き出ていた。
つまり、後ろから刺されたのだろうな?

('A`)「よくやったペニンシュラ」

('、`*川「我が命はドクオ様に捧げます」

ペニンシュラは剣を引き抜くと、今度は心臓に刺した。
モララー享年46歳。ついに中ボスの仲間が死んだ。
と、思ったのもつかの間、実は生きていた。

( ・∀・)「心臓くらいじゃ〜死なないよ」

('A`)「やるな……」

('、`*#川「てやゴルァ!」

ペニンシュラは裏拳を繰り出した。

( ・∀・)「ウボゥ!」

('A`)「よくやったペニンシュラ」

13 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 21:20:31.52 ID:Q0l15l9wO
………
……


(;・∀・)「……っぎぎ」

('A`)「なんだよ、まだ死んじゃ駄目だろ」

先程の剣先がモララーの柔肌に触れてから、引かれる。
何度もの往復で、腹部だけですでに何十本もの切り込みが入れられていた。

('、`*川「持ってきたよー」

('A`)「やれ」

ペニンシュラは、捕虜を利用して幾つもの調味料を持ってきた。
いつ絶命してもおかしくないモララーは、それを見て絶句する。
激痛により失なわれた視力が、一層低下してきた。

('、`*川「ごめんねー」

(;゚∀・)「っっぎぃぃいぃ!! ぃぃいぎぎ!!」

手の平に溢れんばかりの塩を、先程の傷口に擦り込む。
モララーは染み来るような痛みに身を震わせた。

('A`)「ばっか、始まったばっかりだろうがwww」

14 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 21:22:43.27 ID:Q0l15l9wO
醤油や砂糖など、たくさんの調味料をまぶした。
モララーは傷口にかかるまいと屈むが、ドクオはまるでゲームのように遊ぶ。
盛られた塩を振り落とそうと暴れるモララーを見ては、腹を抱えて笑った。

('A`)「ひゃはは、まだ死なないか。やるねぇ、精霊さんも」

その内、ドクオはどこからか針玉を持ってきた。鉄で出来た栗のような物である。
赤く光っており、熱されていたのがわかった。

('A`)「ほらペニンシュラ、どっちが多く刺せるか勝負だ」

おおばさみで一つ掴みあげて、モララーに投げる。
見事に命中し、刺さった。針から伝わる熱にモララーは絶叫する。

('、`*川「面白そーwww私も負けないねー」

(;・∀・)「アーーー! イギァァアァァ!」

血の臭いと肌が焼ける異臭、調味料の臭いが廊下に充満する。
モララーがあまりに暴れるので、手首と足首を後ろ手に縛った。
これにより、傷口を前方に晒す体制になる。

('A`)「あと少ししたら食ってやるから待ってろよ」

(;・∀・)「ウー!!」

15 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 21:26:04.07 ID:Q0l15l9wO
<魔王城 最上階>



(;^ω^)「……コイツ、魔力がないのに……」

(;´・ω・`)「……強い」

 彼女の持つ槍からは、二人分の血が滴る。
 ブーンやショボンは、障害物の無い広間を利用して、体力戦に持ち込んだ。
 しかし、どう戦っても傷がつけられない。狂気の強さだった。

川 ゚ -゚)「殺気がないな。生かそうとしてるのか?」

( ^ω^)「……お前と違って、理由もよくわからないのに殺せる訳がないお。
       プギェーやモナーの仇を討つのは、話を聞いてからだお」

川 ゚ -゚)「殺す気で来ないのに勝てる戦があるか? ……ないだろうが!」

16 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 21:26:50.81 ID:Q0l15l9wO
 瞬間、魔王がブーンに向かい突きを放つ。
 不意の突きを何とか避けるが、体勢を崩された。

川 ゚ -゚)「これで終わりだ!」

(;´・ω・`)「……ブーン!」

 とっさに、ショボンが衝撃破をブーンに放った。
 浮いていたブーンの体は、一気に数メートル吹き飛ばされる。
 少なからずダメージは受けたが、致命傷は免れたようだ。

川 ゚ -゚)「……本当にしぶとい」

(;^ω^)「急に不意打ちしやがってお……」

川 ゚ -゚)「急じゃない不意打ちの仕方がわからないものでな」

 槍の先端を、突きつけるようにブーンに向ける。
 睨みつける眼球の奥には、暗闇の淡い炎が映っていた。

川 ゚ -゚)「まだ始まったばかりだ。楽しませてくれよ」

 足に力を込め、赤黒い絨毯にしわを作る。
 一寸待ったかと思うと、また地を蹴りつけた。

(;^ω^)「ショボン! 例のを頼むお!」

(´・ω・`)「言われる前にやる それが暗闇クオリティ」

川 ゚ -゚)「……!」

17 :\____________/:2007/03/04(日) 21:28:21.99 ID:Q0l15l9wO
       〇
      o
     o

( ´ω`)「むにゃむにゃ……もう戦闘描写は無理だお……」

( ^ω^)「……ハッ!」

( ^ω^)「……なんだ夢だったのかお」

 外は日差しも薄く、空が白みがかっている。
 時計を見ると、短針が<5>を指していた。

( ^ω^)「はいはいニートニート」

 高校を中退し、バイトさえしないブーン。
 ニートを絵に書いたような人物であるし、もうこの生活は一年も続いていた。

18 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 21:42:14.72 ID:t2BBayUsO
さる?支援

19 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 21:50:47.25 ID:frPqq1P2O
>>17
ちょwwww

20 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 22:24:58.27 ID:CAlAHQ+0O
おいおいwww

21 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 23:35:49.98 ID:9O1XJcSnO


11 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)