2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

(’e’)ブーン系小説練習+読み物&総合案内所のようです

1 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 14:36:13.28 ID:giXItgWg0
( ^ω^)おいすー、タイトルはフェイクだお!

よくきたお、ブーン系小説練習+読み物&総合案内所に。
このレスはテンプレだから、まず読んで落ち着いて欲しいお。
うん、「練習スレ」なんだお。すまないお。
仏の顔もって言うし、長編を今すぐ書いて許してもらおうとは思ってないお。
て言うか書く自信が無いんだお。
でも、他の作品を読んだとき、君は、きっと言葉では言い表せない
「創作意欲」みたいなものを感じてくれたと思うお。
殺伐とした世の中で、そういう気持ちを形にして欲しい、そう思って
このスレを立てたんだお。
じゃあ、早速書いてもらおうかお!

マトメらしきサイト達。(小説)
ttp://www.geocities.jp/nullpo_2006/s/s.html ttp://boonsoldier.web.fc2.com/
ttp://boon.harisen.jp/  ttp://ameblo.jp/boooon/ ttp://motoki--web.hp.infoseek.co.jp/
ttp://www.geocities.jp/boon_died/ ttp://bobobobobooon.web.fc2.com/index.html
ttp://yeisu.hp.infoseek.co.jp/matome/matome.html ttp://vipmatomesaito.web.fc2.com/
ttp://www.geocities.jp/vipperweb/  ttp://vip.main.jp/  ttp://boon4vip.web.fc2.com/
ttp://plaza.rakuten.co.jp/uzakopr/
マトメサイト(絵)
ttp://nishio.ohugi.com/boon/boon_first.html
ブーン系小説まとめのニュース
http://blog.livedoor.jp/boonnews/
専用うpろだ
ttp://boonpict.run.buttobi.net/cgi-bin/up/upload.html
避難所
ttp://yy41.60.kg/boonpict/
総合短編まとめ
ttp://booooonovel.web.fc2.com/

2 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 14:36:44.19 ID:giXItgWg0
投下してもいいのか?わからないぞ……(´<_`;)
( ´_ゝ`)作品はいつでも自由に投下していい、むしろ「投下していいですか?」なんて聞くな! ブルーベリーアイ!

でもいきなり投下するのはなんか気まずいな……(´<_`;)
( ´_ゝ`)それなら「始めます」とか「今から投下するwwっうぇw」とか一言あれば十分だ。

投下したはいいけど、叩かれるのが怖いぞ(´<_`;)
( ´_ゝ`)投下する前でもした後でも、過度な卑下はしない方がいいな。叩かれる元だ。

他の作品が投下されてる途中みたいなんだが(´<_`;)
( ´_ゝ`)さるさんにならないためにも、支援してやれ。

タイトルが決まってないしトリップ付けたくないな……(´<_`;)
( ´_ゝ`)全部投下した後アンカーを当てて自分の作品をまとめるってのもありだぞ。

あのスレのこういうところが気になる!(´<_`#)
( ´_ゝ`)人それぞれだから仕方ない。あんまりここに持ち込み過ぎるのもよくないな……

絵が下手糞でな……(´<_`;)
( ´_ゝ`)絵の投下は全然おk!誰でもウェルカムだ!


( ´_ゝ`)b 「さすがだな俺ら」 d(´<_` )

3 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 14:37:16.97 ID:giXItgWg0
【AAテンプレ】

( ^ω^) 内藤ホライゾン ('A`) ドクオ ξ゚听)ξ ツンデレ  (´・ω・`) ショボーン (`・ω・´) シャキン
  _
( ゚∀゚) ジョルジュ長岡 川 ゚ -゚) 素直クール / ,' 3 荒巻スカルチノフ ( ,'3 ) 中嶋バルケン

( ´∀`) モナー ( ・∀・) モララー ( ,,゚Д゚) ギコ猫 ミ,,゚Д゚彡 フサギコ (*゚ー゚) しぃ

(*゚∀゚) つー  (#゚;;-゚) でぃ  ( ´_ゝ`) 兄者 (´<_` ) 弟者 

(*‘ω‘ *) ちんぽっぽ ( ><) わかんないんです=ビロード  ( <●><●>) わかってます

<ヽ`∀´> ニダー J( 'ー`)し カーチャン ( ^Д^) プギャー≠タカラ? *(‘‘)* ヘリカル沢近

(・∀ ・) 斉藤またんき (-_-) ヒッキー ▼・ェ・▼ ビーグル ( ´ー`) シラネーヨ (=゚ω゚)ノぃょぅ

从'ー'从 渡辺さん ('、`*川 ペニサス伊藤 从 ゚∀从 ハインリッヒ高岡 ( ∵) ビコーズ 川///川

(’e’) セントジョーンズ ( ゚д゚ ) こっちみんな ( ^^ω) マルタスニムは瀬川

※ショボーンはショボン、ツンデレはツン、素直クールはクーと書かれることが多い。

4 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 14:37:44.85 ID:oM/h8nZ5O
「のようです」って付けんのが常になったの?

5 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 14:37:47.91 ID:giXItgWg0
【ほぼ全く使われないAAテンプレ】

( ФωФ)杉浦ロマネスク  |  ^o^ |ブームくん   |;;;;;;;|:::: (へ) ,(へ) |シ ポリフェノールおじさん
                                    ヽ/⌒~ヽ/
(:::::::::::::::)インキン肉棒ぺにす丸  (゜3゜)田中ポセイドン  ( ´・ω・)AF杉浦
              ヽ            (V) ∧_∧(V)
(∴゚ з゚ )ソニー高田  (^ω^)-┐ブーン2  ヽ(^ヮ^)ノシーザー西脇   (´・_ゝ・`)盛岡デミタス
                                    Ω_Ω
/ ゚、。 / 鈴木ダイオード  | ^o^ | いとこのゆうたろう ( ・ e ・)のんぱい |;;;;| ,'っノVi ,ココつ榊原マリントン

⌒*(・ω・)*⌒ツイン照子 ⌒*(・∀・)*⌒ツイン照美 ⌒゜(・ω・)゜⌒サバスチャン小林 爪*゚〜゚)鈴木田村

  |  ..|
 ノ つДノつゾーンプレス斉藤 ν(・ω・ν) ほわっちょ相田 ⊂⌒(  ・ω・)佐々木カラマロス大

<_プー゚)フ エクストプラズマン ,(・)(・), シャーミン松中 ( ・□・)ブーン ('(゚∀゚∩ なおるよ

6 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 14:38:17.86 ID:giXItgWg0
8/20から、「バイバイさるさん」と呼ばれる新しい規制が導入されました

これは連投荒らし撃退のための規制で、
(1)一つのスレに
(2)ある時間(H)内に
(3)最近の投稿(N)のうち沢山投稿(M回)したら
(4)「バイバイさるさん」になる
というものです(凄く簡単に言えば「新しいバーボン」みたいなものです)

なので、最低でも(作者の)5レス中に1回くらいは
(読者からの)レスをいくつか(できれば5つくらい、少なくとも2〜3つ)はさんでください
ご協力よろしくお願いいたします

なお、現時点では規制は10分で解除されるようですが
解除されたと思ってすぐに書き込むと連続でさるさんを食らうこともあるようですので
多少時間を置き、他のレスがいくつか増えてから書き込みをするのが安全かと思われます

7 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 14:38:48.12 ID:giXItgWg0
避難所 (小説)
http://jbbs.livedoor.jp/otaku/6178/

まとめのまとめ (小説)
http://wiki.livedoor.jp/dokkuu/d/FrontPage

( ^ω^)系小説感想掲示板
http://jbbs.livedoor.jp/computer/33970/
携帯 http://jbbs.livedoor.jp/bbs/i.cgi/computer/33970/


注意事項
・1レスは30行まで
・スレは3日で強制オチだから注意!

以上テンプレ。

8 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 14:39:18.75 ID:giXItgWg0
短編作者様にお願い事

投下する際に名前欄かメール欄を作品名か、1/12、2/12と投下してる本人を分かり易く
お題で投下した際に、安価でお題の紹介ではなく、お題そのものを書き込み
他作者さんが投下中に、割り込み投下しない
投下する作品名を付けて欲しい

お手数ですが御協力よろしくお願いします

9 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 14:40:36.42 ID:OY4KjMdBO
テンプレ多いな……乙

10 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 14:49:45.16 ID:A+kK/cIyO
いちもつー

11 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 14:50:48.05 ID:Yutj4Tp40
>>1乙なんだからね!

12 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 14:54:31.74 ID:nflGAElSO
投下する。

('A`)の部屋は六畳一間。

13 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 14:55:55.23 ID:Aji5wzJHO
1000いく前に誰が新スレ立てるかぐらい決めた方がいいと思うんだ

14 :('A`)の部屋は六畳一間。:2007/03/03(土) 14:56:10.30 ID:nflGAElSO
 築何年になるかもわからない木造アパートの階段。
歩くたびに足元が、みっしりみっしりと悲鳴をあげてる。

('A`)「おっとと」

 階段の途中に、昨日隣の内藤さんが踏み抜いて落ちてった大きな穴があいていた。

('A`)「管理人さん、直す気あんのかな。ベニヤ板乗せただけじゃん」

 正直、穴が穴としてあるならイヤでも気を付ける。
下手に隠したら、踏むっての。落ちるっての。

 俺の目の前で、踏み抜いて落ちてった内藤さん。
(;#',ω`*)こんなになった彼を奥さんのツンさんがほっぺたをつまんで、ズリズリ引っ張って行ったんだ。

 足元にできた覗き窓。
 そこから見えたきらきら光る金髪巻き髪を思い出しながら、次の犠牲者を待つ穴を慎重に避けて、廊下最奥の自宅を目指す。

 真っ赤っかの夕焼けがもうすぐ終わる。
吹いてくる北風がそれはそれは冷たくて、俺は両手をポケットに仕舞いこんだ。

('A`)「うわ、さむー」

 風が吹くたびに耳たぶが冷えていくのがわかる。寒いの苦手なんだよな。
 軽い駆け足でみしみしと廊下を鳴らしながら、急いで家のドアを開けた。


15 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 14:57:42.97 ID:nflGAElSO
(*'A`)「ただいまー」
(´・ω・`)「あ、おかえりー」

 玄関にある真紅ののれん。その向こうから、同居人がのほほんと返してきた。
緊張感のない声が、ぽよんとここまで届く。

('A`)「あれもういるなんて珍しいね。しょぼ、花屋の仕事は?」

(´・ω・`)「今日はやすみだよー」

('A`)「ん? 定休日は水曜じゃ無かったっけ? 今日金曜だよ」

 言いながら靴が脱げない事に気付いた。ありゃ、靴ひも固結びになってら。

 仕方無いから玄関に座り込んで、きつく絞まった靴ひもをほどく事にする。

(´・ω・`)「店長の渡辺さん、たま〜に貼り紙していなくなるんだよ」

('A`)「へー。今日もなんか書いてあった?」

 やっとほどけた靴ひもを結びなおしながら、背中方向に返す。

(´・ω・`)「うん。生の箱ガンダムに逢いに行ってきます、だって」


16 :('A`)の部屋は六畳一間。:2007/03/03(土) 14:59:20.48 ID:nflGAElSO
('A`)「箱ガンダムってあの段ボールの?」

(´・ω・`)「そ。大好きだったみたいだね」

('A`)「そういや、レジ横にフィギュア置いてあったっけ」

 そう言いながら、ふっと脳裏に彼女の顔が浮かんだ。

 肩ぐらいで揃えた髪は外に少しはねてて、穏やかな笑顔を絶やさない、お嬢様系天然店長。
ゆったりした口調と、訳の判らぬ猛烈な行動力。そのギャップが素敵な27才。

 ご近所に熱烈なファンも多い。ま、俺もなんだけど。

('A`)「しかし相変わらず無茶するよな、渡辺さん」

(´・ω・`)「まぁいまに始まったことじゃ無いけどね」

('A`)「しかもどんな無茶な事でも、絶対に成し遂げて帰って来るんだよな」

(´・ω・`)「それが渡辺さんの魅力でもあるんだよ。この間の【主演男優賞もらってくるね从'ー'从♪】には心底驚いたけど」

 しょぼの声を聞きながら、窮屈な玄関の隅に靴をきっちり揃える。

家の顔は整頓しておく、コレ俺のジャスティス。


17 :('A`)の部屋は六畳一間。:2007/03/03(土) 15:00:08.07 ID:nflGAElSO
('A`)「賞、本当にもらって来たもんな」

(´・ω・`)「ほんと底知れない人だよね」

('A`)「あぁ、その意見には全力で同意」

 そのまま居間と玄関を仕切ったのれんをかきわけ、中に入ろうとして

('A`)「する……よ、って何コレ!?」

 見慣れたはずの我が家。狭いながらも俺の城、なのにこの異変は何。
 思考回路が急ブレーキかけて、脳みそが \(^O^)/オワタ しそうになる中、なんとか考えた。


18 :('A`)の部屋は六畳一間。:2007/03/03(土) 15:04:59.29 ID:nflGAElSO
(´・ω・`) 〜♪

 部屋の真ん中には背中を向けたしょぼが、ふんふんと鼻歌まじりで背中を揺らしてる。

 それはいいんだ、見慣れた日常のワンシーンだから。
 問題はその向こうにあるモノ。

 OK、一度頭を整理しようじゃないか。

 ここはVIP町過疎区三番地 ぼろアパート二階の俺の部屋。

 居候はかなりいいヤツ。出掛けるたびに何か拾ってくる事を除けば。

 で、拾って帰って来て(´・ω・`)ダメ?ってアイフルする。

 のんけでもウホりたくなると、ベンチの人に絶賛されたこいつ。

 アイフるな。俺はそれに勝てる気がしない。

(´・ω・`)〜♪

 こいつ、ピンク色のTシャツが妙に似合うんだよな。
 後ろ姿可愛いじゃん。ちまっこくてさ。

あの短めの髪をもしゃもしゃしてやろうか、それともいきなり抱きついて驚かしてやろうか。

あぁぁこのまま食べてしまいt

19 :('A`)の部屋は六畳一間。:2007/03/03(土) 15:09:58.42 ID:nflGAElSO
Σ('A`)「はっ!」



(; A )「俺はノーマル俺はノーマル俺はノーマル俺はノーマル俺は」

 ショックでありえない方向に逝きかけた理性を、無理矢理戻す。

 このまま【あの地図の向こう側まで行こう】なんて言って軽やかに逃げ出したくなった。

 そんな気持ちは目一杯あるのだけれど。
 現状を放っておいて辛い思いをするのは、どうやら自分だけらしい。

 仕方なく現実と戦う事にする。

(;'A`)「……しょぼ、ちょっと」

(´・ω・`)「ん? なにー」

('A`)「ちょっとここに座りなさい」

(´・ω・`)「えー、でも」

(#'A`)「……いいから座りなさい」

20 :('A`)の部屋は六畳一間。:2007/03/03(土) 15:11:19.82 ID:nflGAElSO
 のれんをめくって上にひっかけた。その下で俺正座。しょぼも正座。

('A`)「しょぼ、アレは何?」

(´・ω・`)「ん? あれ? 拾ったんだよ、今日」

(*´・ω・`)「へへへー、いいでしょアレ。僕すごい気に入ってるんだ」

(*´・ω・`)ノシ「きれいだよねー。癒されるよねー」

 幸せそうな顔してる。月に3度はこの顔を見てるのか、って考えると少し頭が痛くなった。

(;'A`)「……うん、しょぼの気持ちはわかるよ。実際綺麗だし、癒される気もしないでもない」

(*´・ω・`)「うんうん、でしょー」

('A`)「でもね、しょぼ」
(´・ω・`)「なに?」

(#'A`)「俺が聞きたいのは、どうして6畳1間しかないボロアパートに」

‖ー〜〜〜〜〜〜〜〜〜‖
‖       。゚。 ‖
‖ <<∈゚д゚)。:゚゚ ‖
‖___________‖

(#'A`)「今朝まで無かった、業務用冷蔵庫サイズの水槽があるのかって事っ!」

21 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 15:13:23.18 ID:Kbw+WOA5O
さる

22 :('A`)の部屋は六畳一間。:2007/03/03(土) 15:13:56.19 ID:nflGAElSO
(´・ω・`)「下の内藤さんに手伝ってもらったんだよ。窓から入れるの大変だったんだから」

(#'A`)「ちがぁぁぁぁうっ!! 方法じゃなくって、なんでこんな物持って帰って来ちゃったのか、って事!」

(#'A`)「6畳しか無いんだよ!? 水槽だけで部屋が半分になっちゃったじゃない!!」

(#'A`)「外に洗濯物干しに行けないじゃん! 敷いてあった布団が半分下敷きじゃない!」

(#'A`)「大体この魚は何!? どっから連れてきたのさ! 餌はどうするの!?」

(#'A`)「このせまぁぁぁぁぁい部屋は俺としょぼと、しょぼの拾ってきた虫と植物でもう満杯なんだよっ!!」

<<∈゚д゚)まぁそうかりかりするな

(#'A`)「魚は黙ってて! いいしょぼ? 部屋に置くものはいくらでも増やせる。でもね、部屋はこれ以上一切広がらないんだよ!!」

(´・ω・`)「なら新しい部屋を借りればいいじゃない」
(# A )「どこにそんな金があるんだぁぁぁ!!」


23 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 15:15:50.29 ID:GdoMF7+C0
ちょっと待てよ、魚喋ってるじゃねーかwwwwwwwwwwwwww

24 :('A`)の部屋は六畳一間。:2007/03/03(土) 15:16:17.14 ID:nflGAElSO
ごっちん

にぶい音がした。自分のこぶしもジンジンと痛む。

(´;ω;`)ウッ「なにも殴らなくてもいいじゃないか」
<<∈゚д゚)そうだそうだ

('A`)「自業自得っていうんだよ。魚もしょぼを甘やかさ」

( 'A`) ?

( ゚A゚)

  ポーン
( A ) ゚゚


(:'A`)「しょしょしょしょぼ!?」

(´・ω・`)「どしたの? あわてちゃって」

(;'A`)「いいいや、落ち着いてなんかられないって! 喋ってるよ!? 魚喋ってるよ!?」

25 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 15:18:33.30 ID:A+kK/cIyO
気付くの遅ぇwww

26 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 15:19:43.93 ID:MrewoHGr0
今更気付くなwww

27 :('A`)の部屋は六畳一間。:2007/03/03(土) 15:20:21.91 ID:nflGAElSO
(´・ω・`)「いいじゃないそんな事」
<<∈゚д゚)いいじゃないかそんな事

(;'A`)「魚と台詞ハモっちゃってるし! 意味わかんないよ!」

<<∈゚д゚)まぁ、そうパニくりなさんな。

 ぷくりと泡を吐き、魚?がしゃべり始めた。

<<∈゚д゚)どんなにお前さんが慌てて、脳味噌沸騰させた所で俺が喋る事実は引っくり返らんだろ?

人間は、諦めと妥協と慣れが大切だぞ。
こうして出会ったのも何かの縁。ま、仲良く行こうや。
しょぼんが用意してくれたココはなかなかに居心地が良い。
これからやっかいになるからな。



まぁ初体験って奴だろうな。【魚に諭された男】って。

 正直この事態がまったく理解できない。
なんで魚が喋るのさ。エラ呼吸のくせに生意気だ。

 何よりそもそも、こんな事態を招いたしょぼが憎い。

俺はこんがらかった頭のまま、横目でしょぼを睨み付けた。

28 :('A`)の部屋は六畳一間。:2007/03/03(土) 15:21:14.28 ID:nflGAElSO
(´・ω・`)「やっぱり一番使えるのはカノープスじゃない?」

<<∈゚д゚)確かに一部隊が低空タイプになるのは強みだな。
しかし、俺はデネブ以外考えられない。真のエンディングとデネブは等価だ。

(´・ω・`)「それなら僕もアイーシャを……」

 しょぼは当たり前の様に魚と会話してる。
ってか、何で伝説のオウガバトルを魚が知ってるのさ。

 ……考えてたらまた頭痛くなってきた。

 熱く語る二人(二種族)を置いといて、脱出する為に緊急用の寝袋を取り出す。

 部屋の隅に追いやられたマフラーを拾って首に巻き付けながら、きちんと揃ってた靴に足を突っ込む。

左手に寝袋、ポケットにうまい棒。ほっかいろもおK。
そのまま、ひんやり冷たいノブを回して外に出た。


29 :('A`)の部屋は六畳一間。:2007/03/03(土) 15:22:09.80 ID:nflGAElSO
(('A`))「さみぃ。もう完全に夜じゃないか」

 目の前の街頭に照らされて、独り言で漏れた息が白く見えた。

 寒いのは苦手だけど、怪奇現象と同じ場所にいるのはもっとイヤだ。
風邪ひいたら馬鹿ボンをもっかい殴ってやろう。

 みしみしと鳴るおんぼろアパートの廊下の隅っこに、寝袋いもむしになって座り込んだ。

 隣からは内藤さんの謝る声が、我が家からは(´・ω・`)と<<∈゚д゚)の爆笑が聞こえてきた。

(;'A`)「どうか、今日の出来事が全て夢でありますように」

 たぶん叶わない願い事を、高層マンションから少しだけ見えてた三日月にする。


 そのまま、耳たぶが冷たくなるのをマフラーで暖めながら眠りについた。

ニット帽、持ってくりゃ良かったなぁ。




30 :('A`)の部屋は六畳一間。:2007/03/03(土) 15:23:26.01 ID:nflGAElSO
〜〜〜〜朝

ユッサユッサ

 誰だよ肩を揺するのは。ネムイ、ほっといて。

(  )ユッサユッサ「大丈夫ですか」

( -A-)「うんうん大丈夫大丈夫。だからも少し寝かせて」

 そのまま太陽があったかいのを感じながら、うつらうつら。
聞こえるのは小鳥のさえずりと、内藤さんが笑う声。。

( -A-)「オダヤカダネェ……」

 風が吹くとかすかにアパートが揺れ、小さくみしみしと音がした。

 と、ここで気付いた。声をかけてくれた人、どこ行った? 足音しなかった気がしたけど。

 少し気になって薄目を開けてみた。


31 :('A`)の部屋は六畳一間。:2007/03/03(土) 15:24:28.50 ID:nflGAElSO
( ・A-) (<●><●> )


(;'A`)「うっうひやぁぁたぁぁかっかかか管理人さんっ!?」

 声が裏返ったけど、しかたないさ。起き抜けに目の前30センチに顔があれば、誰だってそうなる。

( <●><●>)「鍵を無くしたのですか」

俺の慌てぶりを、至近距離で冷静に観察してた管理人さんが聞いてきた。

(;'A`)「えっ?あ、あぁいやいや違いますよ大丈夫です」

( <●><●>)「本当に大丈夫なのですか」

 やっぱり至近距離のままじっと見つめてくる。この状況の沈黙は辛いな。

(;'A`)「……」

( <●><●>)「……」

(;'A`)「あ……あの?」

( <●><●>)「……わかりました。それでは」

 たっぷり3分ほど見つめ合ってから、管理人さんは納得したように帰っていった。

 無意識に握り締めていた手がびっしょり汗をかいている。すごい圧迫感だった。

32 :('A`)の部屋は六畳一間。:2007/03/03(土) 15:27:16.93 ID:nflGAElSO
(;'A`)「なんか一気に疲れた。……帰ろかな」

 まだ眠い目をこすりながら、空いた手でノブを掴む。それと同時に思い出してしまう昨日の出来事。


<<∈゚д゚)・ω・`)ははははははは


(#'A`)「……ええいっ!なるようになるっ!」

 諦めの境地で一気にドアを開け、勢い良く入る。
力一杯閉めたせいで、アパート全体がきしんで音をたてた。

(#'A`)「ただいま!」

 下ろされて目隠しになってるのれんをくぐりながら、大きな声を出して入っていった。


33 :('A`)の部屋は六畳一間。:2007/03/03(土) 15:29:19.29 ID:nflGAElSO
(´・ω・`)「おかえりー」
<<∈゚д゚)おう、どくお
<<∈ 'ω')おかえりなさーい♪


ああ、月なんて金輪際信じてなんかやるもんか。
いかんともしがたい現実を前に、俺はただ叫ぶことしか出来なかった。

(#;A;)「なんか増えてるー! いやぁぁあぁぁあ!!」

 涙でぼやけてく世界を見ながら、魚の餌代の事を考えた俺は、きっと馬鹿なんだと思いました。




34 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 15:32:23.65 ID:E+P4TkB9O
乙!
魚可愛かった。

35 :('A`)の部屋は六畳一間。:2007/03/03(土) 15:32:30.40 ID:nflGAElSO
以上です。
さる回避ありがとう。

よかったら、批評お願いします。

36 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 15:47:54.45 ID:ixTcAYqL0
いや、素直に面白かった。
テンポも良かったと思う。
頭に背景が浮かんできて、gdgdになることもなかったかなと。
自分はこういう感じの好きかな。

ごめん、批評とか苦手なんだ

37 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 16:20:27.40 ID:Aji5wzJHO
水槽の形状が崩壊していたのは惜しい

38 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 16:40:51.85 ID:iyDw2hVpO
面白かったわ。
テンポがいいね。

39 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 16:43:42.39 ID:EsY8Ia05O
warata

40 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 17:16:11.80 ID:esK5rNo6O
  ○⌒\
  (二二二)
  _( ^ω^) お
 / o  つ
(_ノしーJ

  /⌒○
 (二二二)
 (^ω^ ) ゴソゴソ
((oi と)
(_ノーJ

  /⌒○ お?
 (二二二)
 (^ω^;) ゴソゴソ
((oi と)
(_ノーJ

  /⌒○
 (二二二) お!
 (^ω^ *)
 /oi と)
(_ノーJ

  ○⌒\ おw
  (二二二)
  _(* ^ω^)愛
 / o  つ
(_ノしーJ


41 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 17:34:47.27 ID:PkBzRCsLO
>>35
全体的にキャラがいい、花屋の話も見たくなった

お題消化できたから投下する
敢えて地の文無しにしてみた

お題:ヘッドフォン、くしゃみ禁止令、ありがとうトラウマ、定価30%OFF

《从'ー'从渡辺のくしゃみが止まらないようです》

42 :1/7:2007/03/03(土) 17:36:18.71 ID:PkBzRCsLO
『('、`*川ペニサスの場合』

从'ー'从「くしゅん!」

('、`*川「ちょっと! 口ぐらい抑えてよ」

从'ー'从「ごめ……くしゅん!」

('、`*川「あー、また唾が飛んできた」

从'ー'从「本当にご……くしゅん!」

('、`*川「はい、今現在よりくしゃみ禁止令が発布されました。いい? 絶対守ってよ」

从'ー'从「うん……くしゅん!」

('、`;川「……駄目だこりゃ」

43 :2/7:2007/03/03(土) 17:37:38.34 ID:PkBzRCsLO
『川 ゚ -゚)クーの場合』

川 ゚ -゚)「渡辺、シュークリーム食べるか?」

从'ー'从「いいの?」

川 ゚ -゚)「ああ、定価30%OFFだったからまとめ買いしたら、数が多すぎて飽きてしまったんだよ」

从'ー'从「わーい、いっただ……クシュン!」

川 ゚ー゚)「ははは、タイミングの悪いくしゃみだな」

从'ー'从「今度こそ、いただき……クシュン!」

川 ゚ -゚)「くしゃみ、多いな」

从#'ー'从「いただきま……クシュン!」

川;゚ -゚)「……」

从;ー;从「いだだぎま゛ず……うう、甘いよ、美味しいよ」

川 ; -;)「よかったな、食べられてよかったな……」

44 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 17:38:18.30 ID:jbjW7lkN0
またモナーとモララーの顔が小さくなっとるのか

45 :3/7:2007/03/03(土) 17:39:08.23 ID:PkBzRCsLO
『('A`)ドクオの場合』

('A`)「いやー、改めて聞くとビップスターって凝ってるよな」

「クシュン!」

('A`)「む、おにゃにょこ特有のくしゃみ音だ」

('A`)(わざとくしゃみのかかる場所にいく→おにゃにょこエキスGET→ペロ……これはいいズリネタ)

(*'A`)「うはwww俺冴え杉www」

「クシュン!」

('A`)「まず位置を特定するためにイヤフォンを外して……」

「クシュン!」

('A`)「よし、あっちだ!」

46 :4/7:2007/03/03(土) 17:41:07.30 ID:PkBzRCsLO
从'ー'从「クシュン……あっ、ドクオ君」

(*'A`)(渡辺か! 俺好みの子ktkr)

('A`)「おう。くしゃみひどいんだな、花粉症とかか?」

从'ー'从「うーん、よく分からないけど、とにかく止まらないんだよね」

('A`)「そっか……止むといいな」

从'ー'从「うん!」

('A`)「……」

从'ー'从「……あれれー?」

('A`)「どうした?」

从'ー'从「ドクオ君が近くに来てからくしゃみが止んだみたい!」

('A`)「そっか、良かったじゃないか」

从*'ー'从「うん」

('A`)(ああ……残念だと思ってしまう醜い自分が嫌だ)

从*'ー'从「ドクオ君、凄い凄い! ありがとう」

('A`)(ま……これでよかったのかな)

47 :5/7:2007/03/03(土) 17:42:56.62 ID:PkBzRCsLO
『川д川貞子の場合』

∬;゚ё゚)『あんたってつくづくキモイわよね』

(♯''э)『ホントホント、はっきりいってお気の毒』

川д川『うう……』

「クシュン!」

川д川「はっ! ゆ、夢か……」

从'ー'从「クシュン!」

川д川「えっと……あなたは誰?」

从'ー'从「初めまして、渡辺だよー」

川д川「そ、そう。私は貞子」

从'ー'从「そっか、よろしくね……クシュン!」

川д川(いいなあ、私もこんな風に可愛く生まれたかった)

48 :6/7:2007/03/03(土) 17:44:44.60 ID:PkBzRCsLO
从'ー'从「一つ聞いていい?」

川д川「ええ」

从'ー'从「どうしてそんなに……クシュン! 前髪が長いの?」

川д川「……ブスだから、それを隠すため」

从'ー'从「えー? 貞子ちゃん、髪で隠れてない部分は綺麗だよ!
だからきっと、美人だと思うんだけどな」

川д川「嫌み?」

从'ー'从「……」

川д川「黙ってないで喋ったらどうなの?」

从;'ー'从「でっかいの……きそう」

川д川「え?」

从'ー'从「はああっくしょーーん!!」

49 :7/7:2007/03/03(土) 17:46:28.55 ID:PkBzRCsLO
川;゚ー川「あっ、くしゃみで前髪が……」

从*'ー'从「貞子ちゃん、やっぱり可愛いよ」

川゚ー川「えっ?」

从'ー'从「もーちょっと、自信持ってもいいんじゃないかな?」

川゚ー川「自信?」

从'ー'从「うん! 自分で自分を信じれないなんて悲しすぎるもん。
それじゃあ、まったねー」

川゚ー川「そういえば自分の顔、長いことまともに見てないな。自信、か……」

川゚ー川(渡辺さんありがとう、トラウマ解消できる気が少しだけしてきたよ)

川゚ー川「髪、切ってみようかな?」

《〜FIN〜》

50 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 17:53:19.90 ID:BeChid7nO
川゚д゚川「……髪切りました」

ξ゚听)ξ「こっちみんな」
( ^ω^)「こっちみんなお」
(´・ω・`)「こっちみないでくれる?」

川゚д゚川「……あ、渡辺さん……」

从'ー'从「こっちをみないでくださいぃ〜」

51 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 17:58:30.14 ID:rDZ+uVF80
ひでえwwww

52 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 17:59:00.89 ID:BeChid7nO
( ゚д゚ )つ川「……実はヅラです」

川 ゚ ー゚)「こっちみんな」
('、`*川「こっちみんな」

53 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 17:59:22.25 ID:PkBzRCsLO
現実は厳しいなwww

54 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 18:00:32.80 ID:esK5rNo6O
( д )つ゚ ゚「……実は付け目でした」

55 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 18:03:43.10 ID:jbjW7lkN0
川*川つд「ついでに付け唇でした」

56 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 18:06:34.93 ID:IKlxbaDn0
アナルが付いてるように見えます

57 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 18:07:46.56 ID:PkBzRCsLO
あるあるwwww

58 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 18:19:38.13 ID:Yutj4Tp40
     ( (N))
 ‐=≡┌(*'A`)┘        ,. --、
 ‐=≡  ヽ ノ┐       l__l
 ‐=≡ ┏┘ ┗        l_l ))





          ( (N))
     ‐=≡ ┌(*'A`)┘,. --、
     ‐=≡  ヽ ノ┐ l__l
     ‐=≡ ┏┘ ┗  l_l ))




           / ̄\
       (( /     ヽ ))
          l____l  ドゥルドゥルドゥル
           |;'A` |
           l__l

59 :(´・ω・`) I'll trust you forever!(`・ω・´):2007/03/03(土) 18:39:23.08 ID:0XjjCGc80

( ;^ω^)「ふぁっ! も、もう勘弁してくれお!」

束の間の安らぎを振り切って

(;´・ω・`)「もう充分に休んだろう? 僕はあんなものじゃまだまだ満足しないよ?ハァハァ」

ひたすら真っ直ぐに走りつづけた 流れる汗拭わずに

( ;゚ω゚)「アッ――!! う、嘘つき! もう誰も信じられないおー!」

信じる物もなく ただ一人

(´・ω・`)「ふふふ、口でそう言いながら君の中は僕を優しく包み込んでるじゃないか?」

優しいところ隠して

( ;゚ω゚)「アッ――!! アッ! アッ! アッ! アッ――!!」

本当の自分 見失いそうな日々

(´・ω・`)「ああ、きもちいい。腰が止まらないよ」パンパン!

ぶつかることで 

( ;゚ω゚)「ふ、深いィ――――!! ケツが裂けるゥ――――!!」

深く結びつく友情


60 :(´・ω・`) I'll trust you forever!(`・ω・´):2007/03/03(土) 18:39:46.92 ID:0XjjCGc80

(´・ω・`)「未開発だったから最初は痛かったけど、慣れると信じられないくらいきもちいいよ」

傷付いたことは無駄じゃなかったね

( ;゚ω゚)⊃「うう……誰か助けてくれお……」

悲しみに暮れたとき そっと手を差し伸べてみよう

(`・ω・´)「やあ」

きっと いつまでもホモは

( ;゚ω゚)「増えた――――――――――!!」

You'll be gay きっと見守っている

(´・ω・`)「来ると思ってたよ兄さん。それじゃあksmsファイト――!」

いつか時代が変わっても 僕は忘れない

(`・ω・´)「レディー、ゴー!! 忘れられない時間になりそうだ!」

I'll trust you forever!

( ;゚ω゚)「アッ―――――――――――!!」


さらばブーン! 後方腐敗 暁に死す!?

61 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 18:39:53.59 ID:uosLw8UC0
空気を読まずに質問
まとめサイトにある小説はみな読者からのタコ推薦によるもの?

62 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 18:41:32.03 ID:Yutj4Tp40
俺の股間が真っ赤に焼ける
お前を犯せと轟き叫ぶ


63 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 18:44:36.14 ID:ivql7Uzt0
お題募集\(^o^)/

64 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 18:45:33.50 ID:Yutj4Tp40
>>63
滅多刺し

65 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 18:45:38.34 ID:e0t7XdCp0
>>63
黄金長方形

66 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 18:46:10.60 ID:giXItgWg0
>>63
チキンラーメン帝国

67 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 18:50:30.54 ID:ivql7Uzt0
>>64-66
把握\(^o^)/

68 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 18:51:54.45 ID:4Vee6b76O
>>61


69 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 18:54:20.24 ID:2OYahN+S0
>>61
自分から依頼する人もいる。
蛇なんかは中の人が抜粋する。
更新情報は基本作者さんが報告する。

半年ROMれ

70 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 18:54:49.01 ID:esK5rNo6O
>>61
前も聞いただろ

71 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 19:22:30.90 ID:SBkzToyqO
ほっし

72 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 19:39:12.28 ID:JMxH2dTX0
流石兄弟のやりとり練習のために彼等が語るお題募集。


73 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 19:40:24.61 ID:4Vee6b76O
>>72
カオス理論について語る

74 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 19:40:55.68 ID:Kbw+WOA5O
>>72
テコンドー使い

75 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 19:41:03.08 ID:2OYahN+S0
>>72
どうしたらギャグがうまくなるか

76 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 19:42:23.48 ID:esK5rNo6O
>>72
もし三つ子だったなら

77 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 19:42:47.21 ID:MrewoHGr0
>>72
俺に噛み付くのは止めろ

78 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 19:44:39.12 ID:WfPfdi2o0
>>72
カリブをガブリ

79 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 19:45:06.51 ID:giXItgWg0
>>72
ゲッターチームに入ろう

80 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 19:45:31.06 ID:JMxH2dTX0
>>72-78
少しトイレ行ってたらお題こんなに増えてどうするんだ俺
把握した、頑張る

81 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 19:45:58.71 ID:p1PwpD/t0
>>特殊相対性理論について

82 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 19:49:35.86 ID:9q9ZLhPtO
>>80
ゲッターとマジンガーと3シリーズとVシリーズの関連性について

83 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 19:52:22.30 ID:Kbw+WOA5O
お前ら鬼やな

84 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 19:55:28.65 ID:JMxH2dTX0
>>79>>81>>82
把握したい

85 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 20:09:46.21 ID:A+kK/cIyO
卒業シーズンだよな
http://kjm.kir.jp/?p=103624

86 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 20:19:12.01 ID:JMxH2dTX0
>>85
和んだ

87 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 20:52:52.47 ID:SBkzToyqO
ほし

88 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 20:54:59.25 ID:JMxH2dTX0
のあ

89 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 20:55:45.35 ID:b8kY2clr0
きん

90 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 20:56:55.97 ID:giXItgWg0
にく

91 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 21:00:12.68 ID:n7IJy0tK0
質問です。
中編戦隊物を書こうと思っているのですが、見た目が変わる場合は
AAを変更した方が良いのでしょうか?

92 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 21:03:17.12 ID:Kbw+WOA5O
>>91
好きにすればいいんじゃね?
個人的にはAAが変わるとわけわかんなくなりそう

93 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 21:05:18.88 ID:BllW7jBd0
( ^ω^)返信!!



(=(^ω^)ブーンレッド!

94 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 21:07:39.99 ID:wafLkDlb0
ファミレスで、一人で三万食うとかありえる話?
大食いだったらありえるかな

95 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 21:08:37.60 ID:jbjW7lkN0
(+(^ω^)ブーングリーン!

96 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 21:08:58.66 ID:GdoMF7+C0
>>94
ファミレスじゃしんどいなwwwwww単品のジュースで嵩ませるしかなくね?wwwww

97 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 21:09:24.25 ID:4VrpYzxA0
>>94
ありえるようにするから小説なんじゃないの

98 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 21:11:48.06 ID:bbLx4LI9O
サイゼリアやらガストだときついな

99 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 21:40:36.49 ID:3LlmCMc20
別にありえなくても良いと思うんだぜ


100 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 21:41:53.08 ID:b8kY2clr0
別に三万円分食っちゃう大食いがいてもいいと思うぜwww


ほんでもって投下するぜ

101 :('∀`)ドクオが鳥になるようです(1/7):2007/03/03(土) 21:42:45.30 ID:b8kY2clr0

 空を飛ぶと言うことは、ある種究極の目的なのかもしれない。
 人間は鳥じゃない。地面に縛り付けられ、歩くことしかできない。

('A`)「はあ、鳥になりてえ」

 俺は鳥にあこがれていた。
 いや、いまでもあこがれている。

 こうして授業の間に、空を自由に飛翔している鳥たちを眺めるのが
最近の俺の日課となっていた。

( ^ω^)「ドクオ、ドクオ――」

 誰かが俺のことを呼んでいるが気にしない。
 俺の鳥への想いは誰にも止められないのだ。

(;^ω^)「ちょ、ドクオー」

('A`)「うるせえな、いい加減――」

 次の瞬間、俺の眼前にヌッと黒い影が伸びた。
 嫌ーな予感が全身を経巡る。

( <●><●>)「そうですか、わたしの授業は聞く価値もないのですね?」

102 :('∀`)ドクオが鳥になるようです(2/7):2007/03/03(土) 21:43:41.10 ID:b8kY2clr0

('A`;)「え、えっと、あの、それはですね、鳥が」

( <●><●>)「ほう、わたしの授業は鳥のようだと?」

('∀`)「え、ええそうですとも。鳥のように――」

( <●><●>)「鳥のように、三歩歩けば忘れてしまうような」

('A`;)「ちょ、え、待って」

 先生は目をギラギラさせながら俺の耳元で囁いた。

( <●><●>)「伝えたいことがあります。
        あとで、校長に来なさい。ショボン校長も待っていますよ」

(*^ω^)「アッー!」

 俺は自分の人生がオワタのを確信しつつ、

('A`)「I wish I were a bird……」

 もしわたしが鳥だったら、と呟いた。
 俺が鳥だったら、この場からだって逃げ出せるのに。
 ブーンが、俺のつぶやきの後、くすくすと笑っているのが、ちょっぴり気に入らなかった。

103 :('∀`)ドクオが鳥になるようです(3/7):2007/03/03(土) 21:44:53.30 ID:b8kY2clr0

 俺は相方のブーンと一緒に、荘厳な造りの校長室の前に来ていた。
 何故ここにブーンがいるかというと、

(*^ω^)「ブーンもついて行ってやるお!」

 と、こいつが唐突に言い放ったからだ。
 まったく、俺にはブーンの考えていることが解らん。

 今から怒られる奴にどうして付いていくんだ。
 それともなにか? 俺が怒られるのを見たいのか?

(;^ω^)「勘違いしないで欲しいおww、ドクオは――、その」

 歯切れの悪い返事。
 ともかく、ブーンは俺についてきてしまい、今こうして校長室の前で
最後の時を待っているのだ。

 ショボン校長は、――特殊な趣味があるとの噂だ。
 何故だろうか、ケツの穴が疼くが放っておくことにする。

104 :('∀`)ドクオが鳥になるようです(4/7):2007/03/03(土) 21:45:51.68 ID:b8kY2clr0

 俺がケツの穴をさすろうとして、思わず恥部に指を
突っ込んでしまい、ン゛ギモヂイイッ! と奇声を発していると

( <●><●>)「すまないが、入ってくれないか?」

('A`;)「…………すみませんでした」

 俺は妙に情けない気分のまま、校長室に入った。
 後ろではブーンがくすくす笑いながら続いている。
 校長室はドアと同じく立派な造りで、紅いカーペットが敷かれている。

 高価そうな調度品の山も、俺の目を大いに引いた。
 ぎい、と言う音ともに校長室の扉が閉まる音が響く。

 なるほど、俺を意地でも逃さないという意思の顕現か。

 観念した俺が前方に目をやると、そこには

( ´・ω・`)「やあ、ようこそ校長室へ」

 ショボン校長が、大きな校長机の上で手を組み、顎をのせて待機していた。
 執務机の上には、茶封筒が一枚、静かに置かれていた。

105 :('∀`)ドクオが鳥になるようです(5/7):2007/03/03(土) 21:46:50.11 ID:b8kY2clr0

('A`)「や、やるならやりなさいよ!!」

( ´・ω・`)「? なんの話だい?」

 俺は目の前の紳士然とした校長に向かって叫んだ。
 何故か背後ではブーンがくすくす笑っている。

( ´・ω・`)「さて、何か勘違いしているようだが……」

( <●><●>)「話は付けてあります。あとは、校長からどうぞ」

( ´・ω・`)「そうか。ではドクオ君。
      卓上の茶封筒を見てくれ。こいつをどう思う? 」

 すごく、茶色いです。

( ´・ω・`)「開けてみるといい。きっと、喜んでもらえると思うよ」

 そういうとショボン校長は、す、と茶封筒を指で俺の方に差し出した。
 表面の文字が視界に入る。

 俺は、驚きのあまりに息を呑んだ。

106 :('∀`)ドクオが鳥になるようです(6/7):2007/03/03(土) 21:48:04.25 ID:b8kY2clr0

('A`;)「バ、バードウォッチング協会!?」

 な、なんだよコレ。
 いや、これが茶封筒であり、その差し出しがバードウォッチング協会
なのは十分分かっている。だが、何故その宛名が俺なんだ!?

 いや、ただ一つ、たった一つだけ、心当たりがある。
 それは、誰にも言っていないことだ。俗に言う秘密ってやつだ。

( ´・ω・`)「入賞おめでとう、ドクオ君」

('A`;)「って、ことは、あの俺の写真が」

( ´・ω・`)「そう、キミのは金鳥賞に選ばれた」

 き、金鳥賞!?
 余りの衝撃に、言葉が出ない。だって金鳥賞といえば、バードウォッチング協会が
主催するアマチュア大会の特別賞じゃないか。それを、俺のあの写真が
手にしたって言うのか?

 俺は未だに信じられないでいる。
 ひょっとすると、これはどっきりか何かじゃないか?
 さっきから、ブーンはくすくすと笑っているし。

107 :('∀`)ドクオが鳥になるようです(7/7):2007/03/03(土) 21:50:23.72 ID:b8kY2clr0

( ´・ω・`)「もし、わたしが鳥だったら」

 俺が呆然としている中、校長が窓の外を見ながら呟いた。

( ´・ω・`)「I wish I were a bird. いい言葉だ。
      キミの作品、そしてキミの心によくマッチしているね」

 俺はゆっくりと、同封されていた俺の写真の原本に目をやった。
 ブーンはどうやら、俺が入賞しているのを既に聞かされているらしい。
 俺を驚かせる為に、おおかた、先生達とつるんだんだろう。こいつらならやりかねん。

 一匹の燕が、大空を飛んでいる。だがその写真は、鳥を地べたから
眺めて撮った写真じゃない。鳥と同じ目線、鳥と同じ高さ。

 木の上に登り、何よりも自分が鳥になった気持ちで、俺はその写真を撮った。
 フィルムには、勢いよく俺のカメラの前を横切る、燕の姿が納められている。

 俺は木に登り、ただその一瞬を待っていた。その日も、今日みたいな快晴だった。
 待って待って待ち続けて、遂にその瞬間はやってきたのだ。

 俺は素速く、シャッターを切った。
 燕は風を切り、俺はシャッターを切る。
 その瞬間、確かに俺は鳥になっていた。

                                          〜 fin 〜

108 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 21:52:09.04 ID:b8kY2clr0
感想待ってるぜ

109 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 21:55:33.09 ID:idf29QZf0
なんという綺麗な作品・・・

110 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 21:57:07.51 ID:Aji5wzJHO
読むと気持ちよくなる作品

111 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 22:02:37.45 ID:JMxH2dTX0
>>108
すがすがしい作品だな…心が洗われるようだ


そして心が綺麗になった皆さんを俺の小説がまた汚しますよ。

( ´_ゝ`)(´<_` )お題多すぎだよな俺等
カオス理論について語る
テコンドー使い
どうしたらギャグがうまくなるか
もし三つ子だったなら
俺に噛み付くのは止めろ
カリブをガブリ
ゲッターチームに入ろう
特殊相対性理論について
ゲッターとマジンガーと3シリーズとVシリーズの関連性について

会話だけにしようかと思ってたのにお題の余りの扱いにくさと俺の知識の無さに普通のお題小説になってしまった。


112 :流石兄弟の一日のようです:2007/03/03(土) 22:04:36.29 ID:JMxH2dTX0
( ´_ゝ`)「うぬ……」

目を閉じてても分かる眩しい光が窓から差し込み、俺は目を覚ます。

チュンチュン チュンチュン

鳥が爽やかな目覚めを演出する。
有難う鳥さん。

( ´_ゝ`)「ん〜っ、っと。……さて、早速マイPCを」

(´<_` )「お、やっと起きたか兄者」

軽く背伸びをして、パソコンの方を見ると弟者が既に定位置にいた。
座らずに、デスクに片手を付いて身体を支えている。

( ´_ゝ`)「早起きだな弟者、おはよう」

(´<_` )「毎度の事だが今はお昼だ。こんにちは兄者」

( ´_ゝ`)「mjd?」

(´<_` )「大マジ。えむじぇいでぃー?と真顔で発音するとは流石だな兄者」

昼かよ。さっきの朝みたいな演出なんだったんだよ。
チュンチュンとか鳴きやがってゆるさねぇぞ鳥め。
テコンドー界の新星と呼ばれた俺のトンファーでお前の首筋を…

(´<_` )「兄者、夢の続きなのかは知らんがテコンドーは武器は駄目だ」

113 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 22:05:02.47 ID:GdoMF7+C0
なんというお題数・・・。これは間違いなくカオスorシュール。

114 :流石兄弟の一日のようです:2007/03/03(土) 22:05:45.46 ID:JMxH2dTX0
( ´_ゝ`)「何と」

(´<_` )「何はともあれ、兄者も定位置へ来ようじゃないか。
      兄者の好きなスレ、更新してるぞ」

( ´_ゝ`)「wktk」

(´<_` )「兄者、アルファベットをそのまま発音せずにせめてワクテカと言ってくれ」

俺はベッドから起き上がり、パソコンの前の椅子へ座る。
左側には弟者。いつものポジション、これでこそ我等兄弟。
妙に満足しながら、俺は弟者があらかじめ開いていてくれたVIPのとあるスレを眺める。

“( ^ω^)とξ゚听)ξの間に三つ子が生まれたようです”

ブーン小説最高峰との呼び声もあるこの小説を読むのが、俺のここ最近の日課になっていた。
少し間の抜けた父親と、しっかりしてるようでしっかりしてない母親の子育て奮闘記。

精巧な描写は俺達に実際にその光景を浮かび上がらせ、あるときは和み、あるときは本気で心配し、俺達読者はこの物語に完全に引き込まれていた。

俺はスレを全て表示させた後、バーを掴んで一気にスクロールする。


482 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 19:49:35.86 ID:sasugaanijya
―そんなことより、ゲッターとマジンガーと3シリーズとVシリーズの関連性について語ろうぜ ―


( ´_ゝ`)「あったあった、ここからだ」

(´<_` )「自分用しおりとしてそんな文を書き込むとは流石だな兄者。」

115 :流石兄弟の一日のようです:2007/03/03(土) 22:06:27.42 ID:JMxH2dTX0
その書き込みが見事にスルーされていたのには悲しくなったが、すぐにそんな気持ちは吹き飛んだ。

(;´_ゝ`)「た、大変だ!」

(´<_` )「どうした兄者」

( ´_ゝ`)「三つ子の一人が高熱を出して病院に!」

(´<_` )「何と。続きが気になるな」

その三つ子の一人は女の子、もし何かあったら…!
いてもたってもいられない!

(´<_` )「……おーけー兄者。どうして部屋の中でジャンプをしだしたのか聞こうか」

(;´_ゝ`)「ふっ…ふっ…しらんのか弟者、カオス理論を!」

(´<_` )「リオデジャネイロで蝶が 羽ばたくと、数週間後にテキサスで竜巻が起こる、とか言ってるあれか?」

(;´_ゝ`)「そ、ふっ…そうだ!ふっ…何が起こるか分からないカオス理論、俺がここでジャンプすることで三つ子の病気が治るかも…っ!」

(´<_` )「あれは凄く簡単に言うと初期値の違いで結果が大きく変わることにより完璧な事象の予測は不可能、
      と言っている理論だから、兄者のジャンプは基本的に地震とか災害系にしかつながらんぞ」

(;´_ゝ`)「ふっ…ふっ…」

(´<_` )「…」

(;´_ゝ`)「な、何言ってるかは分からなかったが、俺がジャンプしても三つ子は直らないという事か?」

116 :流石兄弟の一日のようです:2007/03/03(土) 22:07:05.65 ID:JMxH2dTX0
(´<_` )「……そういうことだ。そろそろ疲れただろう?」

(;´_ゝ`)「ふぅ…ふぅ…そうだな」

(´<_` )「…続きを読もう、兄者」

( ´_ゝ`)「その手があったか」

流石弟者だ、頭が切れる。
素直に褒めたら弟者が目頭を押さえていた。きっと俺に褒められたのが嬉しかったのだろう。

俺はまだ少し息を切らせながらスレを読み進める。

( ´_ゝ`)「おお、何とか直ったみたいだ」

(´<_` )「“( ^ω^)カゼなんてガセだったんじゃないかお?”…また出たな、ブーンギャグ」

このスレの父親はどんな場面でも空気を読まずにギャグを言う。
辛かった時にその空気の読まなさで助けられたのが母親が父親を好きになったきっかけらしい。

( ´_ゝ`)「…おれもギャグが上手ければもてるのだろうか」

(´<_` )「現実はそう甘くないが何事も挑戦だと思うぞ」

( ´_ゝ`)「ふむ。どうすればギャグがうまくなるのだろうか」

(´<_` )「とにかく言って、誰かに批評してもらうしかないと思うな」

( ´_ゝ`)「よし、じゃあ弟者批評を頼む」

117 :流石兄弟の一日のようです:2007/03/03(土) 22:07:55.76 ID:JMxH2dTX0
(´<_` )「おーけー。さぁこい」

(  ゚_ゝ゚)「カリブをガブリ」


(´<_` )「…」

(  ゚_ゝ゚)「…」

(´<_` )「…」

(  ゚_ゝ゚)「お前をガブリ」

(´<_`;)「痛てててて!すまない、余りにもくだらなくて反応できなかったんだ!」


(  ゚_ゝ゚)「もういい、決めた。俺はゲッターチームに入る」

(´<_`;)「色々と待て兄者!とりあえず目はもうかっ開かなくていい!」

(  ゚_ゝ゚)「もうもてるにはヒーローになるしかないんだ俺は」

(´<_`;)「ないから!現実にヒーローとかいないから!とりあえずその目止めろ!」

(  ゚_ゝ゚)「早乙女研究所いってくる。早乙女とかエロくね?苗字に乙女とかエロくね?フヒヒヒヒヒ」

(´<_`;)「……」

118 :流石兄弟の一日のようです:2007/03/03(土) 22:09:03.00 ID:JMxH2dTX0
(´<_` )「兄者」

(  ゚_ゝ゚)「フヒ?」

(´<_` )「目指すのはいい事だ。これを教えておきたい。特殊相対性理論、またの名
      を特殊相対論(Special relativity)は、Zur Elektrodynamik bewegter Körperで
      さいしょに論文として提唱されたもので、光速度不変の原理と特殊相対性原理から生
      まれた帰結はそれまでの時間と空間の概念を根本からくつがえした。一般相対
      性理論が発表されるのはこの10年後だ。」

(  ゚_ゝ゚)「…」

(´<_` )「…」

( ´_ゝ`)「…ん?俺、何かしてたか?」

(´<_` )「…やはり脳が耐え切れなかったか」

( ´_ゝ`)「なんだなんだ、何かあったのか?」

(´<_` )「いや、特に何も。まだ眠いんじゃないのか兄者」

( ´_ゝ`)「うーむ、そうかもしれんな」

(´<_` )「スレの続きを読もうじゃないか」

何か忘れてる気もするがまぁいい。
俺もはやく続きを読みたいしな。


119 :流石兄弟の一日のようです:2007/03/03(土) 22:10:00.26 ID:JMxH2dTX0
( ´_ゝ`)「…ふぅ、今回も読み応えがあったな」

気付けば三十分近く経っている。
面白い文は時間を忘れさせるというが、まさにそれか。

(´<_` )「やはりこの作品は面白いな。この作者、処女作はボロボロだったというのに…
      …やっぱり、諦めないで努力し続けるのが重要なのかもしれないな、兄者」

( ´_ゝ`)「三つ子か…そうとうハッスルしたんだろうなぁ…フヒヒッ」

(´<_` )「…おーけー、この行き場の無い感動どうすればいい」

( ´_ゝ`)「弟者、もし俺とお前と妹者が三つ子だったらどうなってたんだろうな」

(´<_` )「三つ子か…まぁ俺達二人は変わらないだろうな」

三つ子ってことは同時に生まれた、ということで。
つまり妹者も俺等と同い年。

(*´_ゝ`)「年相応の成長…いや性徴が…フヒヒッ」

(´<_` )「…兄者?おーい」

120 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 22:10:01.64 ID:GdoMF7+C0
(  ゚_ゝ゚)の顔KOEEEEEEEE!!!!111

121 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 22:10:39.67 ID:Kbw+WOA5O
兄者のギャグに笑ってしまったwwww

122 :流石兄弟の一日のようです:2007/03/03(土) 22:11:09.63 ID:JMxH2dTX0

从・∀・ノ!リ人『え、エッチ!着替えてる時にノックもしないで部屋入ってこないでよ!』

(;´_ゝ`)『す、すまん!着替えてるとは思わなかったんだ!』

从・∀・ノ!リ人『…もう入っていいよ』

(;´_ゝ`)『おう、入るぞ、ってまだ途中じゃないか!』

从//∀/ノ!リ人『…ここからは…おにいちゃんに脱がしてもらいたいな…』


(´<_` )「…ふぅ」

(*´_ゝ`)「フヒッ、フヒヒッ!おーおー、こんなに大きい二つの実!」

(´<_` )「…。」

(*´_ゝ`)「んー?下のあわびはどうなっているのかなー?」

(´<_` )「…兄者と、俺と、母者の三つ子」

(*´_ゝ`)「…」

(´<_` )「…」

(|||´_ゝ`)「は、母者、何故ここに!?」

(´<_` )「お、効果あった」

123 :流石兄弟の一日のようです:2007/03/03(土) 22:13:08.56 ID:JMxH2dTX0

(|||´_ゝ`)「お、おにいちゃん!? 俺は違う!断じて違う!」

(´<_` )「…ん、そろそろおやつの時間か」

(|||´_ゝ`)「服を脱がした!?違う!俺が脱がしたのは妹者の服で…来るな!半裸でこっちくるなぁぁぁぁ」

(´<_` )「妹者ー、今日のおやつはー?」

l从・∀・ノ!リ人「三つ子サブレなーのじゃー。…おっきい兄者、どうしたのじゃ?」

(´<_` )「地獄絵図を見てるのさ…」
l从・∀・ノ!リ人「じごくえずー?」

(|||´_ゝ`)「ぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁす!!!」


気がついたらもう夕方だった。

何か悪夢を見ていた気がするが、脳が全力で思い出すことを否定しているのでそれに従うことにしよう。

l从・∀・ノ!リ人「おっしまいなーのじゃー!」

124 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 22:18:51.89 ID:nUgNobHg0
その地獄絵図は見たくねえwwwwwwwwwww

125 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 22:19:28.42 ID:Kbw+WOA5O
乙w

126 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 22:24:21.08 ID:rDZ+uVF80
おもしろかった
というか、どこ批評すればいいんだ、これwwwwww

127 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 22:41:54.47 ID:SBkzToyqO
乙w

128 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 23:00:17.02 ID:kaQLNSwA0
すいません
スレ立て代理お願いします

スレタイ:( ^ω^)ブーンが自殺してしまったようです

本文:代理

129 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 23:03:21.21 ID:Ekhokfj90
>>128
ttp://wwwww.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1172930561/l50

130 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 23:03:58.23 ID:kaQLNSwA0
>>129
ありがとうございます
感謝

131 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 23:14:21.40 ID:wZX+3qJx0
総合二つあると思ったらブラウザゲーwwwwwwwww

132 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 23:24:43.25 ID:Kbw+WOA5O
お題:運命、姉、こなゆき、種

4コマ風にそれぞれのお題に2レスずつ投下。軽く読んで下さい

133 :( ^ω^)達は小学三年生なようです:2007/03/03(土) 23:26:06.28 ID:Kbw+WOA5O
【運命】

*(*‘‘)*「へぇ……しぃちゃんの部屋って、可愛いんやね」

(*゚ー゚)「そんなことないよw」

( ,,゚Д゚)「ぬいぐるみだらけの部屋で、よくそんなことが言えるよな」

( ・∀・)「ところでヘリカルちゃん、持って来てくれた?」

*(‘‘)*「うん。はいこれ、わたしの大阪にいた頃のアルバム」

(;,,゚Д゚)「これはまたスゲー厚さだな……」

*(*‘‘)*「おとんがちょっと張り切ったんよ……」

(*゚ー゚)(なるほど、親ばかなのね)

(* ・∀・)「どれどれ……あ、これがヘリカルちゃん?」

(*゚ー゚)「可愛いw」

*( ///)*「あ、あんまり見んといて……」

134 :( ^ω^)達は小学三年生なようです:2007/03/03(土) 23:28:18.42 ID:Kbw+WOA5O
( ,,゚Д゚)「なあ、こいつらは向こうの友達か?」

*(‘‘)*「え? うん、そやで」

(*゚ー゚)「あ、この写真ね」

(;,,゚Д゚);*゚ー゚); ・∀・)「……」

『( ゚∀゚) *(‘‘)* (*゚∀゚) ミ,,゚Д゚彡 ノパ听) ( ΦωΦ) ('、`*川 爪'ー`)y-』

*(‘‘)*「左からジョルジュ君、わたし、つーちゃん、フサ君、
     ヒートちゃん、ロマネスク君、ペニサスちゃん、フォックス君だよ」

(;*゚ー゚)「(これってさ……)」

(; ・∀・)「(なんとなく、だけど……)」

(;,,゚Д゚)「(ああ、そうだな……)」

( ΦωΦ)→( ^ω^)
ノパ听)→ξ゚听)ξ
( ゚∀゚)→( ・∀・)
(*゚∀゚)→(*゚ー゚)
ミ,,゚Д゚彡→( ,,゚Д゚)
('、`*川→川 ゚ -゚)
爪'ー`)y-→('A`)

(;,,゚Д゚);*゚ー゚); ・∀・)(に、似てる!)

*(‘‘)*(下のふたりは無理があらへん?)

135 :( ^ω^)達は小学三年生なようです:2007/03/03(土) 23:29:28.87 ID:Kbw+WOA5O
【姉】

爪*゚ー゚)「おねーちゃん、あそぼ!」

(*゚ー゚)「こら、じぃ! 勝手に入ってきちゃダメよ」

*(*‘‘)*「しぃちゃんって、妹がおったの?」

( ,,゚Д゚)「ああ、4歳になったばかりのな」

*(*‘‘)*「へぇ……かわえぇ」

爪*゚‐゚)「こっちのしらないおねーちゃんはだーれ?」

*(*‘‘)*「初めまして、わたしヘリカルゆうの。かわえぇな、よしよし」

爪*^ー^)「アハハ、ねえおねーちゃん」

*(*‘‘)*「なーに?」

136 :( ^ω^)達は小学三年生なようです:2007/03/03(土) 23:30:53.64 ID:Kbw+WOA5O
爪*^ー^)「ちっちゃいね!」

Σ*(‘‘)*「!!」

*(‘‘)*「……」

*( ; ;)*「グスン……」

(; ・∀・)「へ、ヘリカルちゃん?」

*( ; ;)*「牛乳毎日飲んどんのに、お魚だって食べとんのに……」

(;*゚ー゚)「ご、ごめんなさいヘリカルちゃん」

爪*゚ー゚)「どうして泣いてるの? ちっちゃいおねーちゃん!」

*( ; ;)*「ちっちゃい言わんといて……」

( ,,゚Д゚)(禁句だったようだな)

137 :( ^ω^)達は小学三年生なようです:2007/03/03(土) 23:32:24.17 ID:Kbw+WOA5O
【こなゆき】

(*゚ー゚)「いい天気だね」

*(‘‘)*「うん。学校にベランダがあるのって、ええね」

(*゚ー゚)「あ、前の学校にはなかったんだ?」

*(*‘‘)*「うん、だからこうやってひなたぼっこするの、夢やったんよ」

(*゚ー゚)「あはは、あんまり身を乗り出すと、上にいる上級生から唾かけられるよ」

*(;‘‘)*「え!」

( ,,゚Д゚)「ブーン、今日こそ負けねえからな!」

( ^ω^)「僕に勝てるわけないお!」

*(‘‘)*「あのふたりは何しとるん?」

(*゚ー゚)「ベランダから紙ヒコーキを飛ばして、どっちがより遠くへ飛ばせるか競争してるの」

*(‘‘)*「なんでベランダで?」

(*゚ー゚)「高い方がより遠くへ飛ばせるからだって。男のロマンらしいよ」

138 :( ^ω^)達は小学三年生なようです:2007/03/03(土) 23:34:06.48 ID:Kbw+WOA5O
( ,,゚Д゚)「いくぜ! おりゃ!」

( ^ω^)「チッチッチッ、甘いお。そんなんじゃこの『こなゆき号』には勝てないお!」

*(‘‘)*「こなゆき号?」

(*゚ー゚)「『こなゆき』って叫びながら飛ばすと距離が伸びるんだって」

( ^ω^)「いくお! こなあぁぁぁぁぁ……!」

( ^ω^)「ゆきぃぃ!」

ガンッ!(※手すりに指をぶつけた音)

( ゚ω゚)「ぶひょら! もけぇぅえぇぇぅえぇえ!!」

(;,,゚Д゚)「ブーン! 大丈夫か!? 指を出せ! ふーふーしてやるから!」

*(;‘‘)*「あれは痛いわ……」

(*^∇^)「あははははwwww何あればっかじゃないのwwwww」

*(;‘‘)*「……しぃちゃんは鬼や」

139 :( ^ω^)達は小学三年生なようです:2007/03/03(土) 23:36:08.30 ID:Kbw+WOA5O
【種】

ξ゚听)ξ「ブーン、なに食べてるの?」

( ^ω^)「『ウメトラ兄弟』だお」

ξ゚听)ξ「……」

(; ^ω^)「すっぺーお」

ξ゚┌゚)ξ「……じゅるり」

(; ^ω^)「……ツン、よだれが出てるお」

Σξ*゚听)ξ「え、ウソ! あ、あんたがそんなもの食べてるからじゃない!」

( ^ω^)「ほら、3つあるからツンにもあげるお」

ξ*゚听)ξ「ま、まあ、ブーンがそう言うなら貰ってあげてもいいわ……あ、ありがとぅ……」



( ^ω^)「……」
ξ*゚听)ξ「もぐもぐ……」

140 :( ^ω^)達は小学三年生なようです:2007/03/03(土) 23:38:12.60 ID:Kbw+WOA5O
〜ツン宅前〜

( ^ω^)「ツン、この『ウメトラ兄弟』の種、うめたらちゃんと育つと思うかお?」

ξ゚听)ξ「さあ……わかんない」

(* ^ω^)「あ、いいこと思いついたお! ちょっと庭を借りるお!」

ξ;゚听)ξ「え、ちょっとブーン!? 人ん家の庭でなにやってんのよ」

( ^ω^)「ここに『ウメトラ兄弟』の種をうめたお。育ったらウメトラ兄弟の木がなるはずだお!」

ξ゚听)ξ(ウメトラ兄弟の木? ……実は袋入りで育つのかな?)

ξ*゚听)ξ「まあ、面白そうだからいいわ。……ただし!」

( ^ω^)「なんだお?」

ξ゚听)ξ「水をあげに毎日私の家に来ること! いいわね! 来ないと承知しないわよ!」

(; ^ω^)「わ、わかったお、毎日来るお。それじゃあまた明日だお!」

ξ゚听)ξ「絶対来なさいよ〜!」

ξ゚ー゚)ξ「……」

ξ*゚ー゚)ξ(ブーン、実がなるまで頑張ろうね)


おわり

141 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 23:47:31.24 ID:cMB+kHdJO
和んだ

142 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 23:50:06.42 ID:cShcC0FsO
お題募集

143 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 23:51:45.40 ID:PkBzRCsLO
小三シリーズなごむな。

>>142
背伸び

144 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 23:52:25.38 ID:UahniHyU0
>>142
這い上がれ

145 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 23:54:11.68 ID:4Vee6b76O
>>142
炊飯器

146 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 23:55:34.74 ID:cShcC0FsO
>>142-145
把握

147 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 00:01:08.46 ID:rmg6rLtlO
ちゃんとした話じゃなくて、書きたいシーンだけ書いたやつも投下しておk?

148 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 00:03:06.37 ID:7RjtEclqO
>>147
練習所だからいいんじゃね

149 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 00:16:41.36 ID:rmg6rLtlO
ありがと、じゃあちょっとしたら投下する

150 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 00:26:39.28 ID:tUKsaFbw0
しばらく見ないうちにヘリカルが関西弁に
だがそれがいい
関西弁の女に虐められたい

151 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 00:28:41.01 ID:Iiz6OylpO
J( 'ー`)し「ええかげん働いたらどうなんや?周りに迷惑掛けんなや……わかるやろ?自覚せぇや……」

152 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 00:30:29.30 ID:cXXbhBAh0
>>151
ダメだ、どうしてもオッサンの声で脳内再生してしまう

153 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 00:30:42.07 ID:frPqq1P2O
よりによってカーチャンかよww

154 : ◆azwd/t2EpE :2007/03/04(日) 00:32:02.22 ID:Fx6dzm1f0
すみません、どなたかスレ立て代行お願いします

スレタイ
( ^ω^)ブーンがアルファベットを武器に戦うようです

>>1の内容
まとめサイト
http://boonsoldier.web.fc2.com/arufa.htm
http://hebiya.blog40.fc2.com/blog-entry-2332.html

可能な方いらっしゃいましたらお願いします

155 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 00:35:11.64 ID:rmg6rLtlO
この世の終わりが近づいていた
不変とも言える状況で、私は漂っている星の破片ばかりを目で追っていた

甲高いサイレンのような音が私を正気に帰す
鳴いてるんだ
これはあいつの鳴き声だ
見上げると大気の層を破って巨大な花のようなモノが開こうとしていた
蕾の中は光に満ちていて、
あの光はさっき星を粉々にした光で
蕾は私の方を向いていて
ξ゚‐゚)ξ「あ…あ…」
もはやどうすれば一番楽かなんて考えていた、
素敵な物語の一説みたいな言葉や思いなんか出てこない
花が、咲いた
ξ;;)ξ「…ブーン…」



156 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 00:35:28.41 ID:Iiz6OylpO
>>154
この時間からかよ!w

wktk

157 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 00:35:34.10 ID:rnYWIiKd0
>>154
やったる

158 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 00:36:25.71 ID:rmg6rLtlO
突然私の目の前で
割れた大地から炎があがった
ゆっくりと
炎は少しづつ高くなってゆく
だけど気づいた
高くなってゆくんじゃない
上昇してるんだ、これは
そして
ξ;;)ξ「これは…」
マフラー…
炎はやがて金属質な物体へと辿り着く
物体は上昇をやめず、
その全体を、人型の全身をあらわす
サイレンが響きわたる、花弁全体から光が放たれる
すべてが光につつまれてゆく
「いゃあああああ!!!!」
その瞬間、目をつむっても真っ白だった
でももう、真っ暗、死んじゃったんだ
だけど
だけど目を開けると、世界はまだ燃えていた
そして目の前では、まだ人型が仁王立ちしている
腕をのばし、手のひらを花に向けて
マフラーは変わらず、燃えている







159 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 00:36:54.87 ID:rnYWIiKd0
>>154
http://wwwww.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1172936185/

できたぞ。がんばれ

160 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 00:37:12.47 ID:Fx6dzm1f0
>>159
ありがとうございます!

161 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 00:38:09.91 ID:rmg6rLtlO
「…大丈夫かお?」
ξ゚听)ξ「!?ブーン!ブーン…なの?」
大地が叫ぶ音と世界が燃える音、そして恐ろしいサイレンの中ではっきりと言い放つ
「もう、違うお」


( ^ω^)ブーンは改造人間なようです

かっこいい系書きたいけど厨っぽい文になっちゃう…
指摘ヨロ

162 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 00:39:44.67 ID:lXqNCeCSO
改行多いね

163 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 00:42:04.73 ID:WSoZb4XU0
>>161
どうせやるんだったら、

>炎はやがて金属質な物体へと辿り着く
>物体は上昇をやめず、
>その全体を、人型の全身をあらわす
>サイレンが響きわたる、花弁全体から光が放たれる
>すべてが光につつまれてゆく

も一人称で片付けちゃったら?
いくらか改行して間を空けるとかね

クリムゾンマフラーを使うなんて分かってるじゃないか

164 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 00:46:30.95 ID:qQU2B6O3O
抽象的過ぎて、パッと見てなんかカッコつけ過ぎて失敗してるかんじ
btcmみたいにしたいんかな

165 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 00:47:58.40 ID:rmg6rLtlO
>>162
ヤバいよなこの量
>>163
ありがと、統一できてなかったね
>>164
btcmは知らないけどまぁ無理してカッコつけすぎたな…

166 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 00:48:51.26 ID:9PUGadHQO
描写がなんだかくどい。
>>163の部分は特に。


167 :( ^ω^)ブーンが黒き狼に出会うようです:2007/03/04(日) 00:53:11.05 ID:rhrHHt6M0

世界には様々な「付け〜」シリーズがある。
例を挙げれば「付け爪」や「付けまつ毛」、そして「付け乳首」など。
これらは主に女性の間で流行り、今では世界の成人女性の70%がそれらを付けたことがあるという。

しかし女性のそれの種類の多さとは裏腹に、
男性用の「付け〜」シリーズといえば、「付け髪」すなわち「カツラ」くらいしかなかったのだ。

   「俺たちだって、何かしらを付けたい!」

この言葉が、世界中の企業を動かした。
ある企業は研究に金をつぎ込み破産し、またある企業は究極のカツラを完成させてしまっていた。



・・・そして、22世紀。
100年もの月日を経て、ついにモロッコのとある企業が、男性の長年の夢が叶えた。
男たちの長年の夢をかなえるもの、それこそが世界中の男たちが愛して止まない幻の逸品


   「付けチンコ」


なのであった。

この発明は「22世紀最大の発明」と言われ、更には「22世紀は性器の世紀である」や「性器の大発明」という名言までもが生まれたほどだった。



168 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 00:53:23.27 ID:pwIkfX4ZO
野球ネタは結構あるけど
監督→荒巻
一番→確かツン
四番→ヒッキー
しょぼんが大きい当たりを打った後にブーンがバント
の野球小説のまとめってありますか?

169 :( ^ω^)ブーンが黒き狼に出会うようです:2007/03/04(日) 00:55:31.72 ID:rhrHHt6M0

―2107年、VIP市立オワタ高校・グラウンド―

( ^ω^)「変化球でもストレートでも投げてくるが良いお!」
(´・ω・`)「言ったね?それなら渾身の160`スローカーブをお見舞いしてやるよ」

今日も元気なサッカー部の部員達。
「野球が好きなサッカー部」をコンセプトにやってきた彼らは、
今では毎年のように甲子園に出場している名門校である。

(´・ω・`)「いけぇぇぇ!!!僕の僕ルド僕バーンwww」

しかし、どんなにスポーツ万能でも、男なら誰しもが一度は経験するのが・・・

(;^ω^)「こっ・・・このコースは・・・っ!!!11!!」
(;゚ω゚)「アッーーーォン!!!!」

・・・そう、ボールの股間へのダイレクトアタックである。
この痛さを女性の方にお伝えするのであれば、まさに「死」。
ちなみに作者も野球部として活動していたときに、ピッチャー返しを股間に食らった事があるとか無いとか。



170 :( ^ω^)ブーンが黒き狼に出会うようです:2007/03/04(日) 00:57:52.43 ID:rhrHHt6M0

・・・しかし時は22世紀。
男なら誰しもが「付けチンコ」を装着している時代である。

ちなみに「付けチンコ」とは、本来のチンコを赤ん坊のうちに切り取り、そこに取り外し可能な新しいチンコを装着するのである。
つまり「アンパンマンの顔」のチンコ版と考えていただければ分かりやすいだろう。

もしもチンコに危害の加わりそうなスポーツをするときは、あらかじめ付けチンコを外しておけば、
例えボールが股間に怒りのバーストストリームをしたとしても、痛い思いをする事は無いのである。

(;^ω^)「ふぅ・・・チンコを外し忘れてたら死んでるところだったお・・・」

そう言いながら股間をさするブーン。
その姿を見た女子が、フェンス越しにキャーキャーと騒いでいる。

(´・ω・`)「あえて狙ったのは黙っておこうかな」
(;^ω^)「ちょwwwてめーのコントロールはバタ子さん並みかおwwww」
(´・ω・`)「おっと、怒るなって。避けなかった君も悪いだろう」
(;^ω^) (明らかに故意に狙うのは反則だお・・・)

監督「おーい、今日の練習は終わりだ、各自帰ったら爆走兄弟レッツエンドゴーを見て、来月の試合に向けて気持ち整えておけ!」
全員「うぃーっす!!」

そうして地獄のような練習が終わると、総勢1200人の部員達が一斉に部室へと向かうのだ。



171 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 00:59:03.45 ID:frPqq1P2O
切るのかよw

172 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 00:59:22.57 ID:Afv1hjSEO
これはいいカオス

173 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 00:59:45.42 ID:7RjtEclqO
地の文でチンコ言いすぎwwww

174 :( ^ω^)ブーンが黒き狼に出会うようです:2007/03/04(日) 01:00:36.71 ID:rhrHHt6M0
  _
( ゚∀゚)「キャッ!誰か今、俺のお尻触った!?」
(,,゚Д゚)「ちょっとぉ!アタシの付けチンコ保存液が無いんだけどー!」
(=゚ω゚)ノ「ドロー!モンスターカード!ドロー!モンスターカード!」
( ^^ω)「俺のグローブくせぇーーーwwwwwww」

(;^ω^)「うーん・・・今日も部室は騒がしいお・・・」
(´・ω・`)「まぁ1200人も入れば当たり前だよね」

(;^ω^)「ま、まぁそうですよNE・・・ってあれ?」
(´・ω・`)「?」

ブーンは思わず白目を向いてゲップをしてしまった。
なぜなら・・・

(;^ω^)「僕の付けチンコが無いお!!!!!!!」

一同「な、なんだってー(AA略」



175 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 01:00:45.33 ID:9PUGadHQO
レツゴー懐かしすぎwwwwwwwwwwww

176 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 01:02:36.49 ID:yDrOk0bh0
ドローモンスターカードにやられたwwwww

177 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 01:02:38.01 ID:Afv1hjSEO
レッツエンドゴーなんてもう覚えとらんwwwwwww

178 :( ^ω^)ブーンが黒き狼に出会うようです:2007/03/04(日) 01:03:20.81 ID:rhrHHt6M0

(;^ω^)「困ったお・・・あれは17歳の誕生日に買ってもらったチンコなのに・・・」

  _
( ゚∀゚)「おいおい、それはヤベーじゃねぇか!!とりあえず俺は帰るわ!」
(,,゚Д゚)「あんなに高級なものを無くすなんて・・・帰る!」
(=゚ω゚)ノ「こうなったら、野球部全員で協力して帰るしかねーな!」
( ^^ω)「俺のグローブくせぇーーーwwwwwww」

(;^ω^)「ちょ・・・」

  _
( ゚∀゚)( ^^ω)(=゚ω゚)ノ(,,゚Д゚) 「ノシ」

(;^ω^)ノシ 「・・・」

こうして、部室に残ったのはブーンとショボンのみ。
そのとき、空っぽになった部室の床に、なにやら黒い物体が落ちているのにショボンが気づいた。

(´・ω・`)「・・・あれ、そこに落ちているのは君のチンコじゃないのかい?」

(;^ω^)「お・・・?」



179 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 01:03:25.98 ID:cXXbhBAh0
1200人てwww

180 :( ^ω^)ブーンが黒き狼に出会うようです:2007/03/04(日) 01:06:49.25 ID:rhrHHt6M0

        /⌒ヽ⌒ヽ
               Y
            八  ヽ
     (   __//. ヽ,, ,)
      丶1    八.  !/
       ζ,    八.  j
        i    'A`  j ←顔
        |     八   |
        | !    i 、 |
       | i し " i   '|
      |ノ (   i    i|
      ( '~ヽ   !  ‖
        │     i   ‖
      |      !   ||



181 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 01:07:43.79 ID:frPqq1P2O
ウホッ

182 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 01:08:13.35 ID:9PUGadHQO
ちょwwwきめぇwwwwwwwwwwwwwww

183 :( ^ω^)ブーンが黒き狼に出会うようです:2007/03/04(日) 01:11:02.86 ID:rhrHHt6M0

(;^ω^)「・・・」
( 'A`)「・・・」

(´・ω・`)「なんだかヤケに黒いチンコだね・・・経験豊富なのかな?」
(;^ω^)「や、やかましいお!ていうかこれブーンのチンコじゃないお・・・」
(´・ω・`)「でも他に無いし、今はそれを付けるしか無いよ?」
(;^ω^)「・・・じゃ、じゃあ・・・」


(゚ω゚)「結・合!!」(゚A゚)


( ^ω^)「・・・なかなかジャストフィットだお」
(´・ω・`)「良かったじゃないか。とりあえず家に帰ったら、そのチンコの型番を調べて、持ち主を探してみるよ」
( ^ω^)「そ、そういえばショボンの家はペニス屋さんだったお!頼んだお!」

(´・ω・`)ノシ「うん。何かあったら電話するよ」
( ^ω^)ノシ「バイバイだおー」



184 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 01:12:23.16 ID:yDrOk0bh0
ペニス屋ってwwww 小学生ならいじめの対象になりそうだなwwww

185 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 01:13:48.40 ID:7RjtEclqO
チンコの顔のAAは何がいいって訊いたのはあんたかwwww

186 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 01:14:58.05 ID:Iiz6OylpO
>>184
チンコ屋が誇られる職業だったら…?

187 :( ^ω^)ブーンが黒き狼に出会うようです:2007/03/04(日) 01:17:08.03 ID:rhrHHt6M0

そうして家に到着したブーン。
特にすることもないブーンは、チンコに語りかけてみる事にした。

( ^ω^)「・・・おーい」
('A`)「・・・」
( ^ω^)「・・・」

しばしの沈黙。

(;^ω^)「名前は・・・?」
('A`)「・・・」
(;^ω^) (こいつは困ったお・・・気まずいお・・・)

そしてまた暫らく沈黙の時間が流れたときだった。

♪エーキセーントリック♪エーキセーントリック♪エーキセーントリック少年ボーウイ♪

ブーンのカバンから着信メロディーが鳴り響く。

( ^ω^)「電話ktkr!」

ガチャ

(´・ω・`)「やぁ、そいつの型番が分かったよ」
( ^ω^)「本当かお!?」
(´・ω・`)「うん。型番は“DOKUO11050-072”っていうんだけど・・・ちょっと気になる事があってね」
( ^ω^)「?」


188 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 01:18:05.86 ID:7RjtEclqO
未来のチンコは喋るのかwwww

189 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 01:19:38.95 ID:9PUGadHQO
出てくるネタが古くてやけにツボるwwwww

190 :( ^ω^)ブーンが黒き狼に出会うようです:2007/03/04(日) 01:19:48.59 ID:rhrHHt6M0

(´・ω・`)「実はそのチンコは、5年前に廃番になっているんだ」
( ^ω^)「どういうことだお?」

(´・ω・`)「あまりにも危険なチンコなので、生産者が独自に生産中止&回収したんだ」
(;^ω^)「えぇ!?」
(´・ω・`)「童貞なのに黒すぎる配色・・・そしてその黒さには何のタクティカルアドバンテージ・・・つまり戦術的優位性は無い!」

(;^ω^)「そんなの知ってるお」
(´・ω・`)「あ、そう?」
(;^ω^)「・・・」

(´・ω・`)「まぁ、つまり持ち主も分からないってことだよ。それじゃね」
(;^ω^)「え、ちょ・・・」

ガチャ

(;^ω^)「・・・」

ブーンはショボンの言葉を聞いて、一気に自分のチンコが怖くなった。

(;^ω^)「ちょっと・・・はずしても良いかお?」
('A`)「・・・おう」


(゚ω゚)「着・脱!!」(゚A゚)



191 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 01:20:47.25 ID:6/STWpu50
(゚ω゚)(゚A゚)

いい加減にしろwwwwwwwww

192 :( ^ω^)ブーンが黒き狼に出会うようです:2007/03/04(日) 01:22:49.24 ID:rhrHHt6M0

とりあえずブーンは考えた。
この恐ろしいチンコをどうするべきかを。

( ^ω^) (このまま置いとくのも怖いし・・・燃やすかお?)
( ^ω^) (いや、さすがに燃やすのはダメかお・・・)

('A`)「おい」
(;^ω^)「ひゃ・・・ひゃい!!」

('A`)「さっき、俺の名前を聞いたな?」
(;^ω^)「だお・・・」
('A`)「俺の名前は“黒き狼”だ」
(;^ω^)「はぁ・・・たいそうなお名前で・・・」

('A`)「お前・・・俺を付けるのは嫌か?」
(;^ω^)「正直言うと怖いですお」
('A`)「・・・何も怖がる事は無い。ただ黒くて臭いが強烈なだけだ。頼むから俺を付けてくれ」

( ^ω^)「だが断る」

('A`)「・・・」



193 :( ^ω^)ブーンが黒き狼に出会うようです:2007/03/04(日) 01:24:56.48 ID:rhrHHt6M0

(;^ω^)「いくら僕でも、誰のかも分からないようなチンコを付けるようなお人好しじゃないお・・・」
('A`)「今からでも遅くない!!俺はアンタの息子だ!」
(#^ω^)「ブーンの息子はお前みたいなドス黒い息子じゃないお!!!」

('A`)「・・・そう・・・か」
(;^ω^)「・・・それに君は、本来なら業者に回収されるべき存在だお・・・」
('A`)「・・・」

('A`)「業者に回収されたら、俺の命は無い・・・」
(;^ω^)「・・・」
('A`)「僕はあなたの息子として死ねるでしょうか・・・?」
(;^ω^)「やかましいわ!」

(;A;)「頼む・・・せめて今日一日だけでもココに置いてくれ・・・!」
(;^ω^)「・・・ま、まぁ一日だけなら・・・」
(;A;)「本当か!?」

(;^ω^)「その代わり、明日になったら業者に持っていくお?」
(;A;)「すまねぇ!!本当にすまねぇ!!」
(;^ω^)「いやいや・・・」



194 :( ^ω^)ブーンが黒き狼に出会うようです:2007/03/04(日) 01:27:43.93 ID:rhrHHt6M0

( ^ω^)「・・・それじゃあ、今日はもう遅いし・・・寝るお!」
('A`)「あぁ・・・ありがとうな・・・相棒・・・」

(*^ω^)「そこまで言われると照れるお・・・」
(*'∀`)「なーに言ってんだ。お前と俺は一心同体だ!」
(*^ω^)「おっおっwwwそれじゃあオヤスミだおwww」
(*'∀`)「おうよっ!」

そうして、ブーンは部屋の電気を消すと、ゆっくりと眠りに付くのであった・・・



195 :( ^ω^)ブーンが黒き狼に出会うようです:2007/03/04(日) 01:29:01.18 ID:rhrHHt6M0

そして翌日・・・
朝日の映る海岸に、小柄な男が一人、ポツンと座って携帯ラジオを聴いていた・・・

「おはようございます。朝のニュースです」

「今朝、VIP市内の住宅地に住む、17歳の少年が行方不明になりました」

「前日の夜には確かに部屋にいたとのことで、彼の居なくなった部屋には“BOON11050-073”という型番のチンコのみが残されていたようです。
 警察は家出か何らかの事故に巻き込まれた可能性があるとして捜査を進めています」

男はニュースを聞き終わるとフゥと溜め息をつき、永遠に広がる海岸線を見ながらこう呟いた。

('A`)「・・・人間に戻ってから見る海ってのは、チンコで見るよりも格段と良い景色だな」

-fin-

196 :( ^ω^)ブーンが黒き狼に出会うようです:2007/03/04(日) 01:30:49.23 ID:rhrHHt6M0
以上で終了です。
感想など頂けたら嬉しいんだぜ。

それと「チンコ」の単語が頻繁に出てくるのは仕様です。
深夜なので平気だと思った。反省はしている

197 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 01:31:39.02 ID:yDrOk0bh0
ば、バッドエンドだとう!?

198 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 01:31:40.76 ID:jpK5Hq5B0
ニュースで放送禁止用語流すなwwwwwwwwwwwwwww

199 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 01:31:45.95 ID:Qynw6uslO
恐ろしい話だな

200 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 01:32:10.18 ID:7RjtEclqO
世にも奇妙な物語かよw

201 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 01:33:49.30 ID:qsFe8BtYO
今度は黒い女豹がいいな

202 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 01:35:19.49 ID:yDrOk0bh0
しゃべるチンコ……事におよんでる最中はどんな反応すんだろ

203 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 01:36:12.74 ID:9PUGadHQO
そうくるとは思わなかったwww
乙!いいチンコだったぜ!

204 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 01:36:45.12 ID:Iiz6OylpO
>>202
スイッチオフ

205 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 01:38:44.74 ID:rhrHHt6M0
テレビで「蒼き狼」って映画のCM流れてて、
松山ケンイチが「僕はあなたの息子として死ねるでしょうか?」って言ってるのを見たんだ。
それからというものの、どうしても 息子=チンコ としか思えなくて、CMを見るたびに吹いてしまうんだ。

つまり、この作品で俺が伝えたかった事は

('A`)「僕はあなたの息子として死ねるでしょうか・・・?」
(;^ω^)「やかましいわ!」

この2行という事になる。

206 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 01:43:34.91 ID:Iiz6OylpO
>>205
なるほど…
参考にさせて板抱きます

207 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 01:49:11.76 ID:Iiz6OylpO
板抱かせてください!
抱きたいんです!
あの木と木の間の割れ目が欲しいんです!
あぁ!快楽を求めたい!
体が疼く!あの板を早く抱きたい!
板ァ!早くぅ!板を抱きたいよぉ!

208 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 01:49:44.12 ID:nSbPwOpt0
落ち着け

209 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 02:14:03.79 ID:cZPYeYXM0
ワロタ

210 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 02:48:02.83 ID:WSoZb4XU0
>>207
うん、そのネタ頂いたよ。おっと板抱いたよ。

このくらいのエロだったら許されるだろう
それにしても、スレの中からネタを拾うのは、ありなんだろうか?


お題、板抱きたい。

211 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 02:48:44.29 ID:MBUBy64P0
お題:新品の枕

212 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 02:48:52.14 ID:fkPQD2b0O
(^ω^)俺の名前は佐藤プリズマン
通称『アナビー』じゃん?

213 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 02:49:05.33 ID:WSoZb4XU0

从'ー'从「板ってどんなんだろうな…」
それは、何の変哲も無い、ただの厚みがある程度のベニヤ板だった。
表面と側面は加工されており、毛羽立っていない。ニスも塗られていない、普及用だ。


今日の昼に、ホームセンターで購入してきたそれは、そのときの光景を思い起こさせる。

己の邪な欲望が、誰かに知られるのではないかという緊張感と共に購入したそれ。
未成年の男子が、アダルトビデオを購入する気分と言えば分かっていただけるだろうか。

大きさ選びから、ツヤ、滑らかさまで。感覚を集中させ、厳選していく。
他の客が見たら不審に思う行動を、彼女は二時間ほど板のコーナーで繰り返していた。
彼女の関心はただ、机の角を、いかにして使いやすく、持ち歩くべきかに注がれていた。


自分の腰ほども無い板を選び、周りを警戒しながらレジへと向かう。
レジの店員の前で、緊張のあまり、掌から、汗と共に板を落としたときは、心臓が止まる思いだった。

店員の心配を、恥で受け流し、会計を済ますと、文字通り逃げるようにしてその場を去った。


214 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 02:50:16.11 ID:WSoZb4XU0

己の体重をかけ、陰核を擦り合わせたあの夜のことは忘れることは出来ない。
初めて意識を失い、はしたなくも失禁をしてしまったあの日。

母親に隠れて、汚れた下着を処理するのは大変だった。
洗濯機のある場所まで、ダンボールを被って行きたいのは何故だったのだろう。

その日は結局、学校には行かず、風邪だと言って休んだ。
足が震えて、立てなくては、仕方の無いことだろう。

昼ごろにまた、角に性欲をぶつけてしまったのだが。


新しい世界が開けた瞬間であった。
あのときの快感は、少女の欲情を、悪性の腫瘍のように、今も蝕んでいる。
何度他のものを試しても、角を越えるものは現れない。

自慰行為に狂う、ニンフォマニアであった。

215 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 02:51:12.02 ID:WSoZb4XU0

从'ー'从「ん……よいしょ…」
少女は下着越しではなく、秘裂に直に木片をあてがうと、本能の示すまま腰を振り始めた。
あらかじめ塗っておいたローションは、怪我の不安を取り除くには、十分すぎる役目を果たした。

不安と恐れの無い、まっすぐな欲望が、未発達の性器を貫いていく。


从'ー'从「んぅ…あぅ!!は……あ…ふぅ!!」
目の前を、快楽の閃光が埋め尽くしていく。
本能を基とした情欲が、人間の理性を一つ、また一つと辱めていった。


从'ー'从「板抱かせてください!抱きたいんです!」
もはや、理性は本能を超え、儚く開かれた唇から、甘い声が漏れた。


从'ー'从「板!!板ぁ!!参考にさせて板抱きます!!板抱かせてくださいぃぃぃぃぃ!!!」
欲望と理性のバランスが、崩れ果てる寸前に、少女はむくりとその体を起こした。


从'ー'从「あれれ〜?夢オチだよぉ?」

はいはい、わっふるわっふる。

216 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 02:52:35.55 ID:WSoZb4XU0
>>211-212
J( 'ー`)し「ごめんね。:で区切ればよかったね。ばかでごめんね」


217 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 03:01:20.09 ID:qQU2B6O3O
ξ゚听)ξ「カークーカークーカークオナーニー!!!」
(;^ω^)「ハァハァ」
ξ゚听)ξ「角よ! 角が角にあったるの!」
(;^ω^)「ハァハァ」
ξ゚听)ξ「角があれば何でも出来る! イクゾー! イチ! ニイ! サン!」
(;^ω^)「ダッ…あっ…あぁ…ぁ゙……」


218 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 03:13:46.20 ID:t2BBayUsO
無糖が復帰するみたいだ。
今日か明日ぐらいに。

219 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 03:17:58.59 ID:nSbPwOpt0
ふーん

220 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 03:22:46.23 ID:3BgzvCar0
すごいね

221 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 03:25:10.34 ID:M2as4tnr0
ほ〜ら☆
えっちなものだよぉ〜
(携帯可)
http://www.2dimension.com/src/2d0249.htm

222 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 05:13:11.99 ID:nSbPwOpt0
ぼわっ ぼわっ

223 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 05:31:26.51 ID:6/STWpu50
無糖クル━━━━(゚∀゚)━━━━?????

224 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 05:40:06.14 ID:lbpxzmZ/O
蕎麦屋はまだか

225 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 07:44:37.00 ID:ikqi8hV+O
ほし

226 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 07:45:59.85 ID:VqCRy/78O
それより電王見なきゃ

227 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 08:48:20.10 ID:VqCRy/78O


228 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 08:53:41.20 ID:8/ccb0eSO
お題を募集したい。

229 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 08:56:06.75 ID:qQU2B6O3O
>>228
\(^o^)/ヤッターマンが珈琲を飲む様です

230 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 08:57:48.28 ID:k+FUihJIO
>>228 
お仕置きだべ〜

231 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 09:01:09.92 ID:kyhUoEHTO
>>228
旭川にラーメンを食べに行こう

232 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 09:09:55.89 ID:8/ccb0eSO
>>229-231
把握。

233 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 09:45:34.71 ID:VqCRy/78O
ほし

234 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 09:49:13.95 ID:Iiz6OylpO
のあ

235 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 09:52:29.57 ID:Q0l15l9wO
る日

236 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 10:38:45.84 ID:Iiz6OylpO
には

237 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 10:39:23.00 ID:qO+pJhj60
セク

238 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 10:40:26.53 ID:Q0l15l9wO
ロス
がし

239 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 11:24:12.03 ID:t2BBayUsO
たく

240 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 11:27:23.01 ID:UkyIOuivO
なり
ますが

241 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 11:28:29.08 ID:qO+pJhj60
出来

242 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 11:36:05.18 ID:k+FUihJIO
なか

243 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 11:36:31.34 ID:Q0l15l9wO
が悪
い子

244 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 11:56:19.15 ID:zhIFzIkb0
いーじゃん いーじゃん すげーじゃん♪

245 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 12:02:03.23 ID:Q0l15l9wO
*(’ e’ )*うわぁ〜ですぅ〜

*(’ e’ )*……



*(‘ e‘ )*

246 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 12:03:36.12 ID:KEuYEScKO
こっちみんな

247 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 12:10:24.03 ID:zhIFzIkb0
ウーパールーパーww

248 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 12:15:56.20 ID:Q0l15l9wO
いじめなんてやめてください

ぼくたちだってひっしに いきて いるんです

もくひょうなんてないけれど

それでも いきて いたいから



(’e’)僕達は諦めないようです(^^ω)



今から50レスぐらいの短編に仕上げてくる
勢いで書くからクオリティは保証しません

249 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 12:20:12.47 ID:Afv1hjSEO
50レスで短編と言われても困る
まあ過疎だから問題ないけどな

250 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 12:24:32.87 ID:aTqVkvTMO
>>12です。

遅レスになってしまいましたが、感想書いてくれた人。
ありがとう。



251 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 12:28:35.87 ID:Q0l15l9wO
>>249
スレ立てますぜ。案外80は行くかも試練。
後でプロローグだけ晒しにくるっす

252 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 12:41:42.88 ID:8/ccb0eSO
じゃあその間に出来たので投下。

「ヤッターマンがコーヒーを飲む」「お仕置きだべ〜」「旭川ラーメンを食べに行こう」



ここはVIP。
晴れ渡った空の下、沢山の人達が平和に暮らしていました。

しかし、その日常はあっという間に壊れてしまいます。

| ^o^ |「きゃーたすけてー」

\(^o^)/「ふふふおとなしくしなさい」

突如現れた悪の権化、オワッターがVIPを恐怖に陥れたのです。

彼の目的はVIPを足掛けととして世界中の人々をオワタ光線で絶望に突き落とすことでした。

253 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 12:43:33.42 ID:8/ccb0eSO
なんかお題微妙に違う・・・・・・スマソ



彼の目的はVIPを足掛けととして世界中の人々をオワタ光線で絶望に突き落とすことでした。

\(^o^)/「ふははみんなぜつぼうしてしまえ」

| ^o^ |「もうだめだー」

オワタ光線銃によりオワタ光線を浴びてしまった人々は次々と絶望し、諦め、全てに投げやりになってしまいました。

その時、彼の野望を打ち砕くため、ある者が立ち上がったのです。

\(^o^)/「あくのごんげおわったーめ
わたしがきたからにはすきにはさせないぞ」

その者の名はヤッターマン。
人々を絶望の淵から救い、希望の光を照らす正義のヒーローです。

254 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 12:43:47.20 ID:k+FUihJIO
何故かさっそく吹いた支援

255 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 12:44:20.86 ID:8/ccb0eSO
ヤッターマンは現れるなり、絶望に暮れる人々を勇気づけました。

| ^o^ |「なにもやるきがおきません」

\(^o^)/「わたしといっしょにコーヒーをのみましょう」

そういってヤッターマンはコーヒーを差し出しました。

| ^o^ |「コーヒーをのんだらやるきがでてきました」

\(^o^)/「かふぇいんのこうかです」

256 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 12:45:15.22 ID:8/ccb0eSO
| ^o^ |「こんなせかいなくなってしまえばいいのに」

\(^o^)/「そんなことありません。旭川ラーメンをたべにいきましょう」

そういってヤッターマンは皆を旭川ラーメンの老舗に連れていきました。

| ^ρ^ |「おいしいです」

\(^o^)/「それはしょうゆです」

| ^o^ |「まちがえました。旭川ラーメンおいしいです」

\(^o^)/「そうでしょう。こんなおいしいものがあるせかいがなくなっていいわけないでしょう」

| ^o^ |「そうですね。なんだかきぼうがわいてきました」

ヤッターマンは次々と人々を勇気付けていきました。

257 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 12:46:06.61 ID:8/ccb0eSO
\(^o^)/「ぬぬぬおのれやったーまんめゆるさん」

オワッターは激怒しました。
自らの野望を打ち砕くヤッターマンを必ず討たねばならないと思いました。

オワッターには希望の素晴らしさが分かりません。

オワッターは手下を連れ、人々を助けているヤッターマンのところにいきました。

\(^o^)/「やいやったーまんわたしのじゃまをするやつはみんなぜつぼうしてしぬのだ」

\(^o^)/「おまえのおわたこうせんなどきくものか
わたしのきぼうにみちたぱわーをうけてみるがいい」
ヤッターマンはあっという間に手下どもをやっつけ、オワッターとの一騎打ちになりました。

258 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 12:47:10.95 ID:8/ccb0eSO
\(^o^)/「とう」

\(^o^)/「ぐわ」

オワタ光線が効かないヤッターマンは、オワッターに鋭いパンチを喰らわせました。

\(^o^)/「なんの」

\(^o^)/「あまいです」

オワッターは反撃のキックを繰り出しましたが、ヤッターマンは身軽な体を活かしてかわします。

\(^o^)/「やあ」

\(^o^)/「ぬん」

しばらくの間戦いは続きました。

\(^o^)/「てえい」

\(^o^)/「ぬわー」

ヤッターマンのパンチが再びオワッターに命中し、オワッターは吹き飛びました。

259 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 12:47:59.07 ID:8/ccb0eSO
\(^o^)/「もうこうさんしろおわったー」

\(^o^)/「こしゃくなこうなったらわたしのほんきをみせてやる」

そういってオワッターは踏ん張り始めました。

\(^o^)/「はああ」

\(^o^)/「こ これは」

オワッターの身体に暗黒のオーラが出現したのです。
\(^o^)/「なんというまがまがしいおーらだ」

\(^o^)/「ぜんぱわーをこめたのだ
これをくらえばきさまとてひとたまりもないぞ」

オワッターの暗黒のオーラは今やとてつもない大きさになっています。

\(^o^)/「くらえ」

オワッターがヤッターマンに向け腕を振り下ろすと、暗黒のオーラがまるでがき大将の投げるボールのように発射されました。

260 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 12:48:54.08 ID:8/ccb0eSO
\(^o^)/「うわー」

ヤッターマンは暗黒のボールを受けて吹っ飛び、近くの民家に激突しました。

| ^o^ |「だいじょうぶですかやったーまんさん」

先程コーヒーを一緒に飲んだ人の家に突っ込んだヤッターマンは、その人に声を掛けられました。

\(^o^)/「すいませんいえをこわしてしましました」

ヤッターマンは痛みに耐えながらも謝ります。
どんなときもヤッターマンは人々を第一に考えているのです。

| ^o^ |「きにしないでください
わたしはあなたからきぼうをもらいました
きぼうさえあればいえなんていくらでもつくれます」
頭に刺さった家の破片を気にもせず、その人は笑顔でそう答えました。

\(^o^)/「ありがとう」

その人の頭に刺さった破片を気にしているだけで何も言わず、ヤッターマンは立ち上がります。

261 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 12:50:15.75 ID:Q0l15l9wO
これは超支援wwwwww

262 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 12:50:17.12 ID:8/ccb0eSO
| ^o^ |「やったーまんがんばれー」

| ^o^ |「まけるなやったーまーん」

見ればヤッターマンが勇気付けた人々が家の中からヤッターマンに声援を送っています。

| ^o^ |「もうぜつぼうしないぞ」
旭川ラーメンを食べた人々が精一杯叫びます。

| ^o^ |「わたしもあきらめないわ」

その場の勢いで絶望から抜け出した人々もエールを送ります。

\(^o^)/「みなさん」

ヤッターマンはその声援に力を貰いました。
皆の希望がヤッターマンをパワーアップさせたのです。

263 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 12:51:21.70 ID:8/ccb0eSO
\(^o^)/「おわったーよみんなのきぼうのぱわーをうけてみよ」

ヤッターマンは高く飛び上がり、オワッターに向け急落下します。

スピードがぐんぐんと上がり、今や光の速さです。

\(^o^)/「くらえひっさつ」

\(^o^)/「ぎゃあああ」

必殺技の名前を言う前にヤッターマンはオワッターに蹴りを喰らわせてしまいました。
光の速さですから当然です。

\(^o^)/「ここまでか」

オワッターは遂に倒れました。
VIPは平和を取り戻したのです。

264 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 12:52:42.86 ID:LmRm6LM90
これはひどいwwwww

265 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 12:53:56.62 ID:Q0l15l9wO
AAを使う意味がないwwww
見分けつかねぇってレベルじゃねーぞwwwwwwwww

266 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 12:57:39.12 ID:H6ebOR3M0
サル喰らったのでPCから。

しかし、青空はすぐに曇り始めました。

/^o^\「やくたたずのおわったーめが」

\(^o^)/「ひええおゆるしください」

/^o^\「お仕置きだべ〜」

\(^o^)/「アババババメメタァバババダナダジュクジョバヤマラザカアババババ
ビダガズビマドヒトヅマガグゾバナヤセカイイサンワバズグヂバキモチイイハナ
゛グジアッーボダヤマヨウジョワカアタニパナハナラメェタヤアバババババババ
バババ」

なんと、曇った空からオワッターに雷が迸しりました。



267 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 12:58:31.30 ID:H6ebOR3M0
\(^o^)/「な なんだ」

さすがのヤッターマンも驚きを隠せません。
人々は皆家の一番奥に逃げてしまいました。

/^o^\「ふふふやったーまんおわったーをたおしたくらいでいいきになるなよ」

\(^o^)/「なんということだおわったーですらてしただったのか」

ヤッターマンにまだ休息の日々は許されません。

\(^o^)/「かならずすべてのあくをほうりさってやるぞ」

戦え!ヤッターマン!

fin

\(^o^)/「ひとりふたやくはつかれます」

| ^o^ |「わたしなんかひとりよんやくでした

268 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 12:58:32.94 ID:Afv1hjSEO
\(^o^)/「くらえひっさつ」

\(^o^)/「ぎゃあああ」


これはひどいwwwwwww

269 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 12:59:20.40 ID:Q0l15l9wO
フッジッサーンwwwwwwwww

270 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 13:00:07.82 ID:H6ebOR3M0
以上です。
なんかドエライ叩かれてますね。
反論の仕様がありません。
最後のオチで悟っていただけたらと思います。

271 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 13:02:12.63 ID:Q0l15l9wO
>>270
叩いてないよwwww超乙wwww
おわったーでさえてしただったのか じゃねーよwwww

272 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 13:06:56.84 ID:LmRm6LM90
シュールで面白かった
セリフが二行以上になる時がちょっと読みにくかった
セリフの高さを合わせたりしたほうが読みやすいかも



273 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 13:13:55.89 ID:qUh6sZZD0
ちょっと短編書いたら40レスくらいになったんだが
これはスレ立てたほうがいいのかな

274 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 13:14:43.21 ID:Q0l15l9wO
マルタスニムの書いてる者だが、オチに困るな。
自殺エンドか、未来が開けるエンドしか重い浮かばんぜ。

誰か頭に詰まったハナクソでいいから、ネタを分けてくれないかー?

275 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 13:16:39.02 ID:yDrOk0bh0
自殺もできない臆病者がみすぼらしい人生を歩んでいくエンド

276 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 13:19:42.49 ID:Q0l15l9wO
鬱エンド……ムズカシスwwww
プロローグだけ投下しますね

>>273
俺は50なら立てた事あるなぁ 別段叩かれなかったし

277 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 13:21:11.74 ID:Q0l15l9wO
 歩く道には裸の桜。
 冷たい風が勢いを増す、十二月。
 カップルの年間行事、クリスマスを一週間後に控えた日の事でした。

(;^^ω)「あの、クリスマスの間だけで結構ですホマ!
       お金がどうしても必要なんですホマ!」

( ^ω^)「君さぁ……そのキモイ唇を動かさないでくれる?
       ただでさえ顔のパーツ間違えてんだからさw」

(;^^ω)「本当にお願いしますホマ!
       この通りですホマ、お願いしますホマ!」

 熱心に頭を下げるこの男性は、マルタニスムは瀬川。
 コンビニバイトの面接をしている最中です。

( ^ω^)「悪いね、君の履歴書じゃあ採れないよ。
       こればっかりはいくら頼まれても無理なn……」

(;^^ω)「そこをなんとかお願いしますホマ!
       仕事が決まらなければ、帰れないんですホマ!」

 事務所内で、土下座をするマルタニスム。
 コンビニの店長らしき人物は、声を荒らげて怒鳴りました。

278 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 13:23:17.30 ID:Q0l15l9wO
( #^ω^)「あぁもう! じゃあ正直に言うよ!
       君みたいに変な語尾付ける奴は!
       ウチみたいな接客業に来ても無駄だよ! 帰ってくれ!」

 怒った店長は、有無を言わさず事務所から追い出しました。
 マルタニスムはというと、肩を落として帰路についています。

( ^ω^)「……」

 彼が去ったのを見届けると、店長はまた事務所に戻りました。
 マルタニスムの履歴書を取り出すと、もう一度目を通します。

( ^ω^)「……高校中退……あんな子が?」

 やはり、語尾や特徴的な顔が理由なのでしょう。
 少し経ち、ため息をついてから履歴書を引き出しに戻しました。

( ^ω^)「あの子はこれから大変だお……
       僕が今ここにいるのは、運が良かったからだお」

 窓を開き、暖房がこもった空気を入れ替えて。
 寒空に向かって白い吐息を吐くと、遠い昔の記憶を思い出しました。



(’e’)僕達は諦めないようです(^^ω)

279 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 13:24:21.24 ID:zhIFzIkb0
は瀬川スレは荒れることを覚悟しといたほうがいい

280 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 13:24:28.62 ID:qO+pJhj60
ブーンうぜぇwwwwwwwwって思ったけど色々ありそうなのでwktk

281 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 13:24:55.57 ID:H6ebOR3M0
支援兼ねて
>>271後で読み返したら自分も吹きました
>>272参考にしますー。

282 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 13:28:57.42 ID:Q0l15l9wO
>>279
自分が今まで立てたスレは、信者も荒らしも来たことがない平和なスレです。
というか、なんで荒れるんですか?
ホマホマ言わせると、なんかコテが沸いたりするとかですか?

283 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 13:35:52.56 ID:qUh6sZZD0
>>276
あい分かった、ということで立てた
元々ここで批評して欲しかったもんだからできたら頼む



284 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 13:40:10.95 ID:r9k9ZqFX0
なんかこう血生臭いお題くれ


285 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 13:41:00.64 ID:vbc6/mft0
>>284
釣り針を飲み込む

286 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 13:41:21.56 ID:J7/3indT0
>>284
ゲロのお好み焼き

287 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 13:42:08.47 ID:yDrOk0bh0
>>282
障害者をネタにすんな氏ねボケ! と言うやつは意外と多い
夏には瀬川の作品がひとつあったが、そういう輩に潰された
あれは作者が我慢足りないところもあったから、全部が全部そうとは言えないけど

>>284
輸血

288 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 13:43:05.32 ID:r9k9ZqFX0
あんがと。把握

289 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 13:44:17.12 ID:Q0l15l9wO
>>284
肺に風穴を空けられてから二十秒

290 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 13:47:31.74 ID:Q0l15l9wO
>>287
障害者っつーより……「不細工」「語尾」が虐げられる理由だしなぁ

まぁ短編なら沸く前に完結出来そうだし、スルー耐性はあるから大丈夫
わざわざ忠告サントス、完結させますわー

291 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 13:52:16.20 ID:hfkRCtP/0
>>284
脳味噌チュッパチャップス

292 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 13:52:32.17 ID:0mF6CpSa0
>>284


293 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 13:53:38.81 ID:r9k9ZqFX0
なんか増えてるwwwwww

というわけで今度こそここまででお題把握。

294 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 13:54:35.72 ID:V5BitwqmO
この前うpしたやつ
http://kjm.kir.jp/?p=103758

295 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 14:01:42.96 ID:V5BitwqmO
http://kjm.kir.jp/?p=103759

296 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 14:33:40.25 ID:9PUGadHQO
脳味噌チュッパチャップスが激しく気になる

297 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 14:34:42.77 ID:zhIFzIkb0
            \ きさま!はかったな?! /
 _______________________________
| |llll|llll|llll|llll|llll|llll|llll|llll|llll|llll|llll|llll|llll|llll|llll|llll|llll|llll|llll|llll|  |
| 0.   1   2    3   4. _5_,  .6    7   8   .9   10.. |
|                    ( ゚Д゚)                    |
|                 U   つ                  |
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  ̄ | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


298 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 15:06:49.00 ID:wxK73BFr0
ちょっと聞きたいんだがいいか?
まとめニュースで読んで気になったんだが、リアル鬼ごっこって話としては面白いのか?
スレ違いスマンが過疎っているし、知っている人多そうだから誰か教えてくれ

299 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 15:08:05.26 ID:hfkRCtP/0
>>298
ググレカス

300 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 15:11:15.73 ID:wxK73BFr0
>>299
極論そうなんだがネタバレが怖くてな
もっと聞くなら立ち読みする価値があるのか聞きたかったんだ

301 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 15:27:28.07 ID:WSoZb4XU0
>>300
立ち読みすればおk
その価値があるかって?そんなこと、俺が知るか!


せっかくお題をもらったんで。

お題:新品の枕、(^ω^)俺の名前は佐藤プリズマン。通称『アナビー』じゃん?

302 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 15:27:55.61 ID:Q0l15l9wO
>>300
本人だがちゃんとレス見たか?
古本屋で100円出してギリギリ元とれるぐらいのつまらなさ。
携帯小説が好きだったり、反面教師として読むんなら買い

とりあえず一冊1000円はない

303 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 15:28:41.83 ID:WSoZb4XU0

コンクリートが剥き出しとなった部屋に、男が一人。

寒々しい内装にもかかわらず、男は白色のパジャマ一枚という姿だった。
彼が寒気を感じているかどうかは、震え一つ起こさぬその笑顔を見ていただければ分かるだろう。

彼の名前は――といっても、本名では無い――アナビー。持ち物はそれ一つだけだった。


(^ω^)「タマ、今日も一緒に遊ぶお!」

(*゚ー゚)「……」


タマと呼ばれたそれは、にゃあと鳴くことも無く、アナビーの呼びかけに応えることも無かった。
ただただ、物のように、そこに存在している。

顎をかすかに上げ、何かを見下すような表情は、怖いほどに人間であった。

アナビーは、やれやれといった風に笑う。
怒気は感じられない。分かっているのだ。この猫は懐かぬことを。

出会いは何時ごろか分からない。気づけばそこにいた猫のことを。
その人間にも似た表情から感じ取れる感情は、孤高。その一言に尽きるからだ。


懐かぬ獣に、怒る人間がどこにいるだろうか。

304 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 15:30:00.67 ID:WSoZb4XU0

アナビーは、タマをそっと抱きしめる。タマは抵抗をしない。

懐かぬ代わりに、抵抗もしない。都合のいい中立を保っている。


アナビーが、人間の持つ愛情全てを掛け、タマを抱きしめた。
特に窮屈そうにするでもなく、ただ微笑みを湛えている。

(^ω^)「タマ!君が一番猫の中でかわいいお!」

(*゚ー゚)「……」

タマは、アナビーの賛辞を、笑顔で受け流す。

タマは、気高い猫なのだ。このくらいは認められていいものではないか。
己の力で、強大な地位をもぎ取った王の蛮行が許されるように。

(^ω^)「タマ、一回鳴いてお。にゃんって鳴くお」

(*゚ー゚)「……」

男は、タマの下顎をやわやわと撫でながら、表情を窺う。
相変わらずの微笑だ。しかし、その微笑には、軽い拒絶が含まれている。
ただ闇色に光る、その瞳だけが、唯一感情を窺わせる材料に成り得るだろうか。

アナビーはその場で仰向けになり、服従の証を見せた。
他の人が見れば、嘲笑の対象になるものでも、男は気にしない。

それほどまでに、猫を愛していたのだ。

305 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 15:31:00.15 ID:WSoZb4XU0

己をさらけ出しても、つんとした表情を崩さぬタマに、やきもきする。

アナビーの心を知ってか知らずか、タマは焦らし続ける。
いや、知っているのだろう。だからこそ、アナビーを焦らし、楽しんでいるのだ。


猫の本性であった。

アナビーはタマを胸に抱きとめると、新調された寝具へと飛び込んだ。
新品の枕が、突然の来訪者を、優しく抱きとめた。

(^ω^)「新しい枕は、タマと同じでふかふかだお!気持ちいいお!」

(*゚ー゚)「……」

新しい枕を、タマに優しく押し付けてやる。
枕は、ただ黙って力を受け入れている。朝日の匂いを、部屋の中に散らした。

(^ω^)「タマ!ずっと一緒だお!約束だお!」

(*゚ー゚)「……」

アナビーの問いかけに、タマの表情が和らいだ気がした。
アナビーとタマは、周りをよそに、今日も一日、その部屋で遊ぶ。

いつまでも、いつまでも。

306 :おしまい:2007/03/04(日) 15:31:59.84 ID:WSoZb4XU0

ξ゚听)ξ「あの患者気持ち悪いわ……なにを人形に向かって話してるのかしら……」

女が佐藤プリズマンとネームプレートが貼り付けてある鉄扉を、窺いながら呟く。

(*゚∀゚)「ツンちゃん。気にしないほうがいいよ。先生達もさじを投げてるんでしょ?」

ツンと呼ばれた女の後ろから、男勝りな声で、女が話しかける。

(*゚∀゚)「自分の世界に閉じこもったまま、帰ってこないんだって」

聞きかじったかのようなたどたどしさで、女がツンへと伝える。
話している最中に、何度も黒色の髪をいじっているのは、癖だろうか。

ξ゚听)ξ「こんな狭い世界が全てなのかしら……可哀想に」

己と比べ、無意識の内に下に見た感想をぽつりと漏らすと、二人はまた仕事へと戻っていった。

病院という狭い空間の中を、己の全てとしている二人は気づかない。
さらに言えば、地球というちっぽけな岩石を世界としているあなたも。


皆、自分がいる場所が、哀れまれる程度の、狭い病室だということに。


無音の空間に、猫の鳴き声が、嘲るように響いた。

307 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 16:28:21.94 ID:frPqq1P2O
乙、こういう終わり方好きだ

308 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 16:31:34.15 ID:4G7yNiVv0
乙。
あんまり関係無いけど、
ラストにこういう印象的な一文があると文章全体が絞まるような気がする。


309 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 16:34:06.78 ID:FO+43kon0
お題くれ
>>310
>>311
>>312
>>313


310 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 16:35:04.07 ID:3bff2ZND0
回文だらけのエブリディ

311 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 16:35:19.74 ID:6/STWpu50
ビークワイエット

312 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 16:35:29.75 ID:frPqq1P2O
マルチーズ

313 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 16:36:35.19 ID:4G7yNiVv0

ひとつ質問があるんだけどさ、
やっぱブーン小説って顔文字使ってないとダメ?
非常に面倒なんだが。

安価踏んでたら↓にパス

314 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 16:36:51.91 ID:hf7hx1bVO
ジャイアンツコーン

315 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 16:37:22.27 ID:FO+43kon0
haakusita

316 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 16:38:12.98 ID:frPqq1P2O
>>313
顔文字使うのがベターだと思うが、マストではない

317 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 16:38:32.36 ID:hf7hx1bVO
>>313
AA使わないと読者が見にくいんだぜ

318 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 16:38:35.11 ID:3bff2ZND0
>>313
アンタに『勇気』と『大人の心』と『クオリティ』があるなら、好きにやるといいさ

319 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 16:39:27.81 ID:4G7yNiVv0
>>316
スレ立てようと思ったんだけど、ちょっと書いてみたら地の文が多すぎて、顔文字使うと違和感が………。

320 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 16:39:28.65 ID:6/STWpu50
この流れ

欧米かっ

321 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 16:40:46.57 ID:4G7yNiVv0
>>317-318
把握したんだぜ。
面倒でも顔文字つけてみるんだぜ。

322 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 16:44:43.30 ID:yDrOk0bh0
>>321
地の文と会話文の間に改行挟んでる?
自分も地の文多めに書くけど、改行挟めばAA付けても違和感でないよ

323 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 16:45:21.00 ID:4G7yNiVv0
>>322
把握したんだぜ。
頑張ってみるんだぜ。
ありがとうだぜ。

324 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 16:50:52.84 ID:7RjtEclqO
お題おくれ

325 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 16:51:11.68 ID:wnf+AJQ70
オリジナルのAAを使ったキャラって出してどれくらいかな
どうもイメージが合わなくて敵の主要キャラ六人中二人がオリジナルになりそうなんだが

無理矢理にでも既存のAA使った方が良いか?

326 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 16:52:16.82 ID:l03ye5a70
>>325
オリジナルでいいじゃない、一味違うのも楽しいと思うぞ

327 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 16:58:23.51 ID:frPqq1P2O
>>325
ポケモンはラスボスがオリジナルだけど人気ある

>>324
メールボックス

328 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 16:59:25.28 ID:rUyzpj4v0
お題が欲しい 

初めてなのでなんか簡単なのないか?



329 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 16:59:27.82 ID:wnf+AJQ70
>>326-327
把握した

そういえばポケモンの作者はテンプレに載ってないAAを多く使ってるもんな。
さすがに主要キャラはテンプレに載ってるけど

なら別に自己主張しすぎなければオリジナルでも問題無いのかもしれんね

330 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 17:00:00.69 ID:ppihNGJA0
>>324
アルファルトでできた道

331 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 17:00:38.04 ID:yDrOk0bh0
>>328
BIG-B

332 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 17:00:59.37 ID:frPqq1P2O
>>328
懐かしさ

333 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 17:02:33.60 ID:ppihNGJA0
>>328


334 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 17:04:09.37 ID:wnf+AJQ70
>>328
幻覚

335 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 17:05:01.98 ID:7RjtEclqO
>>327>>330
把握

336 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 17:09:27.69 ID:rUyzpj4v0
>>331-334
把握した
でもBIG-Bってなんだ?

337 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 17:10:32.75 ID:4G7yNiVv0
あー、なんか、
普通に書くんじゃなくて、
読みやすいように改行するのも必要なのか。

ということを発見しまっした><


338 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 17:11:07.04 ID:yDrOk0bh0
>>336
元ネタあるけど、気にせずに自己解釈でお願い

339 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 17:12:37.15 ID:3bff2ZND0
>>337
何故、書いているときに気付かないのだね
自分で読めばわかるだろうに

340 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 17:15:22.18 ID:4G7yNiVv0
>>339
普通に小説書く要領でやってた。
で、書き込んだのを読み直して初めて気づいた。
遅すぎたんだよ!何もかも!

341 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 17:15:46.12 ID:RJPDRBm80
>>337
お前このスレは始めてか?力抜けよ

342 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 17:17:18.66 ID:4G7yNiVv0
>>341
初めてじゃないけどかなりブランクあるから緊張して………。
なんかテンションがおかしいし、書いてるうちにわけわかんなくなってくるし……

343 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 17:17:36.73 ID:3bff2ZND0
>>340
ま、とりあえず他のブーン小説読んで勉強しとけwww

地文をもうちっと削った方が良いよ
ダラダラ長いと、それだけで文章能力が無いようにみえる
長けりゃ、厚けりゃいいってもんじゃあない

344 : ◆VIPKING98o :2007/03/04(日) 17:18:50.58 ID:4G7yNiVv0
>>343
把握。
ちょっと削ってくる。

345 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 17:20:34.48 ID:3bff2ZND0
ギャンギャレ
おじさん向上心のある素直な子は好きだよハァハァ

346 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 17:26:09.91 ID:7RjtEclqO
アルファルトってなんだ?ググってもわからんぞ
アスファルトのことか?

347 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 17:28:04.73 ID:yDrOk0bh0
なんで野郎は猿に捕まらないんだ?

348 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 17:29:35.30 ID:3bff2ZND0
>>347
猿が苦手なのは何だと思う?
それが答えだよ

349 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 17:31:05.78 ID:9EMl0ZLY0
>>344
なあ・・・・


お前無糖だろ

350 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 17:34:19.09 ID:Q0l15l9wO
>>349
あれ? 俺ここに書き込んだっけ……

351 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 17:34:28.35 ID:0dAgP428O
お題くれ

352 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 17:35:06.45 ID:4G7yNiVv0
(><;)>>349が見えない。

353 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 17:35:34.39 ID:CdMG6znaO
>>344
こいつ無糖じゃね?


354 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 17:36:34.98 ID:6/STWpu50
vipkingはねーよwwwww
ブログのURLじゃねーかwwww

355 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 17:37:15.68 ID:yDrOk0bh0
>>351
山奥の村

356 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 17:37:16.08 ID:3bff2ZND0
つまり無糖=新一ってことか

357 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 17:39:15.25 ID:frPqq1P2O
>>351
青酸カリ

358 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 17:44:30.08 ID:JN1Nnbi40
( ^ω^)ブーンは侍になるようです
http://wwwww.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1172994387/l50


359 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 17:45:34.21 ID:r9k9ZqFX0
ここで投下。

お題 釣り針を飲み込む ゲロのお好み焼き 輸血 肺に風穴を空けられてから二十秒
   脳味噌チュッパチャップス 蚊


360 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 17:45:39.01 ID:AVSuD2510
>>358
これはなんというか……

361 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 17:46:03.64 ID:4G7yNiVv0
削ってもまだ読みにくい件(´・ω・`)
台詞増やしてみる。
たれか助kt

362 :( ^ω^)ブーンはチュッパチャップスのようです:2007/03/04(日) 17:46:21.08 ID:r9k9ZqFX0
( ^ω^)「でさぁそこでトーマスが邪気眼を解放させて……」

('A`)「うぉ!ついに解放させたのか! っくー俺も見たかったああああああ!
   ビデオ貸してくれえええぇぇぇ!」

( ^ω^)「残念でしたお。我が家も例外なくデジタル化の波に乗って、
       テレビ番組は全てレコーダーのHDに保存しているお」

('A`)「うおおおお!じゃぁ俺明日お前んち押しかける!否!侵入させて貰うぞ!」

今までも会話の合間合間で叫んでいたドクオだったが、
ここで一気に爆発したかのように、一層声を上げて叫んだ。

そして次の瞬間には地に伏していた。
どさりと音をたてて、ドクオが崩れ落ちる。

(*゚ー゚)「さっきからうるさいよドクオ君? ここがどこだか君はわかっているのかな」

ドクオの後ろには、いつのまにかしぃ先生が立っていた。
その握られた拳は凶器とすら呼ばれている。

しぃ先生はドクオの正面に回り込み、しゃがみこむ。
そしてドクオの前髪をむんずと掴むと、無理矢理起こす。

(*゚ー゚)「もう一度聞くよ? ここはどこかな?」

363 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 17:46:29.25 ID:6/STWpu50
地の文多いwwwwうぇwwww

364 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 17:46:56.13 ID:r9k9ZqFX0
ここで下手にドクオを庇うと、その怒りの矛先は間違いなく自分へと向けられる。
そもそもほとんど共犯である以上なにもしなくても怒られるかもしれない。
なのでただそれを黙って見守るブーン。

(;'A`)「も、もちろんですよ先生! ここは日々自らの学力を鍛え、
    精進する塾屋さんでございます!」

(*゚ー゚)「うんうん。正解よ」

ここでしぃ先生はうふっと笑みを浮かべた。
そしてその作り物のような笑みを浮かべたまま、もう一度尋ねる。

(*゚ー゚)「つまり君はここがどんなとこであるかを把握していたにも関わらず、
    あんな大声で騒いでいたってことよねぇ……?」

(;'A`)「あの……それは……はぅ……」

ミシミシと何かが軋む音がする。
しぃ先生がドクオの顔面を鷲掴みにし、満身の力をこめているのだ。
ドクオは言葉すら発することは出来ない。
そしてゆっくりとしぃ先生は、ドクオに顔を近づけ……そして

(;'A`)「ぎゃあああああああああああああ!」





365 :( ^ω^)ブーンはチュッパチャップスのようです:2007/03/04(日) 17:47:45.52 ID:r9k9ZqFX0

( ^ω^)「まったく、ドクオはもう少し周りを見て騒いだほうがいいお」

('A`)「だってよぉ、いちいち周りを気にしてられっかよ!」

( ^ω^)「人――それを空気が読めないと言う」

(;'A`)「ちょwwwwwwww」

そのとき、塾の前に一台の車が止まった。
塾の玄関はガラス張りになっているため、ここからでも車が良く見える。

('A`)「あれ? 俺んちの車だわ……」

ξ゚听)ξ「まぁ今は物騒だからね」

(;'A`)「ツ……ツンッッ! てめぇどこから湧いてきた!」

ξ゚听)ξ「あたしも今から帰ろうとしてたのよ。悪い?」

(;'A`)「べ、別に悪かねぇけど……あ! お袋待たせると悪い。
    じゃあな! ブーン。明日絶対にお前んち行くからな!」

そう言い残して、ドクオは車へと乗り込んでいった。

( ^ω^)「さてと、僕も帰ろうかお」

ξ゚听)ξ「待ちなさい! ブーン!」

( ^ω^)「なんだお?」

366 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 17:48:15.95 ID:3bff2ZND0
まぁ、普通の小説みたいな書き方じゃ無理だわな
そもそも横書きの時点で厚い文は不可能だし

割り切ったモン勝ちだ

367 :( ^ω^)ブーンはチュッパチャップスのようです:2007/03/04(日) 17:48:45.33 ID:r9k9ZqFX0
ξ゚听)ξ「今この街で大変物騒な事件が起こっているのは知っているわよね?」

ああ、そういえば。とブーンは思い出す。

今この街では、連続猟奇殺人事件が起こっている。
ブーンは噂程度にしかしらないが、なんでも被害者全員が悲惨な殺され方をしているというのだ。

ξ゚听)ξ「今の時刻は午後十時。女の子が一人家路につくのは危険だとは思わない?」

( ^ω^)「たしかにそうだお。ツン。おうちの人に迎えにきてもらった方がいいお」

ここまで喋ったところで、ブーンはドクオに何故迎えが突然来たのかを知った。

自分も気をつけて早く帰ろう。

そう決意してブーンは、すぐさま帰ろうと

ξ;゚听)ξ「だ、だから待ちなさい!」

( ^ω^)「な、なんだお?」

ξ////)ξ「ああもう! だからあたしのうちは親が出掛けてて迎えに来られないのよ!
     黙ってあたしと一緒に帰りなさぁい!」

だからって……何も説明していなかったじゃないか。

そう反論する前に、ブーンはツンに塾から引っ張りだされていた。
ブーンはこれ以上反抗するのは止めておくことにした。


368 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 17:49:07.46 ID:SfhpggXd0
支援

369 :( ^ω^)ブーンはチュッパチャップスのようです:2007/03/04(日) 17:49:37.49 ID:r9k9ZqFX0
( ^ω^)「良いお。ツンを家まで送るお」

ξ////)ξ「ふんっ最初からそう言いなさいよ!」

それに、ツンとはそこそこ仲良くしているし、ちょっぴり気になるあの子でもあったりする。
こんなエロゲ的な展開。悪くない。
いや、むしろ大歓迎だ。

だからブーンはその日、ツンと帰ることにした。
そしてブーンは歩き出す。



暗い夜道。
二人の行く道を照らすのは、か細い街灯のみ。
こころなしか、妙に人通りが少ないのも、あの猟奇殺人事件のせいなのか……

しかしブーンはその猟奇殺人事件に、正直感謝していた。
何故なら

ξ;゚听)ξ

隣にいるツン。
ツンとの距離は互いの息の音が聞こえるほど近い。
ツンの手入れの行き届いた髪から、ほのかな香りが鼻腔をくすぐる。

しかもツンは、何かに掴まっていないと不安なのか、ブーンの袖の端を、
ちょこんと掴んでいるのだ。

(* ^ω^)(神様こんなシチュエーションを僕にくださってありがとう……)

370 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 17:50:11.10 ID:yDrOk0bh0
改行さえしっかりやれば、横書きで地の文多くても苦にならないけどなあ

371 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 17:50:30.39 ID:SfhpggXd0
>>366
楽しみ方も小説とは違うジャンルが多々あるしね。
誰かが言ってたけど、小説ではない

372 :( ^ω^)ブーンはチュッパチャップスのようです:2007/03/04(日) 17:50:23.15 ID:r9k9ZqFX0
普段ならば「神様なんていねーよ」と声高に叫ぶ無神論者のブーンも、
このときばかりは神を信じ、感謝せずにはいられなかった。

だからブーンは、ツンとの物理的な距離をもう少し縮めるためにも、
わざと怖がらせるためにも、あの猟奇殺人事件の話を出すことにした。

(* ^ω^)「そういえばツン、その猟奇殺人事件ってどんなのだったかお?」

ξ;゚听)ξ「な、なによこんなときに。やめてよ」

(* ^ω^)「いやぁ急に興味が湧いたんだお」

ξ゚听)ξ「知りたいの?」

突然ツンの雰囲気が変わったような気がした。
しかしブーンはそれに特に気をとられることも無かった。

(* ^ω^)「も、もちろんだお」

ξ゚ー゚)ξニヤリ

ξ゚ー゚)ξ「じゃぁ……あたしの知っている限りで話してあげるわよ……」

(; ^ω^)「!?」

ツンの様子がおかしいことには気がついた。
でも今更止めることも出来なかった。

373 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 17:50:56.07 ID:3bff2ZND0
>>370
そりゃあね

悪いのは、改行しない意味での厚い文ってこったよ

374 :( ^ω^)ブーンはチュッパチャップスのようです:2007/03/04(日) 17:52:21.48 ID:r9k9ZqFX0
ξ゚ー゚)ξ「初めて起こったのは今から一ヶ月くらい前のことかしら。
     ある一人の男性が路上にて刺し殺されたのよ」

ξ゚ー゚)ξ「最初はただの通り魔の犯行と思われたわ。
     でも違う。その死体にはただの通り魔なら絶対にやらない。あることがされていたのよ」

(; ^ω^)「そ、それはつまりアナルに白い液体が付着していっ!」

殴られた。
それはもう世界は狙えるほどのすごい右ストレートでブーンはツンに殴られた。

ξ゚ー゚)ξ「頭が砕かれて、脳味噌が飛び散っていたの。
     可哀想に。電柱に思い切り突き飛ばされて、
     その上何度もコンクリートの塊で頭を殴られたそうよ」

(; ^ω^)「……」

なんだかツンを怖がらせようとしたつもりが、
当の本人は平然と……むしろ楽しそうな感じに話している。
そしてブーン本人が怖いと思い始めていた。

ξ゚ー゚)ξ「それでね……頭の中に残っている脳味噌が全て抉り出されていたのよ……
     辺りに飛び散った脳味噌の欠片を合わせても、全然足りないの。
     きっと犯人は脳味噌だけを持ち去ったのね……」

(; ^ω^)「……」

噂には聞いていたが、そこまでおぞましい事件だったとは……
ブーンは顔からサーと血の気が失せていくのを感じた。

375 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 17:53:14.05 ID:3bff2ZND0
>しかもツンは、何かに掴まっていないと不安なのか、ブーンの袖の端を、
>ちょこんと掴んでいるのだ。

くそっ! たった一撃で俺の心が瓦解しただと!?
という支援

376 :( ^ω^)ブーンはチュッパチャップスのようです:2007/03/04(日) 17:53:23.43 ID:r9k9ZqFX0
ツンが唐突に止まる。

ξ゚听)ξ「あら、怖がらせちゃったみたいね」

(; ^ω^)「そ、そんなことはないお……」

ξ゚听)ξ「随分冷や汗かいちゃってるみたいだけど……」

(; ^ω^)ギクリ

ξ゚听)ξ「まぁいいわ。ありがとうねブーン。もう着いたわ」

(; ^ω^)「え?」

ブーンは目の前に建つ家に、今頃気がついた。
ここがツンの家なのだろう。

ξ゚听)ξ「あれ? あんな話聞いたからにはもうここから一人で帰れないのかしら?」

悪戯っぽく話すツン。
妙に色っぽい。

というよりも単純に自分が馬鹿にされているんだと考え、丁重に断る。

(; ^ω^)「だだだだ、大丈夫じゃどーい!」

ξ゚听)ξ「良かったら電話貸すわよ?」

377 :( ^ω^)ブーンはチュッパチャップスのようです:2007/03/04(日) 17:54:27.08 ID:r9k9ZqFX0
(; ^ω^)「で、でもツンに悪いお……」

ξ////)ξ「い、いいから電話借りて行きなさいよ!」

(; ^ω^)「お? お?」

これなんてエロゲ?

そんなことを頭に考えたまま、ブーンはツンに家の中に引っ張り込まれた。

初めて入る、異性の家。
なんだか自分の家には無い、妙な良い匂いがした。

同性の家でもこういう良い匂いはするが、それとはまた別のような気がした。

(; ^ω^)「じゃ、じゃぁ電話借りるお」

どうにも余計に緊張してしまう。
おいしい展開には違いないが、ここはすぐに電話して迎えに来てもらおう。

ブーンは玄関脇の受話器を手に取り、プッシュ式ボタンを一つ一つ押していく。

ピッポッパッポッ

何故かことときばかりは、妙にプッシュ音が耳につく。
ボタンを押す手が震える。

これは異性の家。それも夜。さらには両親不在という、
まったくもってそのまんまなエロゲ展開が自分を緊張させているのに違いない。

378 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 17:55:22.06 ID:0dAgP428O
>>355>>357
把握

379 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 18:02:58.96 ID:FO+43kon0
猿にかかったか?
その間に投下してもいいもんかね


380 :( ^ω^)ブーンはチュッパチャップスのようです:2007/03/04(日) 18:06:36.02 ID:r9k9ZqFX0
なんとかブーンは家に電話を繋いだ。
コール音が鳴る。

そして

「はい、内藤ですg……」

ガチャン……

受話器が下げられた。
相手に下げられたわけではない。

ツンに受話器を突然取られ、無理矢理切られてしまった。

(; ^ω^)「ちょ、何するんだお」

ξ゚ー゚)ξ「うふふふ、折角来たのよ? もう少しゆっくりしていきなさいよ……」

(; ^ω^)「そ、そうかお……」

ブーンの額から大量の汗が吹き出る。
動悸が早くなる。

ブーンは自分を叱り付ける。

何を焦っているんだ?
きっとこれは初めて異性の家に入ったから焦っているに違いない。
そうだ。そうだ。
その上当の女の子に「もう少しゆっくりしていきなさいよ」だなんて、
ドクオが聞いたら泣いて殺しにかかってくるに違いないほど、自分は良い目にあっているんだぞ。

381 :( ^ω^)ブーンはチュッパチャップスのようです:2007/03/04(日) 18:08:10.94 ID:r9k9ZqFX0
(; ^ω^)(うひょーい。ばんざーい。ふひひ……)

ξ////)ξ「と、ところでさブーン……」

(* ^ω^)「お、なんだお?」

これぞブーンの待ち望んでいた、甘い展開の始まりを告げるようなツンの恥ずかしそうな声。

ξ////)ξ「今……この家には誰もいないの……
     あたしさ、こうじゃないと……なんかこう絶対に誰もいないって安心できないと
     とてもこんなことい、言えなくて……言えなくてさ」

ξ////)ξ「あ、あのさぁブーンは……あたしのこと……どう思うかな?」

キタ――――!

ブーンの頭の中で、誰かがそう叫んだ。

(* ^ω^)「ブ、ブーンは……ツツツ、ツンのこと……」

落ち着け!落ち着くんだ!自分!

ブーンは必死に自分を叱咤する。

まさしくこの一世一代の大チャンス。
焦らず、落ち着いて、鮮やかに。
さぁ、意中のあの子に……言うんだ!

既にブーンの脳味噌はオーバーヒート寸前。
先ほど聞いた、猟奇殺人事件なぞどこ吹く風だ。

382 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 18:08:56.45 ID:frPqq1P2O
この展開は……wktk

383 :( ^ω^)ブーンはチュッパチャップスのようです:2007/03/04(日) 18:09:13.93 ID:r9k9ZqFX0
(* ^ω^)「僕は、ツンのこと……好きだと思っているお」

言った。言えた。言ってしまった。

そしてツンは、顔を真っ赤にして答えた。

ξ////)ξ「あたしも……ブーンのこと好きよ」

それを聞いた瞬間。
ブーンは視界がぐらりと揺れた。

脳味噌はこねくり回されたように混乱し、思考を止めた。
一瞬自分の脳味噌がチュッパチャップスになってしまった錯覚を覚える。

そして脳味噌の混乱は、より一層激しさを増す。

ツンが背後から抱きついてきたのだ。

(* ゚ω゚)(おおおおおおおおお、おち、おち、落ち着けぇぇぇぇぇ。
      落ち着くんだ!内藤ブーン!!!!)

そして、ツンがとどめを刺すかのように一言。

ξ////)ξ「ねぇ、あたし……やってもいいかな?」

(* ゚ω゚)「も、勿論!」

脊髄反射でブーンは答えた。

384 :( ^ω^)ブーンはチュッパチャップスのようです:2007/03/04(日) 18:10:04.39 ID:r9k9ZqFX0
ξ////)ξ「そ、そう……」

突然背後から抱きついていたツンの腕に、力が入る。

痛い。

ちょっとこれは強く抱きつきすぎなのではと、ブーンは思う。

ξ////)ξ「ねぇブーン……聞いてくれるかな……」

(; ^ω^)「な、なんだお?」

ブーンは荒々しく吼え猛る息子を必死に抑えながら聞き返す。

ξ゚ー゚)ξ「さっきの連続猟奇殺人事件の続きよ……」

(; ゚ω゚)「!!!!」

何故こんなにも甘いシチュエーションで、ツンはこんなことを聞いてくるのだろうか?
ブーンは聞き返そうとするが、何故か声が出ない。
ツンの腕により一層力がはいる。

ξ゚ー゚)ξ「二人目の犠牲者はね……全身を釘で打たれて死んじゃったの。
     まるで巨大な蚊に全身を喰われてしまったみたいに、びっしりと……」

ξ////)ξ「もちろん、脳味噌は抉り取られていたわ……
     こんどは丁寧に頭を輪切りにして、一片の残さず……
     綺麗に持ち去られていたそうよ……」

385 :( ^ω^)ブーンはチュッパチャップスのようです:2007/03/04(日) 18:11:24.95 ID:r9k9ZqFX0
ツンはブーンの体を、愛おしそうに撫でる。
相変わらずブーンは動けない。
ただただ、冷たい汗を流すのみ。

ξ////)ξ「三人目は胸を刃物で貫通されていたわ……
     肺に風穴を空けられてから二十秒は生きていたと思うわ……
     勿論脳味噌は美味しくいただいたわ……」

そしてツンはブーンの首筋を舌ですぅと舐めた。
ブーンは背中に悪寒が走った。

ツンは今なんて言った?



「肺に風穴を空けられてから二十秒は生きていたと思うわ……
 勿論脳味噌は美味しくいただいたわ……」


まるで……まるで……


事件の当事者のような物言いじゃないか……

386 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 18:11:56.82 ID:J7/3indT0
ブーン死亡フラグktkr

387 :( ^ω^)ブーンはチュッパチャップスのようです:2007/03/04(日) 18:12:31.40 ID:r9k9ZqFX0
ξ////)ξ「ねぇブーン。あたしはずっと前からブーンのこと好きだったんだよ?」

ξ////)ξ「ブーンはさっき言ったよね?
     あたし、やってもいいかな?って。
     ブーンは答えたよね? 勿論だおって」

ツンの、ブーンに対する全身の愛撫では一向に終わる気配が無い。
ツンの呼吸が乱れる。
とても興奮しているのがわかる。

(; ゚ω゚)「ツ……ツン……君は……」

ブーンは必死に声を搾り出そうとする。
しかし、それはなかなか声にならない。
擦れてしまう。

ξ////)ξ「ブーンはあたしの大好きな人だからね……
     他の人たちとは違うよ……特別なんだから……
     そうだ、釣り針を飲み込むなんてどう? きっと美味しいわよ……
     きっとブーンは吐き出しちゃうでしょうね。あ、そうだ。
     よくゲロをお好み焼きにするっていうけど、あれはどうなんでしょうね?
     試して見てもいいかな? ブーン。ねぇ聞いてる?」

(; ゚ω゚)

もうブーンは何も喋ることが出来ない。
顎がかくかくと音を鳴らして震える。
顎だけじゃない。全身の振るえが止まらない。

388 :( ^ω^)ブーンはチュッパチャップスのようです:2007/03/04(日) 18:13:16.59 ID:r9k9ZqFX0
逃げなきゃ。逃げなければ。


しかし体が動かない。
そもそもブーンの体は、ツンの腕によって戒められているのだ。

ξ////)ξ「大丈夫よブーン。
     あなたは特別だから……
     脳だけじゃなく、血まで飲んであげるわよ。
     まるで輸血みたいね。クスクス……」

ξ////)ξ「じゃぁ……いくわよ……」






389 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 18:13:56.25 ID:r9k9ZqFX0


朝の学校。
まだ人影もまばらで、小鳥の鳴き声が教室を占拠している。

('A`)「うーす」

ドクオはそんな教室に、いつものようにダルそうに入った。

まず目に飛び込んできたのはツン。
いつもの彼女は、不機嫌そうに口を尖らせているのだが、今日は違う。
微笑んでいる。

そういえば昨日ツンはブーンと塾で話していたなと、ドクオは思い出す。

('A`)「よう、機嫌良さそうだな」

ξ゚ー゚)ξ「そう?」

よく見ると、ドクオはツンが口をもごもご動かしているのに気がついた。

('A`)「なんだ?お前何かくってるのか?」

その問いに、ツンは静かに答えた。

ξ゚ー゚)ξ「ええ、チュッパチャップスよ」



おしまい

390 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 18:14:37.20 ID:r9k9ZqFX0
お題見て勢いで書いた。反省はしていない。

391 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 18:17:29.88 ID:UkyIOuivO
乙。
チュッパチャップス喰えなくなった。

392 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 18:24:39.11 ID:frPqq1P2O
乙、雰囲気出てたぜ

393 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 18:31:47.83 ID:f79aeFN+O
(;^ω^)こぇぇぇぇぇぇぇ!!!!111




乙w

394 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 18:41:24.45 ID:J7/3indT0


372の辺りから大体分かったw

395 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 18:48:11.56 ID:frPqq1P2O
( ^ω^)ブーンとハインリッヒは世界を敵に回すようです从゚∀从

( ^ω^)ブーンはピザを武器に戦うようです

内容が同じとして、どっちのが興味湧く?
ジャンルはシリアスなバトル系

396 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 18:51:19.50 ID:6/STWpu50
上のほうが新鮮

397 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 18:51:21.62 ID:qQU2B6O3O
シリアスなら上だろ

398 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 18:52:38.95 ID:70BHylKx0
ピザ使ってんのにシリアスとかねーよwwwww

399 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 18:53:06.32 ID:frPqq1P2O
やっぱ下はシリアスなぽくないよな……上にするか

400 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 18:53:37.42 ID:8/ccb0eSO
>>395
上に一票。

ついでにお題を募集したい。

401 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 18:55:00.69 ID:frPqq1P2O
>>400
寿司屋

402 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 18:55:31.91 ID:j9z0sjE00
>>398
現在進行形でトマトVSキャベツとかピーラーVSじゃがいもとか
そんな感じのシリアスバトルものを書いてる俺ガイル

403 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 18:56:20.84 ID:colcbeHo0
( ^ω^)ブーンは从゚∀从ハインリッヒを武器に世界と戦うようです

404 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 19:03:25.04 ID:8/ccb0eSO
>>401
把握。
出来れば後二つ位欲しいんだぜ

405 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 19:03:50.00 ID:+BcFGLoC0
ギャグ物が読みたい今日この頃

406 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 19:04:19.13 ID:n7xs6XXPO
( ^ω^)ブーンは从 ゚∀从ハンリッヒを武器にピザと戦うようです

407 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 19:04:37.31 ID:yDrOk0bh0
>>404
白熱灯

408 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 19:05:36.04 ID:9PUGadHQO
>>404
亀でアイスホッケー

409 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 19:10:28.64 ID:Q0l15l9wO
スレ立て代理お願いします。

スレタイ:「スレタイ:( ^ω^)ブーンは中ボスのようです」

内容はなんでもいいです。スレタイは「」内だけでお願いします。

よろしくです。

410 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 19:21:47.48 ID:8/ccb0eSO
>>407-408
把握。

411 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 19:22:42.74 ID:70BHylKx0
>>409
やってみる

412 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 19:23:52.38 ID:70BHylKx0
出来んかったすまん

413 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 19:25:55.40 ID:Q0l15l9wO
>>411
いいのです 挑戦ありがとうございます。感謝します

414 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 19:26:35.10 ID:NRg9kYkJ0
フルフル倒した記念

四人ほどでやるゲームお題募集

415 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 19:28:40.21 ID:WSoZb4XU0
>>414
大富豪


ちんこ乙

416 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 19:30:23.13 ID:zhIFzIkb0
>>414
こんがり上手に焼けましたゲーム

417 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 19:33:17.97 ID:Iiz6OylpO
>>414
青姦

418 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 19:33:33.07 ID:0dAgP428O
>>

419 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 19:34:39.73 ID:0dAgP428O
途中で書き込んでしまった。

>>414
乱交

420 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 19:38:09.49 ID:+BcFGLoC0
>>414
脱衣麻雀

421 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 19:39:26.87 ID:yDrOk0bh0
>>414
リアルおままごと

422 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 19:39:53.27 ID:NRg9kYkJ0
>>415-420
把握した
だが>>417>>419>>420は見えない


423 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 19:56:33.10 ID:zhIFzIkb0
勘違いするなよ軍曹。これはお題ではない・・・命令だよん!!

424 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 20:18:25.54 ID:NRg9kYkJ0
>>423
残念だがそのようだ。
頑張って全部入れてくるよ

425 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 20:28:38.87 ID:CdMG6znaO
我々が生きる世界とは少し違った世界がある。

その世界では魔法や魔物、悪魔、魔界等が存在している。

そしてその世界ではオパーツと呼ばれる不思議な石が存在する。

神から人類に贈り物か、又は悪魔が渡した破滅へ向かう片道切符なのか?

それは誰も知らない、知りえない。

これはちょっとした事から、巻き込まれた少年のお話。


( ^ω^)が断りきれずに世界を救う事になったようです

パッと浮かんだ設定で考えたプロローグなんだけど読みたいと思う?

426 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 20:32:56.89 ID:zhIFzIkb0
全然

427 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 20:33:03.56 ID:4dZeE8FVO
俺はそんなに

なんてーか、ありがち過ぎて

428 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 20:33:53.58 ID:t2BBayUsO
>>425
特には。

429 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 20:35:25.26 ID:wnf+AJQ70
>>425
魔法とか悪魔とか今更過ぎてそうやって並べなれても特に興味が惹かれないんだよな
まずは説明じゃなくて、物語の山場とかから入った方が面白そうに見える

430 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 20:35:39.54 ID:xMsZbZcE0
微妙。本文で、いかに惹きつけるかだろうね

431 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 20:35:52.13 ID:CdMG6znaO
やっぱパンチがないよな
俺もありがちかな?て気はした
トンクス

432 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 20:37:52.66 ID:SfhpggXd0
そういうありがちな設定だと、bctmみたいな貫きっぷりが無いと黒歴史になるぞ。
うん。

433 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 20:40:04.42 ID:wnf+AJQ70
btcmと言えば…
自分が書いてるのも指輪が元で能力が出るんだよな
これだと被りすぎだから変えた方が良いかな

434 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 20:40:33.10 ID:tvuSO2rc0
小説とかマンガでも、結構厨設定多いよな

でも、おもしろい

435 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 20:41:40.58 ID:colcbeHo0
>>433
指輪と似たようなもので指サックなんてどうよ

436 :鎖算能登リビア:2007/03/04(日) 20:42:18.76 ID:Mr8xcY9Q0
萌える要素が必要だ。

437 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 20:43:27.15 ID:SfhpggXd0
>>434
某聖杯物語も設定だけ聞くと厨。

それにちょっとしたスパイスを加えると驚くほど熱い作品が出来上がる。
厨設定嫌いな人は嫌うだろうけど

438 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 20:43:50.15 ID:CdMG6znaO
俺これ以上黒歴史増やしてどうすんだろ…
さっき投下した奴も設定的にオーパツってのは腕輪やネックレスの類いだしなぁ…


439 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 20:46:51.34 ID:wnf+AJQ70
>>435
まぁ別に輪状のそれがあれば指輪でもネックレスでも良いんだけど…

440 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 20:47:17.94 ID:4dZeE8FVO
設定は大切だけどな、一番大切なのは設定じゃねえぞ

441 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 20:47:19.51 ID:3QGOs59K0
文房具とか斬新じゃね

442 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 20:48:34.47 ID:yDrOk0bh0
>>441
GGG思い出した
光になれえええぇぇぇ!!

443 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 20:49:02.81 ID:llhShu8iO
'/■\
(´∀`)「ワショーイ」


http://imepita.jp/20070304/747590

444 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 20:50:27.14 ID:Iiz6OylpO
>>439
ヘアゴム
フラフープ
シャンプーハット
友達の輪

445 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 20:51:03.86 ID:tvuSO2rc0
台詞回しがうまいとかっこよく感じる

446 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 20:51:05.12 ID:6/STWpu50
<ヽ`∀´>ニダーがハングルを武器に戦うようです

447 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 20:52:46.95 ID:3QGOs59K0
よし、じゃあ以上の事を踏まえて俺にお題をくれ

448 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 20:54:12.23 ID:zhIFzIkb0
>>447
Gウイルス

449 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 20:54:42.34 ID:pwANszwNO
>>447
吸血鬼

450 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 20:55:20.51 ID:qQU2B6O3O
>>447
オニギリが輪になって、装備すると特殊能力が使えるようになる

451 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 20:55:26.05 ID:7RjtEclqO
>>447
ライトニング

452 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 20:55:51.85 ID:Q0l15l9wO
このタイミングで>>409をやってくれる漢はいませんか

453 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 20:55:55.04 ID:UkyIOuivO
>>447
マッチョ一枚5000円

454 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 20:56:01.52 ID:CdMG6znaO

我々が生きる世界とは少し違った世界がある。

その世界では三角定規や定規、鉛筆、万年筆等が存在している。

そしてその世界ではシャーペンと呼ばれる不思議な筆が存在する。

上の部分を押せば芯が出る。

神から人類に贈り物か、又は悪魔が渡した勉強机へ向かう片道切符なのか?

それは誰も知らない、知りえない。

これはちょっとした事から、巻き込まれた少年のお話。


( ^ω^)が断りきれずにボールペンを救う事になったようです

近日公開しない!!!!!

455 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 20:57:50.68 ID:XAMO4Drr0
>>452
http://wwwww.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1173009427/

456 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 20:58:24.23 ID:k+FUihJIO
>>454 
滅茶苦茶読みたくなったwwwww

457 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 20:58:41.23 ID:3QGOs59K0
>>448-451
>>453
よーし、何を踏まえたかは解らんが把握したんだぜ!

458 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 20:58:47.68 ID:4dZeE8FVO
>>454
すごく我々が生きる世界だな

459 :328:2007/03/04(日) 21:00:21.31 ID:rUyzpj4v0
懐かしさで考えてきた
勢いで書いたものだが投下おk?

460 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 21:00:53.27 ID:yDrOk0bh0
>>459
>>2

461 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 21:01:37.93 ID:qQU2B6O3O
>>459
ダメって言ったらどうry

462 :懐かしさ:2007/03/04(日) 21:04:00.90 ID:rUyzpj4v0
つい最近、引越しをすることになって身の回りの整理をし始めた。

荷物をまとめていると痛んだ中学時の制服を発見した。



もう中学を卒業してから数年たつがそのときの記憶が鮮明によみがえってきた



いろんな友人と馬鹿をやった日々、体育祭などの行事でも馬鹿をやったこと。



そんなことを考えているうちにいてもたってもいられなくなった。



('A`)「たまにはあそこにいってみるか…。」



そして荷物をまとめていたのも忘れ、自転車に乗り目的地へと足を動かしていた。



463 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 21:04:05.15 ID:Q0l15l9wO
>>455
すごく……優しいです……ありがとう……ございます……

464 :懐かしさ:2007/03/04(日) 21:07:47.40 ID:rUyzpj4v0
30分ぐらいこいだだろうか。

懐かしい建物が見えてきた。

「公立 VIP中学校」

自転車を駐輪場に止め、正門へと向かう。

心なしか建物が少し古く見えた。

正門の前まで来た

そのとき、懐かしい顔が見えた。


( ^ω^)「おいすー。」

何気もなく挨拶してきたこいつは内藤という。 

あだ名はブーン。なぜそう呼ばれだしたのかも覚えていないぐらい昔から呼ばれていた。

やつとは小学校から高校まで一緒だった。

しかもなぜか高校卒業後も週4は会うという始末、腐れ縁というやつか。

まあ説明はこのくらいにして、なぜこいつと同じ日、時間、場所で出くわすんだ。


465 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 21:07:52.98 ID:3S++GCzM0
誰かスレ立て代理を頼みたいです

スレタイ:( ^ω^)ブーンと川 ゚ -゚)クーは抗い護るようです
>>1の内容:何でもどうぞ

御願いします

466 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 21:09:24.85 ID:SfhpggXd0
>>465
やってみる

467 :懐かしさ:2007/03/04(日) 21:10:42.17 ID:rUyzpj4v0
(‘A`)「どうしてここにきたんだ?」

( ^ω^)「急に懐かしくなったんで来てみたんだお。ドクオこそなんで来たんだお?」

以心伝心か。

('A`)「まあ俺も同じようなものだな。ちょっと引越しの支度してて制服見つけて、来たくなったから来た。」

( ^ω^)「よくわからないお。」

(‘A`)「要するにお前と同じようなものだ。」

( ^ω^)「そういえば、みんな呼んでみたんだお。」

全くいつものように話の展開がはy…え?今なんて言った?

(‘A`)「…ブーン、今なんて言った?」

ブーンは即座に

( ^ω^)「だから、みんな呼んでみたんだお。」

こいつのいうみんなとはきっと中学時代いつも一緒にいた6人だろう。一応確認を取ってみる。

(‘A`)「まさかあの6人か?」

( ^ω^)「その通りっ。」

意外に児玉似てて噴出しそうになった。

468 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 21:11:18.45 ID:SfhpggXd0
>>465
できた
http://wwwww.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1173010225/

469 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 21:11:42.78 ID:3S++GCzM0
>>468
ありがとうございます

470 :懐かしさ:2007/03/04(日) 21:13:18.19 ID:rUyzpj4v0
(‘A`)「何時ごろ来るんだ?」

( ^ω^)「もうみんないるお。」

もういる…?それならいるなら早くいってくれ。

( ^ω^)「ドクオも一緒に来るかお?」

(‘A`)「何言ってんだ、当たり前だろうがw」

こうして6人と合流することになった。

その6人の紹介は、また後ほどにしようか。

471 :懐かしさ:2007/03/04(日) 21:17:02.76 ID:rUyzpj4v0
俺が来た正門とは反対側の南門に6人はいた。


ξ゚听)ξ「どうしたのブーン、遅かったじゃない?」

( ^ω^)「正門でドクオにあったんだお、で連れてきたお。」

今ブーンとはなしてたのはツン、ブーンとは幼馴染らしい。

('A`)「よぉ、久しぶり。」

ξ゚听)ξ「あら、なんか随分逞しい顔つきになってるじゃない。」

('A`)「そりゃ工事現場だもんな、いやでもそうなるわ。」

言い忘れたが俺は工事現場で働いている。

決してDQNの類ではない、建設業に興味があったからやってみただけだ。


472 :懐かしさ:2007/03/04(日) 21:18:01.03 ID:rUyzpj4v0
川 ゚ -゚)「しかし顔は逞しくなってもバカ面は変わらないようだな。」

( ^ω^)「バカ面ktkrwwwwwww」

いまさらりとひどいことを言ってのけたのがクー。

無表情であまり喋るほうではないが、仲はよかった。


(;'A`)「バカ面はひどくないか…。久しぶりに会ったんだぞ。」

川 ゚ー゚)「ふっ、冗談だ。」

どうがんばっても冗談に聞こえません。

473 :懐かしさ:2007/03/04(日) 21:21:33.80 ID:rUyzpj4v0
しかしさっきからカタカタカタカタうるさいな…。

その音のするほうを向いてみると、似たような顔の二人がいた。

俺はパソコンをカタカタ打っているほうに目をやった。

( ´_ゝ`)「おk、ドクオの視線GET」

(´<_` )「勘違いにもほどがあるぞ兄者」

ああ、さっきからパソコンいじってたのはこいつらか。

こいつらは流石兄弟。見てわかるとおり双子だ。

上のほう名前が兄者 下のほう名前は弟者。

そして弟のほうがしっかりしてるのは仕様だ。



474 :懐かしさ:2007/03/04(日) 21:22:54.42 ID:rUyzpj4v0
しかしこいつは何やってるんだ。

('A`)「昼間からパソコン持ち歩いて何やってるんだ?」

( ´_ゝ`)「実はな、フォルダの整理してるんだ。…どれどれ「弟者の秘密」?なんだこれは。」

(´<_` )「待て!兄者待て!時に落ち着け!」

('A`)「お前が落ち着け。」

そんなわかりやすい名前をつけるなアホ。

しかしこいつらを見てると退屈しないな、それにパソコン共有してたのか。

475 :懐かしさ:2007/03/04(日) 21:28:38.02 ID:rUyzpj4v0
川 ゜ -゜)「全く、見られたくないならもっと深くに隠せ。私のように。」

('A`)「全くだな、ていうか私のようにって…?」

川 ゜ -゜)「ああ、気にするな。」

気になりますよ、普通。

そのとき、うしろから優しい声がした。

(´・ω・`)「やぁ ドクオ。」

こいつはショボンだ、成績優秀、運動神経も良い、おまけに顔まで良いというまさに神に愛された男だ。

何でこんな癖の強いメンバーの中にこいつがいるか?

ショボンと俺は幼馴染だったりするわけだ、その関係でここにいる。しかしやつも意外に癖が強い。

(´・ω・`)「久々だけどドクオ、や ら な い か ?」

('A`)「だが断る」

ksmsが趣味なのかと思ってしまうような内容だ。

まあ俺たちの前でしかいわないからいいんだが。



476 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 21:44:20.73 ID:7RjtEclqO
さるさんか

477 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 21:44:40.16 ID:N8QA+8sn0
自己管理できてないクーキター

478 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 21:56:10.72 ID:Afv1hjSEO
戦い護るがbtcmなら抗い護るはbcamか

479 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 21:58:49.39 ID:l03ye5a70
「戦護」「抗護」といってる俺は確実にマイノリティ

480 :懐かしさ:2007/03/04(日) 21:58:55.51 ID:rUyzpj4v0
( ^ω^)「今日は僕が受け側だお!」

(´・ω・`)「言ったね?じゃあ遠慮なく…。」

(  ゜ω゜)「アッーーーーーー!!!!!」



('A`)「真昼間から何やってんだお前ら。」

川 ゚ -゚)「ジーッ…。パシャッ。」

ξ゚听)ξ「ちょっと、クー。私のカメラで撮らないでよ!」

( ´_ゝ`)「しかもインスタントだからすぐ写真が出てくるな。」

(´<_` )「補足説明流石だな、兄者。」

中学校のときは一年のころからこいつらとクラスが同じだった。

最初は4人ずつだった、ブーン、俺、ショボン、ツン。 そして流石兄弟、クー、あいつだ。

481 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 22:00:34.38 ID:frPqq1P2O
読み方はぶっかむ?

482 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 22:04:19.67 ID:j9z0sjE00
抗い護るのスレってVIPでたってる?
一度も見かけたことが無いんだが
検索してるわけじゃないからアレだけども

483 :懐かしさ:2007/03/04(日) 22:06:54.88 ID:rUyzpj4v0
( ・∀・)「Who are you?」

いきなり英語で話しかけてきたこいつはモララー。

ショボンもあれだが、こいつもあれだ。

('A`)「I'm Dokuo」

( ・∀・)「ここは日本だぞドクオ、非国民なのか?」

とりあえず一発殴っておいた。

(♯)・∀・)b「ナイスなパンチだ、それでこそ私が認めた唯一のドクオだ。」

('A`)「ドクオは俺だけで十分だっての。」

どうしようもない会話だがそれが楽しくもある。

484 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 22:06:55.52 ID:frPqq1P2O
>>482
今すぐ検索してみろ

485 :懐かしさ:2007/03/04(日) 22:12:33.58 ID:rUyzpj4v0
俺はなぜかこいつとは気が合う。

中学入って、ほかの学校で初めて話しかけたのもこいつだ。

というか話しかけてきたのがこいつだ。



自己紹介中に( ・∀・)「貴様は私の追い求めていた人材だ!!!」

とかいって飛びついてきて以来の中だ。

ちなみに何の人材だったかはわからない。

そのことを聞いても「なんのことだ?」と答える。

本当に忘れてしまったようだ。

しかし見た目はアホでも(中身もだが)

学年で一番頭が良かったというギャップ(ちなみに2番目はクー、3番目がショボン)

これほどの秀才が集まるグループもほかにないだろう。



486 :懐かしさ:2007/03/04(日) 22:15:53.10 ID:rUyzpj4v0
ちなみにこいつらとは3年間クラスが同じだったという奇跡。

ちなみに担任も同じだった。

どう考えてもその担任に好かれていたとしか思えない。

確か担任は…。( ゚д゚ )こんな顔してたやつだな。


( ^ω^)「久しぶりにみんなそろったんで、どっか行くお!」

川 ゚ -゚)「面白そうだな。賛成する。」

ξ゚听)ξ「じゃあどこ行くー?カラオケ以外ならいいわよ。」

(;^ω^)(歌が下手なのかお…はじめて知ったお…)

( ´_ゝ`)「じゃあボーリングでも行くか。」

(´<_` )「まともな意見を出すとはどうした兄者。」

( ´_ゝ`)(普通に意見出しただけなのに…悔しいビクッビクッ)

( ・∀・)「じゃあボーリング行くか。」

川 ゚ -゚)^ω^)゚听)ξ「さんせー!」

487 :懐かしさ:2007/03/04(日) 22:21:22.35 ID:rUyzpj4v0
という次第で楽しい時間は瞬く間に過ぎていった。

ボーリングの結果は自慢じゃないが2位だ。スコアは201。

一位はモララー、スコアは270。勝てるわけがない。



そしてファミレスに行き思い出について語り合っていた。



(´<_` )「修学旅行のとき兄者が夜に女子の部屋で教師軍に捕まったときは大変だったな。」

ξ゚听)ξ「あれでしょ?名前聞かれて必死に「弟者です!」って言ってたやつでしょ?」

('∀`)「あのときは弟者が…ねーよと思ったが。兄者情けなかったなwww起きた弟者に思いっきり殴られて泣いてんのwwww」

(´<_` )「イメージが崩れるといけないからな。」

( ´_ゝ`)「でもグーはないだろう…。痛かったぞ。骨が折れたぞ。」

(´<_` )「うるさい軟体動物。」

( ´_ゝ`)(俺はタコじゃないんだぞ…。でもタコ美味いからいいかも…あー、でも…)

( ・∀・)「兄者がなんか真剣に考え始めたぞ」

( ^ω^)「いつものことだお。」


488 :懐かしさ:2007/03/04(日) 22:27:03.73 ID:rUyzpj4v0
思い出を語り合ってから数時間がたってしまった…。

時がたつのは早いな。

俺は気になったことを口に出した。

('A`)「ところで、みんな今何やってんだ?仕事。」

( ^ω^)「ブーンは大学通ってるんだお!がんばって弁護士になるんだお!」

( ´_ゝ`)「ブーンは弁護士が夢だったか。意外だな。」

( ^ω^)「そういう兄者は何をやってるんだお?」

( ´_ゝ`)「んー、あれだな、大学中退して会社建ち上げた。流石コンチェルン。」

(´<_` )「まだそこまでいかないだろう、流石株式会社だ。それにコンツェルンだ、兄者。」

ξ゚听)ξ「ていうことは…21で社長?すごくない?資金はどうしたの?」

(´<_` )「二人ともせっせと昔からバイトして金貯めてたからな。時には危ないときもあったが。」

('A`)^ω^)・∀・)「kwsk!」

( ´_ゝ`)「いや、これはまた今度にしておこう。」



489 :懐かしさ:2007/03/04(日) 22:33:07.99 ID:rUyzpj4v0
('A`)「クーはなにやってんだ?」

川 ゚ -゚)「私?私は都心の一企業に勤めてるよ。」

('A`)「案外普通だな…。」

川 ゚ -゚)「あとは道場やってるな、空手の。」

(;'A`)(怒らせたら殺されてたかもな。)

490 :懐かしさ:2007/03/04(日) 22:36:23.99 ID:rUyzpj4v0
ξ゚听)ξ「モララーはなにやってんの?」

( ・∀・)「ん?俺か?流石のところで働きながら、ファッションデザイナーやってる。」

川 ゚ -゚)「道理でお洒落になったとおもったよ。」

( ・∀・)「なんかそういうセンスはあるらしくてな、ははは。」

('A`)「うらやましいんだよこのやろう。」

( ・∀・)「はっ、ゴミ虫が粋がるな。皇帝を崇めろドクオ。」

今度はボディブローを一発と平手を一発やっておいた。

(♯)・∀・)b「君なら世界を狙えるよ!一緒に飛び立とうじゃないか!」

('A`)「やかましい。」 

491 :懐かしさ:2007/03/04(日) 22:38:53.15 ID:rUyzpj4v0
('A`)「ショボンはなにやってるんだっけ?」

(´・ω・`)「ぼくはバーを開いたんだ。「バーボンハウス」っていうバーだけど、今度みんなでおいでよ。サービスするよ?」

川 ゚ -゚)「バーとはなかなか粋じゃないか。」

( ^ω^)「サービスがくそみそじゃないのかお…」

(´・ω・`)「ブーン、ちょっとこっちにおいで。」

(  ゜ω゜)「アッー!!!!!!!!!!!」

492 :懐かしさ:2007/03/04(日) 22:40:00.84 ID:rUyzpj4v0
川 ゜ -゜)「ところで、ツンは何か仕事をやってるか?」

ξ゚听)ξ「私は…料理学校に通ってる。」

( ^ω^)「ツンはブーンのために美味しい料理をつくろうとがんばってるんだお!」

いつの間にかえってきてるんだこいつ。

ξ////)ξ「べ、別にそんなつもりじゃないんだからね!ただ料理が下手なのが気になるだけなんだからね!」

川 ゚ -゚)'A`)´_ゝ`)・∀・)「はいはいツンデレツンデレ。」



そういえばこの二人は高校のときから付き合ってるんだった。

ブーンが安定した収入を得られるようになれば結婚するんだろう。

二人とも親友なだけにその二人の仲がいいと、微笑ましくなってくる。

493 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 22:41:07.39 ID:jpK5Hq5B0
クーが川 ゜ -゜)だったり川 ゚ -゚)だったりするのはなぜなんだぜ?

494 :懐かしさ:2007/03/04(日) 22:42:25.80 ID:rUyzpj4v0
( ・∀・)「そういえばドクオ、彼女とかいないの?」

(;'A`)「ブフォッくぁwせdrftgyふじこlp;@:」

飲んでいたジンジャエールを吹き出してしまった。

ブーンの顔面にクリーンヒット、ざまあみろ。

( ^ω^)「ドクオ汚いお!」

('A`)「俺に文句を言うな、モララーにいえ。」

( ・∀・)「今の反応は…いないんだね?」

(;'A`)「そうですよどうせ万年童貞野郎ですよ。」

川 ゚ -゚)「じゃあその童貞は私がもらおうか。」

またジンジャエールを吹き出した。

495 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 22:51:41.04 ID:n7xs6XXPO
川 ゜ -゜)のクーは奇形っぽいから嫌い

496 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 22:55:09.63 ID:pwANszwNO
奇形というよりピザ

497 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 22:55:15.04 ID:Iiz6OylpO
>>495
川 ゚゚゚゚゚∀゚゚゚゚゚)

498 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 23:01:40.06 ID:7RjtEclqO
>>497
(;'A`)「よ、寄るなぁ化物! ブーン助けてくれ!」

499 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 23:02:50.66 ID:Iiz6OylpO
>>498
( ^ω^)

( ^^)

( ^^ω)

500 :懐かしさ:2007/03/04(日) 23:03:22.44 ID:rUyzpj4v0
ξ;゚听)ξ;^ω^);´_ゝ`);・∀・);´・ω・);'A`)「今なんと!!!????」

川 ゚ -゚)「バカ、冗談だよ。」

ちょっと悲しそうな顔をしてたのは気のせいだよな…?

ξ゚听)ξ「クーは冗談なのか本気なのかわからないんだからw」

川 ゚ -゚)「私はいつでも本気だが。」

(;'A`)「どう考えても矛盾してます、本当に(ry」

>>493 >>495
最初ワードで大体の形かいて、サイズがずれてしまったという次第です。
そこらへんは見逃してください 

不快に思ってる方は申し訳ありません

501 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 23:03:33.91 ID:ox88BNwXO
ξ^ω^)ξツーンのようです

502 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 23:04:01.73 ID:n7xs6XXPO
>>497
きめぇ

503 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 23:05:07.05 ID:9PUGadHQO
携帯でクーを作ると
川 ゜ -゜)どうしてもこうなってしまうな

504 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 23:06:06.53 ID:di3IrFxZ0

川 ^ω^)ノシ

505 :懐かしさ:2007/03/04(日) 23:06:33.47 ID:rUyzpj4v0
気づけばあたりも真っ暗になっていた。

('A`)「やべ、もうこんな時間か。」

( ^ω^)「明日仕事かお?土曜だお?」

('A`)「俺に土曜はない、その代わり月曜が休みだ。」

( ^ω^)「じゃあそろそろみんな引き上げるかお。」

( ´_ゝ`)「日曜までに仕上げなければならないものもあるしな。では弟者、先に失礼するか。」

(´<_` )「把握した。じゃあまた今度な。」

('A`)「あ、二人とも待ってくれよ。アドレスと電話番号だけ俺に教えてってくれ、携帯壊れたんだ。」

( ´_ゝ`)(´<_` )「把握した。ではお先に失礼。」

506 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 23:08:26.59 ID:XaxLKXTF0
川 ゚ -゚)

携帯で打ったクーをコピペしてみた。
反省はしてない。

507 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 23:08:54.61 ID:pwANszwNO
>>503
半角でパ
そしてハだけ消す

508 :懐かしさ:2007/03/04(日) 23:10:02.11 ID:rUyzpj4v0
そういって流石兄弟は誰かに電話をかけた。

数分後なんか豪勢なリムジンが来た。

ξ;゜凵K)ξ「もう立派な社長さんよね…恐るべし流石の底力。」

( ´_ゝ`)「褒めても何もでないぞツン。」

(´<_` )「じゃあまたな、お前ら。」

そういって二人はリムジンに乗り込んで行ってしまった。



川 ゚ -゚)「じゃあ私も帰るかな。」

(´・ω・`)「じゃあ僕も一緒に帰ろうかな。同じマンションだし。」


( ^ω^)ノシ「ばいぶー。今度バーボンハウスみんなで行くお!」

(´・ω・`)「楽しみにしてるよ、それじゃあね。」

川 ゚ -゚)「暇があったら私の道場にも来てくれ。私が相手をする。」

(;^ω^);'A`)「遠慮しておきます!」

川 ゚ -゚)ノシ「じゃあまたな。」

ξ゚听)ξノシ「またねー。」

509 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 23:11:32.38 ID:Iiz6OylpO
川 ゚ -゚)



川 ゚ -゚)q



川 ゚ -゚>q ムニュン



川*゚ -゚>q

510 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 23:13:29.64 ID:n7xs6XXPO
川゚-゚)はチビ
川 ゚ -゚)はピザ

いい所ねーなwwww

511 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 23:13:42.46 ID:pwANszwNO
>>509
萌えた

512 :懐かしさ:2007/03/04(日) 23:14:12.53 ID:rUyzpj4v0
ショボンとクーはタクシーをひろって帰った。

俺たち三人はその三人の姿が見えなくなるまで手を振っていた。

( ^ω^)「じゃあ僕たちも帰るお!」

ξ゚听)ξ「そうね、じゃあドクオ、また今度会おうね。

('A`)「おう、二人とも仲良くやれよ。」

(*^ω^)「おっおっwww当たり前だおwww」

ξ////)ξ「ば、バカ!なに言ってんの!!」

('A`) ^ω^)「ツンデレ乙。」

そして二人は車に乗り込んだ。

俺は二人の車が見えなくなるまで思いっきり手を振った。


513 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 23:15:24.49 ID:n7xs6XXPO
川 ゚ -゚>q
川ヽ゚ -゚>
<ヽ゚ -゚>

514 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 23:15:47.50 ID:Iiz6OylpO
ミ ,,゚Д゚彡



ミ ,,゚Д゚彡q



ミ ,,゚Д゚) 彡q バサッ



ミ;;;,,゚Д゚) 彡q

515 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 23:16:40.53 ID:tST7vOnK0
川 ゚ー゚)
川 ゚ ー゚)

516 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 23:18:52.84 ID:Iiz6OylpO
川 ゚ -゚)


川 ゚ _゚)


川 ゚_゚)


川 '_`)


川 ~_~)


川 ゚ -゚>q 痛い 夢か

517 :懐かしさ:2007/03/04(日) 23:19:24.00 ID:rUyzpj4v0
あの二人の姿が見えなくなってから一息ついた。

そして近くの店でタバコを買い、口にくわえ火をつける。

('A`)y-~~「俺も大人になったのかね…?」

今日のことで鮮明に思い出された今より若かったころの記憶。

そしてあのまわりを気にしなくてすんだ時期。

今の自分には無くなってしまったものはその無邪気さだろう。

昔のようになりたくてつぶやいた言葉はこうだった。

('A`)y-「また…あいつらとバカ騒ぎやりたいな…。」

終わり

518 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 23:19:29.78 ID:7RjtEclqO
川 ゚ ー゚)
川 ゚ ー゚)
クーの笑い顔ってどっちが好き?

519 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 23:20:16.68 ID:colcbeHo0
下。

上はピザ

520 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 23:20:36.72 ID:n7xs6XXPO
川 > _<)=☆

521 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 23:21:12.58 ID:3QGOs59K0
 (*゚ー゚)


p(*゚ー゚)q


p<*゚ー゚>q


∩<*゚ー゚>∩

 <*⊃ー⊂>


∩<*`ー´>∩


 <∩`ー´>


 <ヽ`ー´>


 <ヽ`∀´>

522 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 23:21:44.87 ID:Qynw6uslO
>>518
川 ゚ー゚)
こんな感じで

523 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 23:21:53.50 ID:Iiz6OylpO
>>518
川 ゚ー゚)

524 :懐かしさ:2007/03/04(日) 23:22:00.64 ID:rUyzpj4v0
すこしさるさんに引っかかり長くなりました。
読んでくださった方はありがとうございます。

何か感想があればお願いします。

525 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 23:22:40.07 ID:bmNYESJT0
http://wwwww.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1173014827/
一人一行でオリジナル小説を作ってみませんか?
正直過疎って困ってますので人員募集(´・ω・`)
興味を持った方はよろしくお願いします

526 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 23:24:48.38 ID:1R75teW/O
何かお題ちょうだい

なるべくシンプルに

527 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 23:25:49.05 ID:qNsNxNJRO
川*゚ヮ゚)

528 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 23:25:53.38 ID:3QGOs59K0
>>526
アナリスト

529 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 23:26:14.78 ID:pwANszwNO
>>526
ローション

530 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 23:26:43.25 ID:colcbeHo0
>>526
ながい

531 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 23:28:34.66 ID:Iiz6OylpO
>>526
J( 'ー`)し「先生おしっこ」

532 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 23:29:00.01 ID:qNsNxNJRO
>>526
初体験

533 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 23:29:02.47 ID:1R75teW/O
良い忘れた
ギャグとかエロの気分じゃないからそれ以外の方向で

534 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 23:30:07.88 ID:6/STWpu50
>>533
傲慢

535 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 23:31:11.54 ID:1R75teW/O
>>533

良い→言い

投下の以前に誤字か……俺orz

536 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 23:31:21.04 ID:yDrOk0bh0
>>533
自己解釈

537 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 23:31:57.13 ID:Iiz6OylpO
>>533
J( 'ー`)し「私はあんたを産んだことを誇りに想ってる……だから……自分を責めるのはもうやめておくれ……カーチャンは……苦しんでるあんたを見てるのが辛いよ……」

538 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 23:37:29.93 ID:WSoZb4XU0
>>524
おつう
クーとドクオが、もっとくっついて欲しかったな


あと会話分の最後の「〜。」は、。イラン 「〜」でおk

539 :ちょいと真面目に批評:2007/03/04(日) 23:38:53.21 ID:n7xs6XXPO
>>524
おk、読んできた。
ほぼ会話のみでの構成特有の読みやすさ、軽さは良い。
雰囲気はラストで一気にノスタルジックな気分にさせるのが好印象。
だが何を伝えたいのかがイマイチ分からなかった。
懐かしさの中にもう一つ程度のテーマをさり気なく組み込んだら
もっと面白いかも。乙

540 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 23:44:04.12 ID:rUyzpj4v0
>>538 >>539
感想d

また何回も書いてって精進したいと思います

読んでいただきありがとうございました。

541 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 23:49:27.26 ID:WSoZb4XU0
>>540
せっかくのいいネタなんだ。

今よりもっと印象付けられるような文体に化けることを祈ってるぜ

542 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 23:51:49.55 ID:9PUGadHQO
>>507
んや、メル作成文だと半角カナが出来ないんだ('A`)
…機種にもよるのかな。

543 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 23:54:34.82 ID:n7xs6XXPO
>>542
よう、俺

544 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 23:55:26.81 ID:7RjtEclqO
>>542
メモ帳は?

545 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 23:57:14.75 ID:0RVzU5+ZO
auはメールで半角カナ使えないんだよな

546 :愛のVIP戦士:2007/03/04(日) 23:58:46.90 ID:n7xs6XXPO
俺のメモ帳は1000文字しか書けないのが10個
半角使えるけど、これじゃ全然足りない。


547 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 00:00:43.08 ID:gDeN7QsrO
miniSDを使え

548 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 00:01:17.03 ID:FkZub4gGO
auのkyoceraなんだが、ってメモ帳があったか!いけたいけた!!
>>544愛してる

549 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 00:03:14.56 ID:HMC0GlujO
メモ帳50個の俺は勝ち組

550 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 00:04:09.76 ID:ZRl5UIn5O
>>547
そんな面倒い事するくらいならメールフォルダ使う

551 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 00:06:38.94 ID:eU2KTHpFO
どなたか代理をお願い致します。

スレタイ:('A`)はエロゲ的展開日常的戸惑うようです
本文:代理

552 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 00:07:33.76 ID:gDeN7QsrO
>>550

553 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 00:08:06.21 ID:G2CVieNo0
>>551
なんかスレタイおかしくない?
それでいいなら立ててくるが

554 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 00:09:49.25 ID:FkZub4gGO
あ、そっか。書き込み時に呼び出しでメモ帳使えばいいのか……
一々コピペして、顔文字直してたんだぜ

あー、なんだか気持ちいいwwwwww

555 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 00:09:51.98 ID:eU2KTHpFO
>>553
うわ恥ずかしい
訂正致します

スレタイ:('A`)はエロゲ的展開に戸惑うようです

お願いします

556 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 00:10:51.52 ID:lEZaPWAQ0
き、規制解けた……ふう

557 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 00:12:57.26 ID:G2CVieNo0
>>555
http://wwwww.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1173021142/

558 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 00:13:56.72 ID:eU2KTHpFO
>>557
代理ありがとうございます。ご指摘の方も感謝致します

559 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 00:37:22.34 ID:w9KYyaJZ0
やっと一話分というかタイトルが理解できる部分まで書き溜めできたぜ記念

地の文長くなっちまうのどうにかしないとな…

560 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 00:38:00.70 ID:uUyZJnYhO
初めての小説書き始めた。長編になる予定なのに、ちょっと書いたらすぐさらしたくなっちゃうや。うー我慢我慢。

561 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 00:52:20.58 ID:8TjAf8vhO
( ,,゚Д゚)と(*゚ー゚)の練習したい

というわけでお題募集

562 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 00:53:58.64 ID:ZRl5UIn5O
ヤンキーカップル

563 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 00:54:05.14 ID:YLVqPrtW0
>>561
死闘

564 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 00:54:28.57 ID:YLVqPrtW0
なんというマッチ具合

565 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 00:54:52.60 ID:v8hl+BtVO
>>561
ハンマーチャンス

566 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 01:00:16.23 ID:8TjAf8vhO
>>562-565
把握

567 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 01:04:01.28 ID:eJyR6GKa0
( ゚-゚)( ゚ー゚)


             ( ゚-゚ )

568 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 01:06:01.84 ID:sTHRDlkc0
http://booooonovel.web.fc2.com/


前々スレ、前スレ短編更新しました。
作者の皆様乙であります。


カオス系増えた?('A`)

569 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 01:07:13.22 ID:v8hl+BtVO
>>568


570 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 01:11:19.36 ID:HeF/37n/0
>>568
乙であります

571 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 01:12:46.04 ID:sTHRDlkc0
2月の短編作品は131作品でした。


3月も頑張って行きましょう!

572 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 01:19:46.20 ID:emzXkl0l0
>>571
激しく乙です!
まとめてみるとすごい数なんだなぁ

573 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 01:24:45.17 ID:qXFqgMAuO
まとめの人、乙

574 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 01:30:16.18 ID:emzXkl0l0
作品投下中のレスとかネタも一緒にまとめてくれてるんだな
芸が細かいぜ

575 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 02:21:12.88 ID:qXFqgMAuO


576 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 03:29:53.94 ID:N9rwqHo3O
もっと速筆になりたいわ

577 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 03:33:00.62 ID:EnTeOQt7O
>>576
練習しようぜ

578 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 03:44:17.76 ID:N9rwqHo3O
>>577
たくさんの作品を書くってこと?

579 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 03:49:25.98 ID:EnTeOQt7O
>>578
その通り

580 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 03:59:44.00 ID:N9rwqHo3O
>>579
短編ですら、書くのに時間かかり過ぎて練習になりません><
まぁ、気長に頑張るよ

581 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 04:02:46.28 ID:6WPdcXtR0
スピードよりはクオリティ

582 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 05:38:10.94 ID:khfR993EO
('、`*川
川⊂('、`*) バッ

川 ゚ ー゚)
( ゚ ー゚)つ川 バッ

((( ゚ ー゚)つ川 ( ゚д゚ )? 川⊂('、`*)))

川д川 ……

( ゚ ー゚)b d('、`*)「流石だな私達」

583 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 06:21:50.52 ID:khfR993EO
(*゚ー゚)
(*⊃⊂)ゴシゴシ

(*゚∀゚)
( ゚∀゚)つ*

( ゚∀゚)つ_
  _
( ゚∀゚) おっぱい!おっぱい!

584 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 06:44:34.73 ID:OQddkIZEO
スレ立て代理お願いします

スレタイ:「スレタイ:( ^ω^)ブーンは中ボスのようです」

内容はなんでもいいです。スレタイは「」の中だけで。

よろしくお願いします。

585 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 06:44:53.68 ID:k0H7jyTpO
ちょっと頼みがある。
ポニーテール、もしくはそれに類した髪型のクーのAAが欲しいんだが…。

586 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 06:53:23.99 ID:WlBZ8//J0
>>584
最近VIP見てなかったからどこまで空気読めばいいのか知らないけど、
「スレタイ:」も含めていいのか?

587 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 06:57:55.31 ID:OQddkIZEO
>>586
はい。お願いします。
VIPノリとかではないので、やってくれればありがたいです。

588 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 07:05:24.04 ID:WlBZ8//J0
>>587
http://wwwww.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1173045801/l50

立てたぜ。
ちなみに俺は>>585だ。 つまり、礼はクーのポニテAAでいい。
適当でもいいからなんか考えてくれw

589 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 07:11:19.52 ID:OQddkIZEO
>>588
ちょwwww本文テライミフwwwww
ありがとうございます。感謝しきれません。

∬ ゚ -゚)(゚- ゚ノハル
もう無理だ 12時間後ぐらいに聞けば鬼才が来るかもしれないぜ

590 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 07:16:39.86 ID:WlBZ8//J0
>>589
ありがとよw

(゚- ゚ノハル
これいいな。もう一歩ってかんじだ
色々試してみるわ

591 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 07:48:27.43 ID:EnTeOQt7O
(゚- ゚リ"ハ
∬"レ゚ -゚)

592 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 07:53:25.99 ID:FkZub4gGO
(゚- ゚ リ゚レ

難しいな

593 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 07:53:29.79 ID:WlBZ8//J0
∬"レ゚ -゚)
これかわいいな

∬ルリ゚ -゚从

難しいな

594 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 07:59:43.60 ID:FkZub4gGO
@@@
@ ゚ -゚) 思い切ってみたんだが、どうだろう。

595 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 08:01:32.11 ID:N9rwqHo3O
>>594
ねーよwwwwww

596 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 08:01:51.69 ID:k0H7jyTpO
>>594
母者www

597 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 08:01:59.97 ID:2se1j416O
ホノルル ゚ -゚マラソン

598 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 08:05:50.10 ID:v8hl+BtVO
"レ゚ -゚レ

あれ、おかしいな。ほふく前進してるようにしか見えなくなった

599 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 08:14:03.63 ID:WlBZ8//J0
∬从゚ -゚从

渡辺さんとかぶるな…。

600 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 08:30:13.87 ID:v8hl+BtVO
∬^ミリ゚ -゚リ

ダメだ、思いつかね

601 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 08:33:17.45 ID:WlBZ8//J0
なんかショートカットっぽいのはできた

∫リ゚ -゚)

ポニテ考えてくれた人達どうもありがとう

602 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 08:39:59.17 ID:2se1j416O
┛(゚_゚)┗


603 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 08:44:46.44 ID:2se1j416O
☆⌒*`ー´)


こんなブスいそう


604 :ξ゚听)ξ因縁の対決なようです(゚- ゚ 川:2007/03/05(月) 09:46:49.03 ID:EnTeOQt7O
本来ならば、誰もが思い思いに寛ぐ日曜日。
しかし、この女、ツンには決戦の日であった。

ξ゚听)ξ「アイツの臭いがする……ゲロ以下の臭いがなぁ……」
(;^ω^)「ツン? 今日は動物園にデートに来たんじゃないのかお?」
ξ゚听)ξ「デート? あなたは恋人じゃなく立会人よ」
(;^ω^)「………」

親子連れやカップルとは違う、ピリピリとした空気が、
ツンとブーンの周りには漂っていた。
そのあからさまな空気に、2人に近付くモノなどいなかった。
1人を除いては――
目の下にドス黒いクマをつくった細身の男が、
妖気を思わせる臭気を漂わせながらフラフラと近付いてくる。

('A`)「10年前の約束通り来たか」
ξ゚听)ξ「死育員ドクオ、あのメスゴリラの死ぬさまを見届けなさい」
('A`)「フンッ! 地べたに這いつくばって俺とクーちゃんの愛の劇場でもとくと拝むんだな」
( ^ω^)。oO(いきなり来て、わけわかめだお)

ツンとドクオが睨み合うと、2人の間から音が消えた。
気と気がのぶつかる狭間の、空間の歪み。
蜃気楼の如く蠢く何かが、辺りの音を奪ったのだ。

605 :ξ゚听)ξ因縁の対決なようです(゚- ゚ 川:2007/03/05(月) 09:47:36.13 ID:EnTeOQt7O
『ウゴォゥ!!!』

('A`)「クーちゃんが待ち切れないとさ」

突如、動物園に鳴り響いた声に、辺りの音が戻っていた。
獣の咆哮。それもとてつもなく巨大な何かの。
言葉ではなく、本能が、心が、ブーンの足を竦ませ、冷汗を流させた。全身で恐怖を理解したのだ。
しかし、ツンはピクリとも動かずに、咆哮のした方を嬉しそうに睨む。
「今行くわよ」
笑みを浮かべながら呟き、歩きだすツンを見て、ブーンは寒気を感じずにはいられなかった。

606 :ξ゚听)ξ因縁の対決なようです(゚- ゚ 川:2007/03/05(月) 09:49:18.51 ID:EnTeOQt7O
動物園、丑寅の方角。即ち鬼門は、昼間かと疑うほどに薄暗かった。
動物園には似つかわしくない、禍々しい鉄柵を越えた先に、目的の檻があった。
辺りには観光客はおろか、普通の飼育員さえいない。
いるのは、3人と、檻の中からツンを睨む一匹。

( ^ω^)「禁断のゴリラゾーン……」
川 ゚ -゚)「ウガァ……(来たか……)」
ξ゚听)ξ「来たわよ、あなたの死神がね」
川 ゚ -゚)「ウホッ(笑わせるな)」

ノソリと立ち上がると、鉄の棒で出来た檻に手をかけた。
見る間にクーの腕が膨れ上がる。と、ミシリ、と嫌な音を立て、鉄柵が歪んだ。

川#゚ -゚)「ウホッ、ヤラナイカ(調子に乗るのも大概にしな、かかって来いよ)」
ξ゚听)ξ「言われなくても!」

クーが巨大な胸板を叩き、雄叫びが世界を揺らす。

( ^ω^)「檻の意味ねぇwwwつーか話が見えないお」
('A`)「坊主、男なら目を逸らすな……見届けるんだ……そうあの日からの決着を」
( ^ω^)「kwsk聞かせてお」
('A`)「そうだな……あれはちょうど10年前の今日だ、ツンは遠足でこの動物園に来ていた」

607 :ξ゚听)ξ因縁の対決なようです(゚- ゚ 川:2007/03/05(月) 09:51:17.73 ID:EnTeOQt7O
クーとツンからは目を放さず、ドクオは語り出した。

――その日は遠足日和の、暖かい日であった。
幼稚園児のツンは、頬を赤く染め、走っていた。
行き交う人を掻き分け、霊長類ゾーンへと向かっているのだ。
目的は、キリンよりもゾウよりも大好きなゴリラ。
幸か不幸か、そこで待ち受けていたのが、若き日のクーだった。

川 ゚ -゚)「ホッチャーン! ホ、ホーッ、ホアアーッ! ホアーッ!」
ξ*゚听)ξ「ゴリラだー! ウホホイ! ウホホイ! ウホホホイ!」

子ゴリラと幼稚園児が、ドラミング(両手で胸を叩く)する光景は、それは微笑ましいものだった。
しかし、この微笑ましい光景は、クーの行動で一変する。
クソを、何が気に食わなかったのか、唐突に手の平に捻り出すと柵の隙間から投げたのだ。
もしかしたら、クーは遊びたかったのかもしれない。
しかし、放たれたクーの糞は、見事な曲線を描き、

ξ,;;听)ξ「ゴリ……な、なんじゃこりゃー!」

汚い音を立て、ツンの半面は汚物に塗れていた。
突然の糞に、意識が飛び掛けた瞬間、ツンの中で、種が割れるイメージが浮かんだ。
幼稚園児の中の、野生が、首をもたげていた。

608 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 09:52:40.49 ID:k0H7jyTpO
クーの鳴き声がwww
支援

609 :ξ゚听)ξ因縁の対決なようです(゚- ゚ 川:2007/03/05(月) 09:52:56.23 ID:EnTeOQt7O
心の奥底にしまわれていたはずの闘争本能。
戦う事の愚かしさを知らない幼い残虐性が、幼女に芽生えた瞬間だった。

川*゚ -゚)「ホァーッ!(もう一発食らえ!)」

異臭を漂わせ、立ち尽くすツンに向かい、追討ちをかける。
しかし、ゴリラの眼前にいる幼稚園児の中身は、既に別の存在へと変わっていた。

ξ )ξ「見える……!!」

言うが早いか、ツンの身体が滑る様に動く。
体制を低くし、最小限の動作で避けると、それが次の動作へと繋がる。
辺りで固まる大人達を盾に、次々と迫る糞をかわし、近くの茂みへと転がりこんだ。

川*゚ -゚)「ウホホホホ(早く出て来いよ)」
ξ,;; )ξ「ハァ…ハァ…石……」

ひんやりと冷たい小石を握り締める。
だが、これでは足りない。小さなこの手では、握れる石もたかが知れていた。

ξ,;; )ξ「逃げる為の布石? まさかwwwこの糞の恨み……ん、あれは?」

再び、小石をギュッと握り締めると、ツンが茂みから飛び出した。
その幼い顔には、年齢とは不釣り合いに、血走った瞳と、鋭い笑みが浮かんでいた。

610 :ξ゚听)ξ因縁の対決なようです(゚- ゚ 川:2007/03/05(月) 09:53:52.66 ID:EnTeOQt7O
川*゚ -゚)「ウッホホーイ!(出て来たか、この技は命を縮めるがコイツなら仕方ないッ!)」
川#゚ -゚)「ゥガガガガガガガゥオガウガー(五指爆糞弾フィンガービッチボムズ)」
ξ,;; )ξ「南無三」

ツンを待ち構えていたクーは、ただ待っていたわけではなかった。
五本の指に準備していたのだ。
それを、茂みから飛び出したツンへと飛ばす。
威力は低いが、小さく分けたぶん、素早く、避け辛くなっていた。

川 ゚ -゚)「ウホッ!?(これでどうだ!?)」
ξ,;; )ξ「チイッ!」

迫り来る五つの糞に舌打ちをすると、肩に掛けていたカバンを回す。
園児用の肩にかける長い紐が、即席の盾として糞を弾いたのだ。
友達と仲良く食べるはずだった弁当は、今やぐちゃぐちゃになっていた。
だが、そうまでして、戦う理由がツンにはあったのだ。

川;゚ -゚)「ウホァ!?(何!?)」
ξ,;; )ξ「今度はこっちの番……!」

と、ツンの細い腕がしなった。
子供ならではの、軟らかな身体を生かした、スナップの利いたサイドスロー。
放たれた小石は、鉄の柵を擦抜け、鋭い軌道を描きクーの額へと吸い込まれていった。

611 :ξ゚听)ξ因縁の対決なようです(゚- ゚ 川:2007/03/05(月) 09:55:39.75 ID:EnTeOQt7O
川;´-`)「ウガァ」

狙い通り出来た隙を、見逃すはずもなかった。
一目散に、近くで、呆然と立ち尽くす少年の元へと跳ぶと、ソフトアイスをひったくった。
そして、上のアイスだけを地面に叩き付けると、半面に付いた糞を、余す事なく全てをコーンへと移した。

川;ぅ -`)「ウグガァ……」
ξ )ξ「この程度でお終い?」

丁度目を覚ましたクーを、更に挑発する。

川#゚ -゚)「ホァーッ!!」

怒り狂い、片手を肛門へと近付ける。その瞬間、ツンの腕が再度唸った。
凄まじいスピードで、瞬く間に石がクーとの距離を詰める。
が、それはクーの想定の範囲内の行動であった。

川 ゚д゚)「ガァッ!(同じ手は2度も食わん!)」

一喝の元に、小石を叩き落とすと、巨大な口でツンへと吠え立てる。
周囲をビリビリと震わせ、辺りで見守る大人達すら腰を抜かす程だった。
しかし、その余りの効果に、ツンも同じだろう、と高を括り、クーは気付いていなかったのだ。
幼いツンの口に、狂人の笑みがあった事を。

ξ ー )ξ「次にお前は「ゴガァ!(舐めているのか!)」と言う!」
川#゚Д゚)「ゴガァ!(舐ry)…………!?」
ξ )ξ「…さよならだ」

612 :ξ゚听)ξ因縁の対決なようです(゚- ゚ 川:2007/03/05(月) 09:57:35.05 ID:EnTeOQt7O
ツンの身体が後ろに大きく反れた。
それは明らかに、サイドスローの投げ方とは違っていた。例えるならば、槍投げ。
横の回転ではなく、縦の回転で起動を安定させ、
コーンに詰められた糞を飛び散らせないのである。
そうして、放たれたアイスが描く放物線は、栄光への掛橋。

川;´〜`)「ムゴァ……ンマァ……」

凄まじいスピードでクーの口に吸い込まれると、吐き出す間も与えず、胃へと落ちていった。

ξ  )ξ「糞でも食ってな……糞ゴリラ」

そう、残りの力を振り絞り吐き出すと、ツンの身体が崩れ落ちた。
目的の達成により、緊張で張り詰めていた糸が、ぷつり、と切れ、その場で意識を失っていのだ。
しかし、すぐに助ける者は現れなかった。ツンの戦いに恐怖し、身体が動かない。

(;´_ゝ`)「おう…弟者……ょぅι゙ょが倒れたぞ助けないのか?」
(´<_`;)「うむ……だがなぁ……別に俺達じゃなくても……誰かが…」
(;´_ゝ`)「じゃぁいつ助けるんだよ!」
(´<_`;)「今回は他人に任せて……そうだ、心の準備をして明日なら!」
(;´_ゝ`)「明日!?明日までこのょぅι゙ょを放置するのか?」
(´<_`;)「だから……明日なら……」
(;´_ゝ`)「俺達いつもそうだった! でも本当は分かってるんだろ!? 今やるべき事は今やるしかないって!」
(´<_`;)「………あぁそうだよな、兄者」
( ´_ゝ`)「明日って……」
(´<_` )「今さ!」

613 :ξ゚听)ξ因縁の対決なようです(゚- ゚ 川:2007/03/05(月) 09:58:20.07 ID:EnTeOQt7O
('A`)「こうして勇気ある誓いと共に、ツンは職員用の休憩室に運ばれた」
(;^ω^)「それで、いつあんたが出て来るんだお?」
('A`)「早漏な野郎だぜ。俺はその当時も飼育員として働いていた―――

怪し気な兄弟が目を血走らせ、ツンに近付いている最中、ドクオは檻の裏へと走っていた。
ドクオは、クーに少なからず愛情を抱いていたのだ。

(;'A`)「クーちゃん……死なないでくれ…」

何故、直ぐに戦いを止められなかったのか、後悔が制限なく押し寄せる。
そしてなにより、クーが糞を口にしていた事が心配だった。
排泄物には様々な菌が巣くっている。それを口にしたのだ。
ただでは済まない事など目に見えていた。
息を切らせようやく辿りつくと、ゴリラとを遮る扉を開け放つ。

(;'A`)「クーちゃん!」
川;´-`)「グァ」

曙の如く、俯せでクーが倒れていた。ドクオが駆け寄る。
見た限りでは外傷はないが、糞を食ったという事実に、絶望し、身体を動かす気力もない状態。
あとは、ただ苦しそうに、呻き声を漏らすだけである。

(;A;)「クーちゃん、取りあえずこの薬飲んで別の部屋へ行こう」
川;´-`)「ウガァ…」

614 :ξ゚听)ξ因縁の対決なようです(゚- ゚ 川:2007/03/05(月) 09:59:18.49 ID:EnTeOQt7O
まだ子供とはいえ体重のあるクーを、どうにか客から隔離された檻に連れ出した。
下剤も飲ませた、あとは抗生物質を準備して―――

('A`)「ここで気が付いたんだ」
( ^ω^)「なにがだお?」

(;A;)「あれ? そういや俺がなんで下剤持ってんだ?」
川 - ) ゚ ゚「ウガベェガゲハァッ!」
(;A;)「あ……薬間違えた」

ドクオが気付いた時には、既に遅かった。
クーの口からは舌がだらりと垂れ、泡が溢れていた。
更には白目を剥き、痙攣しそうな気配すらある。
それを目の当たりにし、ドクオは、全身から力が抜けるのを感じた。
ガクン、と膝から崩れ落ち、倒れたままのクーに覆い被さる。
徐々に体温が下がるクーに、ドクオは絶望しか感じなかった。
もはや、残された道は奇跡しかない。
神に祈る事だけが、唯一ドクオが出来る事だった。

(;A;)「神よっ! ゴリラの神よっ! 人間の俺がはじめて祈る…!
  もし本当に、おまえにゴリラ命をつかさどる力があるのなら

  こいつを…! この素晴らしいゴリラだけは生かしてくれっ!
  俺のような人間のために、こいつを死なせないでくれっ! …神よっ!!!」

615 :ξ゚听)ξ因縁の対決なようです(゚- ゚ 川:2007/03/05(月) 10:00:22.36 ID:EnTeOQt7O
全身全霊で叫んだ言葉が、薄暗い檻に木霊する。

(;A;)「ダメか……」

諦めかけたその瞬間、奇跡が起きた。

川;´-`)「ウホホッ(もう諦めてしまうのか)」
(;A;)「クーちゃん……? クーちゃん!!」
川;´-`)「ウホホイ(抱き付くな、苦しい)」

それでも、ドクオはクーを放そうとはしなかった。

(;A;)「嫌だ! 絶対にクーちゃんを放さない!」
川;´-`)「ゴーリラゴリラ(そうか…まぁ良い、それよりあの少女に伝えて欲しい事があるんだ)」
(;A;)「ウッホッホイ!(分かった!)」



('A`)「こうして俺は、ツンに10年後の今日、また戦う事を頼んだんだ」
( ^ω^)「変態にも程があるお」
('A`)「それからというもの、手取り足取り腰取りまでして格闘技を練習した」
( ^ω^)「その結果、動物園の鬼門に追いやられたのかお」
('A`)「見せ物ゴリラをやめる、修羅の道を歩んだ結果さ」
( ^ω^)「へー」

ξ゚听)ξ「糞ゴリラ……行くぞ!」
川 ゚ -゚)「ウホ!(来い!)」

まるで、話終わるのを待っていたかの様にツンとクーの戦いが始まった。

616 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 10:00:42.87 ID:WV3nstSR0
支援

617 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 10:03:47.19 ID:EnTeOQt7O
ξ゚听)ξ因縁の対決なようです(゚- ゚ 川
前編・完

メモ帳がいっぱいなんで投下した
後編書いて来るんで、こうしたら良いってのがあったらお願いします

618 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 10:06:51.04 ID:k0H7jyTpO
どうしたらいいんだろうなw
ひとまず続きwktk

下剤の代わりに飲ませたのは何だったんだ

619 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 10:59:48.18 ID:ZLg3IF500
('A`) お題プリーズ ひとつ、ふたつ。

620 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 11:00:52.58 ID:YGBQkfFb0
>>619
お願いだから俺にも彩色して

621 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 11:01:19.93 ID:WV3nstSR0
>>619
健康の秘訣

622 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 11:01:47.52 ID:0fKTJIcdO
>>619
山本ー!

623 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 11:03:32.86 ID:ZLg3IF500
>>620-622
ξ゚听)ξんもぅ、急に出てくるんだから!把握よっ

624 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 11:48:22.08 ID:haBn4/Ma0
久々に来てみたけど絵の投下ゼロじゃね?絵師どこいった

625 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 12:44:14.82 ID:kTNBSnBXO


626 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 13:30:54.71 ID:7r75bhMI0
ええーい

627 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 13:34:28.17 ID:7r75bhMI0
はあ……何回規制されてんだ俺

628 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 15:04:54.89 ID:qXFqgMAuO
ほし

629 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 15:41:59.02 ID:IcAxmQ/WO
ブーンのクリスマステロリスト面白かったんだけど途中で作者いなくなった??

630 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 15:48:47.90 ID:hirFd4Me0
おだいくれー

631 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 15:50:06.41 ID:5FQ+lrZA0
>>630
彼女は模造品などではない。
彼女こそ、真のオリジナルなのだ。

632 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 15:50:57.20 ID:2se1j416O
>>630
('A`)「陣痛が来たぜ……ぐっ…がは……いてぇ……だが…腹ん中の赤ん坊のためだ……これくらい……ぐぅ……」

633 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 15:54:09.65 ID:OQddkIZEO
>>632
なんともはやwwwwwwwwwww

634 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 15:55:45.86 ID:2se1j416O
>>633
母ちゃんでやってたら怒られたからドクオにしたんだ

635 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 15:55:47.22 ID:xDPZRF2p0
>>630
あそぼあっそぼー!

>>632
シュワちゃんの映画思い出した

636 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 15:56:46.05 ID:hirFd4Me0
おk 把握

637 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 15:57:19.64 ID:RBPP33x60
お題
回文だらけのエブリディ
マルチーズ
ビークワイエット
ジャイアンツコーン

投下する

638 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 15:57:21.60 ID:oWfv2a+D0
>>624(*゚∀゚)ノシ

http://boonpict.run.buttobi.net/cgi-bin/up/src/boonpic_0573.jpg
阿部ブーン掘のブーン

>>630
消えた火星人

639 :( ^ω^)ブーンがジャイアンツコーンを探すようです:2007/03/05(月) 15:58:46.05 ID:RBPP33x60





これは回文だらけのエブリディで


マルチーズがビークワイエットしながらも


ジャイアンツコーンを探す物語である。



( ^ω^)ブーンがジャイアンツコーンを探すようです





640 :( ^ω^)ブーンがジャイアンツコーンを探すようです:2007/03/05(月) 16:00:03.50 ID:RBPP33x60

ξ゚听)ξ「ブーンおいで、ブーン」

ツンはそう言って、マルチーズ犬のブーンを呼んだ。

( ^ω^)「わんわんだお」

ξ゚听)ξ「ほ〜ら」

ツンはフリスビーを放った。

( ^ω^)「わんわん」

ブーンは全速力で追ったが、間に合わず、落ちたそれを拾ってツンの元へ戻った。

( ^ω^)「わんわん」

ξ゚听)ξ「何してんのよ」

そう言うと、ツンは思いっきりブーンのお腹を蹴り上げた。

(メ^ω^)「わんわん」

ξ゚听)ξ「もう一回いくわよ」

(メ^ω^)「わんわん」

それから何度やってもブーンは一度も取れなかった。


641 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 16:02:23.61 ID:cebYrRhA0
ツンひでえwwwww

642 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 16:02:25.40 ID:RBPP33x60

ξ゚听)ξ「何してんのよ、グズね」

(メ^ω^)「わんわん」

お腹を下から何度も蹴られたブーンは、背中がラクダみたいになっていた。

ξ゚听)ξ「もういいわ。家の中の新聞をとってきて頂戴」

( ^ω^)「わんわん」

ブーンは家の中に入って、新聞を口に銜え、ツンの元に戻った。

( ^ω^)「わんわん」

ξ゚听)ξ「涎でベタベタじゃない。何してんのよ」

ツンは思いっきりブーンのお腹を蹴り上げた。

(メ^ω^)「わんわん」

ξ゚听)ξ「もういいわ」

ツンはそう言って、またブーンのお腹を蹴り上げた。

ブーンの背中がラクダそのものになっていた。

643 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 16:03:04.00 ID:ZLg3IF500
なんかだ無性に切ないです……

644 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 16:03:28.26 ID:2se1j416O
ちょwwww

645 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 16:03:40.13 ID:nYfm11xR0
腹蹴られて背中ぼこぼことかwwwwwwwwwwwww

646 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 16:03:42.53 ID:cebYrRhA0
グロwwwwwwwww

647 :( ^ω^)ブーンがジャイアンツコーンを探すようです:2007/03/05(月) 16:03:56.93 ID:RBPP33x60

ξ゚听)ξ「お腹すいた。ジャイアンツコーン取ってきて」

( ^ω^)「わんわん」

ブーンはジャイアンツコーンを求めて、再び家の中に入った。

しかし、どこを探してもジャイアンツコーンはなかった。

( ^ω^)「わんわん……」

結局、何も持たずにツンの元へ戻った。

ξ゚听)ξ「なかったの? 何してんのよ」

またツンがブーンを蹴る。

(メ^ω^)「わんわん」

ξ゚听)ξ「仕方ないわね…諦めよっと」

ツンは自分は自室に戻った。

648 :( ^ω^)ブーンがジャイアンツコーンを探すようです:2007/03/05(月) 16:04:32.29 ID:RBPP33x60


誰もいなくなった庭で、ブーンは一匹考えていた。

( ^ω^)「……」

ご主人様がジャイアンツコーンを食べたがっている。

だったら自分のするべき事は何か。

( ^ω^)「わんわん」

ブーンはジャイアンツコーンを買いに町へ出ることにした。



649 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 16:05:04.78 ID:2se1j416O
>>645
ドラゴンボールみたいになるんだろwww

650 :( ^ω^)ブーンがジャイアンツコーンを探すようです:2007/03/05(月) 16:05:55.52 ID:RBPP33x60

道中、人々に蹴り上げられながらも、ブーンはひたすらビークワイエットだった。

だが、どこにジャイアンツコーンがあるのかブーンは分からなかった。

( ^ω^)「わんわん」

ブーンが行く当てもなく歩いていると、すれ違う男の子に目がいった。

その男の子が手にしていたのはまさしくジャイアンツコーンだった。

('A`)「ねーこれ食べていいー?」

J( 'ー`)し「駄目よ。家に帰ってからね」

ブーンに考える暇はなかった。

( ^ω^)「ッ……!!」

男の子の喉元を、自慢の牙で切り裂く。

そして手から落ちそうになったジャイアンツコーンを銜えた。

('A`)「ゴフッ…」

J( 'ー`)し「きゃあ」

651 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 16:06:29.23 ID:ZLg3IF500
ちょwwwwカーチャンのリアクションwwwwwwwwwww

652 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 16:06:58.76 ID:oWfv2a+D0
きゃあ

653 :( ^ω^)ブーンがジャイアンツコーンを探すようです:2007/03/05(月) 16:07:19.89 ID:RBPP33x60


母親がジャイアンツコーンを取り戻そうと、ブーンに向かってくる。

( ^ω^)「ッ……!!」

ブーンは走った。

ただひたすらご主人様への思いがブーンを動かしていた。

身体はとうにボロボロだ。

それでもブーンは走った。

( ^ω^)「わんわん」

気がつくと、ブーンは家の前に居た。




654 :( ^ω^)ブーンがジャイアンツコーンを探すようです:2007/03/05(月) 16:08:44.07 ID:RBPP33x60

( ^ω^)「わんわん」

ブーンは庭から、ツンを呼んだ。

( ^ω^)「わんわん」

何度か繰り返すと、ツンが心底いらついた顔で庭に出てきた。

ξ゚听)ξ「うるさいのよ」

そう言ってブーンの顔を蹴り飛ばす。

ブーンの顔は捻じ曲がり、顔は不自然に上を向いた。

( ^ω^)「わんわん」

ブーンは上を向いたまま、ジャイアンツコーンをツンに差し出した。

ξ゚听)ξ「これ……」

( ^ω^)「わんわん」




655 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 16:09:50.54 ID:7r75bhMI0
ξ゚听)ξ「ブーン、お前ははだかじゃないか」

656 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 16:09:53.82 ID:osyIKMp8O
支援

657 :( ^ω^)ブーンがジャイアンツコーンを探すようです:2007/03/05(月) 16:10:19.26 ID:RBPP33x60


ξ゚听)ξ「こんなものために……身体もボロボロじゃない!」

( ^ω^)「わんわん」

ブーンの背中はまるでラクダのようで

顔は反転し、上を向いていた。

見ようによっては竜の落とし子のようにも見えたのでツンがそう嘆くのも無理はなかった。

ξ゚听)ξ「……」

ツンは泣いた。

ジャイアンツコーンは涎でベタベタだったが、蹴り上げる気にはなれなかった。



658 :( ^ω^)ブーンがジャイアンツコーンを探すようです:2007/03/05(月) 16:12:10.25 ID:RBPP33x60
ξ゚听)ξ「…いい子だね、ブーンは…」

( ^ω^)「わんわん」

ツンは優しくブーンの背中を撫でた。

ブーンもご主人様が喜んでくれたことに満足だった。

( ^ω^)「わんわん」

ξ゚听)ξ「ご褒美あげなきゃね」

そう言うとツンは、家の中から、餌が入った箱を手に戻ってきた。

( ^ω^)「わんわん」

箱に書かれている商品名が見えたが、頭が反転しているブーンにはまるで回文のようだった。

ξ゚听)ξ「フフ、これからは毎日ご飯あげるからね」

( ^ω^)「わんわん」

ツンが笑い、ブーンが喜ぶ。

そう。

これから、回文だらけのエブリディが始まるのだ。

( ^ω^)がジャイアンツコーンを探すようです   おわり

659 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 16:12:16.91 ID:Lx7mvub30
生理前の怒れるスーパーハカー登場w

http://life8.2ch.net/test/read.cgi/body/1168057614/957
ウチの知り合いから某ウルサイ椰子のIPを調べ晒してあげようかと











…っと脅してみる

2chって怖いとこだしどうなるかわからんよぉマジ
(こちらも)
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/body/1168057614/900

660 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 16:13:12.70 ID:k6AGxUW+0
これは素晴らしいギャグ
乙w!

661 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 16:13:20.43 ID:7r75bhMI0
頭は反転しっぱなしなんだな



662 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 16:14:01.52 ID:2se1j416O
ちょwwww今までは数日に一回かよwwww

663 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 16:14:21.53 ID:ZLg3IF500
乙!

もっかい蹴ったら直るのかな

664 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 16:14:51.94 ID:2se1j416O
お題くれ>>665>>667

665 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 16:15:04.26 ID:nYfm11xR0
乙wwwwwwwww

666 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 16:17:08.98 ID:gMLBDrAM0
流れぶった切ってすみません。

連続さるさんから抜け出せません。
どなたか御支援お願いしたいのですが・・・。
ここで頼んじゃ駄目ッスか?


667 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 16:17:38.59 ID:w2yJLCq70
ξ゚听)ξ「この皮膚美味しいわね」

668 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 16:18:37.74 ID:nYfm11xR0
やってもうた・・・

669 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 16:20:04.57 ID:7r75bhMI0
>>666
どこのスレかね

670 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 16:20:30.25 ID:2se1j416O
>>665>>667
把握した

671 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 16:21:07.15 ID:gMLBDrAM0
>>669
こちらです

( ^ω^)ブーンは麻薬捜査官のようです

http://wwwww.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1172989627/l50


672 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 16:52:46.55 ID:U0Ef8LCsO
お題くれ
3つくらい

673 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 16:55:05.77 ID:RGAPVPzO0
>>672
リボルバー

674 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 16:55:57.45 ID:41W3XmTLO
>>672
お前は何色の赤が好き?

675 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 16:58:22.44 ID:FplMSz/u0
>>672
憲兵

676 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 17:10:48.56 ID:8hG2d4mU0
俺もお題プリーズ
できれば和風テイストで

677 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 17:12:58.07 ID:v8hl+BtVO
>>676
和音共振

678 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 17:13:26.24 ID:41W3XmTLO
>>676
筆が宙を舞う

679 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 17:16:02.10 ID:k6AGxUW+0
>>676
黙りゃ!ここをどこだと思うておる!

680 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 17:21:04.27 ID:8hG2d4mU0
>>677-679
把握した。

だが、>>677は、
共振 (きょうしん) は、エネルギーを有する系が外部から与えられた刺激により
固有振動を起こすことである。特に、外部からの刺激が固有振動数に近い状態を表す。
共鳴と同じ原理に基づく現象であるが、電気や固体については「共振」の語がよく用いられる。
(wikiより)
でなんか言葉自体が矛盾しているような……せっかくもらったし適当に料理してみるか。
細かくてすまんかった。


681 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 17:29:08.62 ID:v8hl+BtVO
>>680
スマン、適当に組み合わせただけだから

682 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 17:36:24.53 ID:k6AGxUW+0
   , -- 、 
   i||||川|i
   川 ゚ -゚)  
  ⊂「`y/ 7つ 
    レ::::::iJ
    |__|
.    し'ノ


683 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 17:42:32.46 ID:7r75bhMI0
頭でかいっスね

684 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 17:45:13.95 ID:OQddkIZEO
>>682-683
シュールwwwwwwwwwww

685 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 17:47:52.67 ID:k6AGxUW+0
☆。,∵.;;"*:;゛/ ドパッ
   i||||川|i
   川 ゚ -゚)   たわばっ!
  ⊂「`y/ 7つ 
    レ::::::iJ
    |__|
.    し'ノ



686 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 17:50:18.44 ID:OQddkIZEO
お前北斗の剣持ってるだろwwwww

687 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 18:01:42.53 ID:3OoyTSxXO
お題消化出来たので投下します

お題

(´<_` )「らめぇ、おにいちゃんらめぇ〜〜」

いつか目に見えない傷を、僕が受け止めよう

J( 'ー`)し「俺の肩が壊れるまで!ボールを握りしめ!歯を磨くんだぁ!ご飯出来たわよ」

キャンセル

688 :8/9:2007/03/05(月) 18:03:50.72 ID:3OoyTSxXO

夕焼けが寂しく沈む秋。

涼しい風、雑草だらけの空き地。
僕達は家に帰らず
馬鹿みたいに騒いでいた。

(´<_` )「らめぇ、おにいちゃんらめぇ〜〜」

( ・∀・)「おっぱいおっぱい!!」

( ゚∀゚)「俺のッ!セリフッ!とるなッ!」

(;^ω^)「ちょっカオスだお!皆落ち着けお」

僕の名前はブーン。名前っていうかあだ名。
この倶楽部の部長。多分。
ああ、言い忘れてたけど、今、倶楽部活動中なんだ。

何の倶楽部だって?それは…


( ^ω^)「( ´_ゝ`)様ファン倶楽部だお!!」

689 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 18:04:38.44 ID:qXFqgMAuO
書きかけの話のプロローグを投下する。
ネタバレを防ぐために言葉をぼかしてあるから、もしかしたら読みにくいかもしれん。
予備知識の無い状態で読んでも場面が思い浮かぶか教えてくれ。

690 :1/3:2007/03/05(月) 18:05:09.41 ID:qXFqgMAuO
赤い絨毯が敷かれた大きなホール。
そこには現在、三人の人間が存在している。

(;^ω^)「これでどうだおっ!」

掛け声と共に高速回転を始める、丸い板状の物体。
そこから赤い汁が飛び散り、一人の人間へと飛んでいく。


(??)「無駄だ」

そう呟くと、手に持った水色の剣を横様に振るう。
剣に触れた液体は瞬時に凍結し、虚しく床へと落下した。

(??)「今度はこちらからいくぞ」

宣言すると同時に剣を天へと掲げた。
直後、剣が細かい破片となり、ホーミングミサイルの様に飛んでいく。

从;゚∀从「あぶねえっ!」

女は叫びながら何か袋の類いを投げつけた。

691 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 18:06:06.34 ID:qXFqgMAuO
すまん、りろってなかった

692 :2/9:2007/03/05(月) 18:08:36.89 ID:3OoyTSxXO

――翌日、AM8時00分――

だるそうに登校する生徒達でごったがえしの校庭。
それを眺める、4人の男。

( ゚∀゚)「はぁ〜、なんていいおっぱい。」

ぽつりと呟いた馬鹿の名前はジョルジュ。大のおっぱい好き。
僕達の中では一番カッコいい。

( ・∀・)「ま、兄者様のおっぱいに勝るものは無いがな」

コイツはモララー。ガチホモ。背後に立たせたくない。

(´<_`*)「うむ。兄者のは桃色乳頭でたまらんぞ」

…変態、弟者。兄者の実の弟なんだが………

近親相姦ってやつに憧れてイッちゃってる。

ホモな上に兄弟を性の対象として見る、猛者だ。

693 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 18:09:04.79 ID:OQddkIZEO
>>691
後で投下どうぞ

紫煙

694 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 18:09:43.27 ID:MVaYKtYj0
http://music8.2ch.net/test/read.cgi/compose/1172926950/l50
現役厨房の糞コテまことが暴走中!
至急応援求む

558 :まこと :2007/03/05(月) 17:24:09 ID:MTUMVJNg
みんな〜!!!!
ちゃんと消去依頼だしとけよ!!!!
マジこのスレで俺ちょうしこきすぎたわ。
消去〜消去〜消去消去消〜去〜このスレ消去〜♪♪

あとvipとかいう所の暇人達は全員氏ねよば〜か


自分で立てたすれなのにこんな事を言ってますが
彼はずっとこのスレを見ています
厨房なのですぐにアンチに反応するので、お楽しみください
最新発言→ドキモ糞豚(親ニ恵メグマレテナイ)ニートヲゼンインウチトッタリー!!!!\(^o^)/
ケッキョクサイゴハコノボクノカンゼンショウリー!!!!\(^o^)/


695 :3/9:2007/03/05(月) 18:11:13.90 ID:3OoyTSxXO
( ^ω^)「おっおっ、生兄者様の生おっぱい御拝見したいお」


ノリでこんな事言ってるが、僕は純粋に兄者様のファン。
他の奴らは下心見え見えだが(性的な意味で)僕だけは違う。


―――そう、あれは去年の事。

(;^ω^)「おー…やっぱり怖いお、この道…」

暗い夜道に寂れた雰囲気。

幽霊なんて信じないけど怖いもんは怖い。
塾の帰りに通る近道―通称「赤い道」。
なんでも事故が多いだとか昔起きた事件にまつわるとか………

あんまりいい場所ではない、との事。


696 :4/9:2007/03/05(月) 18:12:55.93 ID:3OoyTSxXO



でもそんなの関係ないわけで
一刻も早く家に帰りたい気持ちは抑えられない。

僕はいつも通りブーンして帰る事に決めた。

( ^ω^)「おしっ行くお!」

軽く深呼吸をして両手を真横に広げる。
さあ、いざゆかん我家へ。帰る場所へ。


⊂( ^ω^)⊃「ブー」

J( д )し「…」

⊂(^ω^)⊃「ン?」

J( д )し「…ぅ…でゃ」

⊂(;゜ω゜)⊃「 ! ? 」

J( ゚д。)し「怨 ん で や る !」

⊂( ;ω;)⊃「ぎゃぁああああああああああああ!!!」

697 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 18:14:36.39 ID:qXFqgMAuO
支援

698 :5/9:2007/03/05(月) 18:14:40.74 ID:3OoyTSxXO
J( 'ー`)し「俺の肩が壊れるまで!ボールを握りしめ!歯を磨くんだぁ!ご飯出来たわよ」

⊂( ;ω;)⊃「イヤァァァァイミフメイィイ゛゛イ゛イィィィィ〜ィィイイ!!!」

突然現れた女はブーンする僕を追い掛けながら叫ぶ。
訳が分からないまま逃げる。が、

(⊃>ω<)⊃「アウチッ!」

転んでしまった。
背後に殺気を感じる。
涙が止まらない。

(メ ;ω)「………」

―――振り向いた僕が見たもの。それは―――

(;´_ゝ`)「大丈夫か?」

兄者…様だった。

699 :6/9:2007/03/05(月) 18:17:19.88 ID:3OoyTSxXO
(メ;ω;)「 ! 後ろ、志村ぁっ後ろ後ろぉぉおお!!」

だが安堵する暇はない。

なぜなら彼の後ろに不気味な笑みを見せる女がいたからだ。

J( 。∀゚)し「アヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャ!!みんな死ね!」

Σ(;´_ゝ`)「うあっ?!」

彼が振り向くと同時に女は奇声を発した。

隠し持っていたのか、手にはナイフ。
鈍い光りを放っていて見るからに危険だ。

しかし彼は冷静だった。女に向かって勇ましく声を張り上げる。

( ´_ゝ`)「ナイフを捨てろ!俺は女に手をあげたくない!」

J( ゚∀。)し「 し ね 」

やはり会話は成立しなかった。僕は未知の恐怖で小便を漏らす。

( ´_ゝ`)「仕方ない」

そう呟いたのが聞こえた瞬間彼は行動を起こした。

700 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 18:18:19.21 ID:FkZub4gGO
兄者wktk

701 :7/9:2007/03/05(月) 18:18:28.57 ID:3OoyTSxXO
ドスッ……!

中腰で体当たりをするように兄者は左肘を女に突き立てる。

見事に決まった技は、かの『アンディ・ボ○ー○』を彷彿させた。

J( д)し「ガハッ…ッ」

女は己の腹の痛みに耐えかねたのか、うずくまる。
兄者はそれを冷静に見下ろしていた。

(;^ω^)「てゆっかこの人、幽霊じゃないのかお」

流れについていけなかったブーンは今更な発言をした。

そう、ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

702 :8/9:2007/03/05(月) 18:20:06.44 ID:3OoyTSxXO



( <●><●>)「キャンセルキャンセル!あーもう」

目がギョロっとしているこの青年は新米小説家。

かなり煮詰まっているのか、煙草の吸い殻が灰皿から溢れている。

( <●><●>)「…この後に兄者の台詞、だっけ…?」

カチャカチャとパソコンを触りながら呟く。

( <●><●>)「いつか目に見えない傷を、僕が受け止めよう…」

彼は心の中で我ながらクサイな…と苦笑した。
彼が初挑戦する今回のテーマは「同性愛」。
とりあえず腐女子にでもウケればいいや、程度にしか考えていない。

703 : ◆rHi47N9WYc :2007/03/05(月) 18:21:03.85 ID:zM70kwzLO
すみません…どなたかスレ立て代理お願いします

スレタイ:( ^ω^)たちがハンドルを握るようです

本文:ご自由に

704 :9/9:2007/03/05(月) 18:22:05.66 ID:3OoyTSxXO


( <●><●>)「さて…と」

彼は煙草をくわえるともの凄い速さでタイピングを始める。
手慣れた手付きに迷いは無い。
ここは流石、というべきか。

( <●><●>)「まだまだ時間はあるが油断しないで頑張るぞ」



( <●><●>)は( ^ω^)と( ´_ゝ`)でホモ小説を書くようです




705 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 18:22:13.47 ID:w2yJLCq70
>>703
http://wwwww.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1173086500/

706 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 18:22:34.98 ID:2se1j416O
俺のお題を消化してくれたのは君で二人目だ

707 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 18:23:53.76 ID:qXFqgMAuO
乙、7/9でブーンが発狂したかと思った

708 : ◆rHi47N9WYc :2007/03/05(月) 18:23:54.46 ID:zM70kwzLO
>705感謝

709 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 18:26:04.76 ID:FkZub4gGO

……釣られちゃったじゃないか、ちくしょうwwwwwwwww

710 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 18:27:35.86 ID:3OoyTSxXO
>>706
あなたはお題クラッシャーさんですか?

>>707
ありがとうその感想が欲しかった

こんな俺だがお題ほしーの☆
適当に下さい

711 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 18:29:05.53 ID:w2yJLCq70
>>710
( ・∀・)「あばばばばばばばばばばばば」

712 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 18:29:18.72 ID:3OoyTSxXO
>>709
釣り?
ホモ?
夜の教室に兄弟二人きり?
なんの事ですか?

713 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 18:29:59.37 ID:qXFqgMAuO
>>710
季節外れ

714 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 18:31:54.16 ID:FkZub4gGO
>>712
そっくりそのまま返してやんよ!
お題
夜の教室に兄弟二人きり

715 :1/3:2007/03/05(月) 18:39:27.83 ID:qXFqgMAuO
>>689
プロローグ投下し直す


赤い絨毯が敷かれた大きなホール。
そこには現在、三人の人間が存在している。

(;^ω^)「これでどうだおっ!」

掛け声と共に高速回転を始める、丸い板状の物体。
そこから赤い汁が飛び散り、一人の人間へと飛んでいく。

(??)「無駄だ」

そう呟くと、手に持った水色の剣を横様に振るう。
剣に触れた液体は瞬時に凍結し、虚しく床へと落下した。

(??)「今度はこちらからいくぞ」

宣言すると同時に剣を天へと掲げた。
直後、剣が細かい破片となり、ホーミングミサイルの様に飛んでいく。

从;゚∀从「あぶねえっ!」

女は叫びながら何か袋の類いを投げつけた。

716 :2/3:2007/03/05(月) 18:41:03.72 ID:qXFqgMAuO
从゚∀从「破裂しなっ!」

袋から熱波が放たれ、剣の破片は消滅する。

从゚∀从「よっし!」

思わずガッツポーズをするが、

(??)「油断は命取りだ」

電光石火、剣が女の胴を一文字に裂く。

从゚∀从「えっ……」

赤黒い液体を腹から盛大に吹き出し、女は倒れ込んだ。

(??)「所詮この程度か。ふん、口先だけとは正に……」

( ;ω;)「うおおおー!」

突然の咆哮。

717 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 18:42:25.06 ID:kTNBSnBXO
支援

718 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 18:42:39.60 ID:ZgZdCAmUO
空気読めなくてすまない
■■■
■■■
■■■
≫゚ ー゚)

なんて名前にしようか?


719 :3/3:2007/03/05(月) 18:42:51.54 ID:qXFqgMAuO
从;゚∀从「内藤……?」

女は手で傷を抑えながら、チラリと視線をそちらに向けた。

( ;ω;)「口先だけじゃないお! 僕は、僕たちは!」

男は一旦言葉を切ると、女の方を見た。
二人は頷き合い、同時に口を開く。

( ;ω;)「世界を相手にしたって、勝ってみせる!!」从゚ー从

《( ^ω^)ブーンとハインリッヒは世界を敵に回すようです从゚∀从》

720 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 18:43:54.10 ID:EnTeOQt7O
>>718
メーテクー

721 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 18:44:26.02 ID:ZgZdCAmUO
>>720ありがトン

722 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 18:45:40.61 ID:EnTeOQt7O
良いのかよwww

723 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 18:47:41.53 ID:qXFqgMAuO
よかったら>>689の点について意見述べてほしい

724 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 18:50:43.93 ID:3OoyTSxXO
>>723
読みやすい
けど文章少なく感じました。
感情の表現とか、周りの状況など。
俺もよく分からんがこれが素直な感想です。

725 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 18:55:19.40 ID:ZgZdCAmUO
>>718
≫゚ ー゚)は使いたいから作ったんだが何でどうゆう風に使うか忘れた・・・

どうしたもんやら 困ったね

726 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 18:55:28.00 ID:qXFqgMAuO
>>724
やっぱ描写不足かね、そういや前にスレ立てた時もそんな言われたわwww
もっと細かく書いてみるか

727 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 18:57:40.18 ID:2se1j416O
>>710
なぜかそう呼ばれた者です


728 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 19:10:01.22 ID:bAZ2wGN0O
小説書きたいんだが、いまいちテーマが決まんね('A`)

729 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 19:10:52.69 ID:WV3nstSR0
>>728
ロングバケーション

730 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 19:12:59.47 ID:OQddkIZEO
>>728
修学旅行みたいに、限られた期間の小説は面白いぞ
俺は卒業式当日だけの小説書いてる

731 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 19:14:35.99 ID:v8hl+BtVO
ひとつ聞きたいんだが、

ξ;;)ξ
ξ;凵G)ξ

泣き顔のAAって上と下、どっちがいい?

732 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 19:15:28.68 ID:qXFqgMAuO


733 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 19:15:31.35 ID:eHsczeGu0
下のほうがナチュラル

734 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 19:17:37.98 ID:EsyiRLhKO
ここって代理でスレ立てって頼めますか?

735 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 19:17:40.36 ID:gDeN7QsrO
俺は真ん中を推すぜ

736 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 19:17:54.92 ID:qXFqgMAuO
前言撤回、AA変換してみたら下のがよかった

737 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 19:19:15.09 ID:X5W1isYW0
上のほうがナチュラルだと思うけどな
下は正式な感じで。

738 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 19:19:29.22 ID:2se1j416O
>>736
AASは信用するな

739 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 19:19:49.21 ID:bAZ2wGN0O
>>729
ロンバケ観たことねーや

>>730
ありがと 

戦闘シーンの描写には自信ないから青春ものみたいなんかいてみるよノシ

740 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 19:19:58.69 ID:w2yJLCq70
上は変な感じがする
下かな

741 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 19:24:04.57 ID:YGBQkfFb0
>>731
どっちもいいと思うがなぁ
気持ちの大きさで使い分けるといいかもしれん

742 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 19:25:58.92 ID:v8hl+BtVO
解った。下だな?サンクス

肝心な場面でAAが変だと萎えるからな……

743 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 19:31:24.80 ID:2se1j416O
(・A・)「くそっ……なんで……なんで死んじまったんだよぉ!! 約束しただろ……嘘つき野郎が……」


744 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 19:38:27.12 ID:khfR993EO
俺は元AAのサイズに合わせる
内藤なら全角、ツンは半角

745 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 19:48:32.21 ID:S7fCicbJ0
( ^ω^)「フヒヒ!バードハンティング楽しいお」

ブーンはカモにボウガンの標準を合わせる。

(*;△;)「クワッ!クワァ・・・」

( ^ω^)「命乞いなんて無駄だお。死NE!」

ブーンはボウガンのトリガーを引き、矢を放った。

ξ゚听)ξ「ぬん!」

(;^ω^)「なっ!矢を素手で・・・貴様何者だお?」

ξ゚听)ξ「これから死ぬお前に名乗る名などない」

(#^ω^)「ふざけるなあ!くらえ、南斗矢鴨拳!」

746 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 19:49:02.60 ID:S7fCicbJ0
ブーンはツンの顔面を狙いボウガンを放つ。
そして鋭い音と共にツンは大きくのけぞった。

( ^ω^)「やったNE!」

ξ゚听)ξ「誰をだ?」

(;^ω^)「そ、そんな・・・口で矢を止めたあああ!?」

ξ゚听)ξ「か弱い動物の死がそんなに楽しいか?
なら自分の死もたっぷり堪能するがいい」

(;^ω^)「ヒィィィィィ!」

ξ゚听)ξ「北斗!狂喜惨壊拳!ホアタアアアアアアアアアア!!」

(;^ω^)「ぎゃっ!」

ξ゚听)ξ「お前はもう死んでいる」

(;^ω^)「か、体が勝手に・・・イヤッ、イヤッ」

747 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 19:49:35.51 ID:S7fCicbJ0
 ゚        (_ヽ      +
 ' *  /⌒ヽ.| |  +イヤッ・・・・・・
   . ( ^ω^ / /       。
  +  y'_    イ    *
   〈_,)l   | *      。
ガタン lll./ /l | lll    +




   ;;;;;;;;:::::::::::;;;;;
    ;;;;;;;::::;;;;;;;;;   ドバシュゥ
    ;;;;;::::;;;;;;
 ゚     ;;;;;::;;;; (_ヽ      +
 ' *☆。 ;;;;; .*:| |  <ポオオオオオオオオオオ!!!!
   . ( ゚ω゚ / /  ,. ∴*;",,∴∴*
  +  y'_    イ  *;.:O:O∴;",,
   〈_,)l  ,.∴*;",,∴∴* ,' *      
ガタン lll./ /l | ゛ー-",.∴∴*;",,

748 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 19:52:33.07 ID:S7fCicbJ0
ξ゚听)ξ「貴様には明日を生きる資格は無い」

(*;△;)「クワックワワ(助けてくれてありがとう)!」

ξ゚听)ξ「ホアタァッ!」

☆。,∵.;;"*:;゛/ドパッ
   (*;△;)「ぱぺりょっ」

ξ゚听)ξ「今日の晩飯GET!」




749 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 19:52:42.59 ID:2se1j416O
>>744
俺と同じだな

( ^ω^)
( ;ω;)
(# ^ω^)
(* ^ω^)
(;^ω^)
川 ゚ -゚)
川 ; -;)
川#゚ -゚)
川*゚ -゚)
川;゚ -゚)
ξ゚听)ξ
ξ*゚听)ξ
ξ;゚听)ξ
ξ;;)ξ


なるべくズレは出したくない

750 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 19:57:54.56 ID:ZgZdCAmUO
ブーンの死に方ワラタ

751 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 19:59:57.11 ID:ZgZdCAmUO
今 誰か 書いてる ?

752 :ぷろろうぐ?:2007/03/05(月) 20:06:37.66 ID:ZgZdCAmUO
唐突に書いた、後悔はしていない

夜中の河川敷に二人の旅人が
≫゚ -゚)どうしたもんかね

( ゚∀゚)本当にな〜

≫゚ -゚)もう夜なのに宿がないね

( ゚∀゚)本当にな〜

≫゚听)今日は野宿か?やだなぁ〜

( ゚∀゚)本当にな〜

≫゚听)はら減った〜飯〜

( ゚∀゚)魚でも釣るか〜

≫゚ ー゚)おっ!やっとまともな反応!

( ゚∀゚)・・・竿ねぇな〜

≫゚ ー゚)ないなら 探すっ!

( ゚∀゚)まぁそれもそうだな、探してくるわ

≫゚ ー゚)じゃ火起こしとく

数分後

753 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 20:06:44.11 ID:s5yLJ5KgO
AAはあまり好きじゃないけどヒッキーがすごく気になる存在になってる。
彼の性格がいまいちはっきりしないからわからないけど、どんな人なの?

754 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 20:08:37.18 ID:ZgZdCAmUO
>>753基本冷めてる 達観してる みたいなイメージがあるが
世界の果てのせいで「先生」みたいなのが強い

755 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 20:09:43.60 ID:S7fCicbJ0
>>753
根暗、皮肉屋
少年として出てる作品が多め

756 :ぷろろうぐ?2:2007/03/05(月) 20:10:05.59 ID:ZgZdCAmUO
( ゚∀゚)食った、食った

≫゚ ー゚)たまには魚も悪くはねぇすね〜

( ゚∀゚)じゃあこのまま野宿で

≫゚ ー゚)Ok、おやすみぃ〜

( ゚∀゚)乙

そして辺りは静かになった


\(^o^)/オワタ

キャラ設定も出来て無い、何がしたいのか分からない、勢いで書いたもう分けがわからんね

757 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 20:10:32.29 ID:2se1j416O
>>753
引き隠り
人間不信
情緒不安定
精神不安
鬱病


758 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 20:12:53.13 ID:ZgZdCAmUO
>>757カオスの塊www

759 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 20:14:34.64 ID:2se1j416O
>>758
黙れガキ(´・ω・`)

760 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 20:15:02.81 ID:s5yLJ5KgO
>>754-757
把握
なんかAA板のドクオみたいなキャラですな
そんな彼のイメージを変える作品作ってみたい

761 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 20:16:32.49 ID:ZgZdCAmUO
>>759(;^ω^)サーセンwww

762 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 20:18:52.95 ID:ZgZdCAmUO
>>760期待しとくぅぅ

763 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 20:20:25.51 ID:qXFqgMAuO
お題募集
戦闘描写の練習したいんで、そういう系のお題で

764 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 20:20:53.75 ID:qLG+10hY0
(-_-)ヒッキーが部屋から出るようです

765 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 20:22:01.24 ID:K6kFNx+50
>>763
深緑の刺青

766 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 20:22:33.16 ID:w9KYyaJZ0
>>763
物を動かす能力
物を出現させる能力

767 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 20:23:38.40 ID:2se1j416O
>>763
戦闘力29800のショボンの大虐殺に刃向かうラディッツに一度殺された農民

768 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 20:23:58.46 ID:Pt175b/v0
>>763
体の一部を硬質化させる敵

769 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 20:24:44.88 ID:ZgZdCAmUO
>>763
とりあえず全AAと対戦で

770 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 20:25:49.75 ID:qXFqgMAuO
>>765-768
把握した

771 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 20:26:20.58 ID:ZgZdCAmUO
>>763とりあえず空間を切り裂く能力だして

772 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 20:26:35.36 ID:s5yLJ5KgO
>>763
テイルズオブシリーズぽいの
剣がしゃべるやつ

>>764
引きこもりがよくわからないけど自分なりの引きこもりで作って…ネタありませんorz

773 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 20:26:41.09 ID:qXFqgMAuO
>>769
追加把握

774 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 20:27:36.49 ID:ZgZdCAmUO
>>773 これ追加されたら長くなるから楽しみだな

775 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 20:28:03.90 ID:qXFqgMAuO
>>771-772
把握

776 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 20:30:20.51 ID:ZgZdCAmUO
ラヴレスみたいなスペルバトルって面白そうだな

あの腐女漫画嫌いだが

777 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 20:31:47.11 ID:2se1j416O
>>776
黙れガキ(´・ω・`)







パート2(´・ω<`)v☆

778 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 20:34:30.54 ID:ZgZdCAmUO
>>777(;^ω^)サーセン








part2( ^ω^)おっお

779 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 20:35:13.05 ID:UZyo6Rwy0
キメェ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

780 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 20:36:54.98 ID:ZgZdCAmUO
(゚д゚ )



( ゚д゚ )

781 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 20:38:59.58 ID:s5yLJ5KgO
えっちぃ話もここでおk?

782 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 20:39:38.66 ID:S7fCicbJ0
いいよぉいいよぉ(;´Д`)ハァハァ

783 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 20:40:07.30 ID:ZgZdCAmUO
(*゚д゚*)ポッ

784 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 20:40:22.94 ID:2se1j416O
>>780
お前リア厨かリア工だろ?
年齢的に14〜17だな

785 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 20:40:59.23 ID:w9KYyaJZ0
(゚д゚ )


(д゚ )



786 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 20:41:13.10 ID:J30in4Xg0
お題を募集していいかな?

787 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 20:41:34.45 ID:ZgZdCAmUO
>>784 本 当 に そ う お も う ?

788 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 20:41:58.42 ID:s5yLJ5KgO
スマタって筆おろしに入る?

789 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 20:42:00.91 ID:S7fCicbJ0
>>786
死のフルコース

790 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 20:42:38.27 ID:w9KYyaJZ0
>>786
マスタがスマタ

791 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 20:43:24.27 ID:s5yLJ5KgO
>>786
エロいの

792 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 20:44:09.97 ID:ZgZdCAmUO
>>789www丸見えwww

>>786 義賊

793 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 20:44:36.66 ID:qXFqgMAuO
>>786
苦悩

794 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 20:44:49.69 ID:2se1j416O
>>787
うん


>>786
(´・A・)「にぇ……あちょびょうよぉうん……うんち漏れた」

795 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 20:47:01.13 ID:J30in4Xg0
>>789-794
パッと見てエログロスカトロ小説しか思い浮かばなかったwww
サンクスノシ

796 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 20:50:13.47 ID:2se1j416O
>>795
スカトロは俺のせいかw

797 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 20:51:59.29 ID:ZgZdCAmUO
>>792ちょっと 仕事 待て

798 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 21:07:27.88 ID:ZgZdCAmUO
>>796 硝子の◯◯代です

すいませんでした

799 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 21:19:37.88 ID:2se1j416O
>>798
ん(・ω・)?



ホシの夜−(ノ・ω・)ノ⌒┳┳

800 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 21:25:43.00 ID:ZgZdCAmUO
なんか過疎だな・・・


801 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 21:26:57.08 ID:2se1j416O
>>800
俺たちだけ…だな

802 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 21:34:35.65 ID:YbBmd2pD0

ンッパンッ!ンッパンパパンッ!!

803 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 21:35:25.34 ID:w9KYyaJZ0
>>801
801を取ってそんな発言をしたからにはやることは分かってるんだろうな

804 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 21:36:19.22 ID:2se1j416O
>>803
あぁ…


ところで>>800がお題を4個くらい欲しいらしいぜ

805 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 21:41:40.98 ID:S7fCicbJ0
なんかリアルゲイの匂いがするw

806 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 21:51:01.47 ID:s5yLJ5KgO
しょぼんのSMもの

807 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 21:53:14.50 ID:s5yLJ5KgO
構成が中々固まらないってか(^ω^)のマリオワールドみたいなの作りたいけど
CG難しい

808 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 21:54:33.22 ID:2se1j416O
>>805
ちょwwww
ちゃんと彼女がいる真性の非童貞なんです( ><)

809 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 21:56:18.89 ID:tX28xJVu0
>>808
誰もそんな事聞いてない
だからケツの中で小便しろ

810 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 21:59:07.60 ID:s5yLJ5KgO
>>2の兄者のブルーベリーアイ!の意味がわからん

811 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 22:00:56.63 ID:2se1j416O
>>809
誰もお前には言ってないからID:ZgZdCAmUOを貸してやる

812 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 22:09:08.40 ID:/trCeKKp0
お題頼む
ミステリーが書きたい

813 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 22:09:30.58 ID:oKh+VYIO0
>>812
錆びたナイフ

814 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 22:09:38.15 ID:d8HRRxnS0
>>812
幽霊

815 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 22:10:30.85 ID:DUbncQkK0
>>812
パラドックス

816 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 22:11:16.23 ID:s5yLJ5KgO
七不思議

817 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 22:13:22.61 ID:/trCeKKp0
>>813-816
把握した、ありがとNE!

818 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 22:33:45.16 ID:gDeN7QsrO
馴れ合いキモい

819 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 22:47:09.56 ID:ZgZdCAmUO
>>818と俺は書き込んだ
('A`)馴れ合いキメェ・・・しかし、いい加減疲れたな・・・ちょっと馴れ合い板いって慰めてもらいに行くか・・・

820 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 22:47:28.58 ID:EnTeOQt7O
馴れ合いには、1人の真性と数人の馴れ合い体質なやつで出来てる事が分かった

821 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 22:50:42.65 ID:ZgZdCAmUO
俺が真性だっ!!

822 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 22:51:05.21 ID:qLG+10hY0
いや、俺だ!

823 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 22:55:20.84 ID:YGBQkfFb0
何を言ってるんだ、俺だろ!

824 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 22:56:28.19 ID:d8HRRxnS0
あ、じゃあ俺で…

825 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 22:57:18.56 ID:ZgZdCAmUO
馴れ合いキメェWWW

826 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 22:58:22.19 ID:ZgZdCAmUO
>>824(´・ω・`)すまんこ

827 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 22:58:41.16 ID:w31/vbJh0
お題募集だ。
とびきりクールなやつを一つ頼むぜ、ボーイ ('A`)

828 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 22:59:36.94 ID:/trCeKKp0
>>827
牛丼

829 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 22:59:50.52 ID:d8HRRxnS0
>>825
そこはどうぞどうぞだろwww

830 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 23:00:16.22 ID:oKh+VYIO0
>>827
水鉄砲

831 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 23:00:55.80 ID:ZgZdCAmUO
>>827 改造人間 と 宇宙人 と 同居するドクオ

832 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 23:01:57.52 ID:w31/vbJh0
>>828 >>830 >>831
把握☆(ゝω・)vキャピ

833 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 23:02:20.47 ID:EnTeOQt7O
>>827
( ^ω^)「KOOLだお」

834 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 23:05:37.34 ID:m6QZHhBkO
携帯から書いてみる。

お題をお願いします。

835 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 23:07:49.91 ID:oKh+VYIO0
>834
仮面

836 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 23:07:58.30 ID:ZgZdCAmUO
>>834トム

837 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 23:09:13.55 ID:qXFqgMAuO
>>834
さくらんぼ

838 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 23:10:05.90 ID:K6kFNx+50
>>834
4度目の2007年

839 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 23:16:40.57 ID:DUbncQkK0
>>834
携帯厨について

840 :ホモ紳士 ◆xsMI36idT6 :2007/03/05(月) 23:17:24.61 ID:iWw/kNAd0
('A`)と( ^ω^)がもう一度異世界で出会うようです
が最近更新されなくて悲しいわ

841 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 23:18:09.66 ID:gx0HPeCk0
>>840
ヒント:ブーンファイト

842 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 23:19:57.14 ID:8TjAf8vhO
質問なんだけどさ
ξ゚听)ξは貧乳で、川 ゚ -゚)は巨乳なイメージがあるんだが

ペニサスは巨乳キャラか?

843 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 23:20:48.44 ID:ZgZdCAmUO
物によって違う

844 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 23:21:04.51 ID:X5W1isYW0
ツンは確かにひんぬーだな。
クーは平均以上、というかスタイル的に他より勝ってる気がする。スレンダーとか。

845 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 23:26:46.64 ID:0fKTJIcdO
誰か「ドクオはまとめサイトの管理人のようです」と「ブーン先生が講義を始めるようです」のログ持ってないか?


846 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 23:27:42.07 ID:K6kFNx+50
>>840
逃亡って訳じゃないんだしまあ待っとこうぜ




フサ・・・(´;ω;`)

847 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 23:28:47.27 ID:NtMsTx8eO
ξ゚听)ξと('A`)と( ^ω^)のようです
がいつのまにか落ちてるんだがどうなったんだ?

848 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 23:29:54.62 ID:ZgZdCAmUO
↓お題

849 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 23:30:16.53 ID:e0aptJcR0
>>847
3日落ち

850 :ホモ紳士 ◆xsMI36idT6 :2007/03/05(月) 23:35:03.75 ID:iWw/kNAd0
>>841
違うのを書いているのか

>>846
おk のんびり待ってるわ

851 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 23:37:07.28 ID:ZgZdCAmUO
なんだかお題じゃない気がするが三日落ちか・・・


( ^ω^)三日落ち・・・また難しいお
('A`)仕方ないだろ
( ^ω^)それにこれはお題じゃないと思うお
('A`)でも↓をつけたんだからすぐ下のレスがお題だろ
( ^ω^)ドクオは融通がきかないお
('A`)悪かったなっ!
( ^ω^)無理つー事でっ!バイブー
('A`)逃げやがったか

852 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 23:46:36.54 ID:qXFqgMAuO
ここに投下していいのって大体20レスぐらいか?
お題を使った作品がスレ立てるレベルまで膨らむ悪寒……

853 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 23:51:20.52 ID:QMzpcwMV0
>>852
自分も、それぐらいの量でスレ立てたことがある。


今考えると無謀だったけど、叩きがひとつも出なかったのはいい思い出。
いい作品見たいよ。

854 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 23:51:30.97 ID:S7fCicbJ0
短くまとめるのも練習のうちだぜ


855 :愛のVIP戦士:2007/03/05(月) 23:55:10.47 ID:qXFqgMAuO
確かにまとめる力ってのは大事だよな
なるべく無駄な部分は減らそう、うん

856 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 00:29:47.85 ID:s0MvF2eqO
過疎ですね

857 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 00:31:03.20 ID:Nm0RzL7eO
流れ切って済まないが・・・・・・
スレを立てて、作品を投下するときに、携帯とPCを使い分けてサル防止とかやっちゃいけないんだろうか。
PCで投下、携帯で合間に防止レスとか、作者必死とか聞こえたりするかなぁ。

それ以前に両方ともサル喰らうかも知れないが。

858 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 00:31:50.55 ID:daI5Eu8v0
ttp://www.2chan.net/

ttp://nov.2chan.net/b/
ttp://img.2chan.net/b/
ttp://dat.2chan.net/b/

ttp://jun.2chan.net/30/

859 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 00:32:10.91 ID:XiIwRCJ60
ブーンが遊戯王のスレって板違いじゃないか?
おまいらの意見が聞きたい

860 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 00:36:06.29 ID:s0MvF2eqO
>>857
別にいいと俺は思う
ただ人それぞれで違う考え方をするから少し文句は言われるだろう

861 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 00:39:04.62 ID:vml+Thgu0
>>859
あれはブーン系スレじゃないよ
もちろんココや某スレで話題が上がることはない

862 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 00:40:05.24 ID:XiIwRCJ60
>>861
結局どんな扱いなんだ?

863 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 00:41:09.37 ID:vml+Thgu0
さぁー
みんなスルーしてるし
答えるなら「扱ってない」ってところかな

864 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 00:41:31.81 ID:XiIwRCJ60
あまりいいイメージは無いわけか

865 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 00:49:58.41 ID:Nm0RzL7eO
>>860
そうだな・・・・・・一度作者と言わずに携帯でサル防止をしてみるかな。
ありがとう。

866 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 01:00:06.20 ID:y8i8Ro2KO
>>859
それもそうだがブーン小説スレも

867 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 01:03:20.49 ID:HcafeFQ/0
ブーンが遊戯王は普通のブーンスレみたいに一つの作品を投下するスレじゃないからな。
スレとしては遊戯王を題材にした文才ないけど〜に近い。

868 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 01:07:55.17 ID:4XSFXgPYO
ただ( ^ω^)があれをああしてるって感じのやつだよな
誰があれこれするよりかはみんながこうしたりとかってのが多いよな

869 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 01:12:22.38 ID:vml+Thgu0
代名詞多すぎ

870 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 01:54:59.96 ID:Gwy2hgHrO
大阪のおばちゃんと話したらそんな感じだけどな

871 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 01:55:31.88 ID:WH8Z+K4/O
ほす

872 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 02:31:39.09 ID:SCW1jRRd0
お題を募集しません。

代わりに御題を置いていきますね
つ【ビリヤード】

873 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 02:38:10.84 ID:caBC3Z/m0
    ペッ
川 ゚ 3゚) ⌒【ビリヤード】


874 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 02:40:51.95 ID:Gwy2hgHrO
お題なんか置いてってどーするの

875 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 02:47:25.68 ID:HcafeFQ/0
一レスってどれくらいが良いのかね

876 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 02:48:08.60 ID:LeY9HOQL0
保守ついでにお題募集
シリアスっぽいのだと嬉しい

877 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 02:49:22.05 ID:hqsH/pTn0
>>876
喉の痛み

878 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 02:51:51.90 ID:WKPSmZgi0
>>876
あの頃にかえろ?

879 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 02:52:42.54 ID:LeY9HOQL0
>>877-876
ありがとう、頂いていく

880 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 02:53:21.64 ID:LeY9HOQL0
安価ミスったorz
>>877-878の間違い

881 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 02:54:23.85 ID:SCW1jRRd0
>>874
愛でる

882 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 03:15:54.84 ID:SCW1jRRd0
>>875
短すぎると逆にうざったいと思うし、限界いっぱいでいいんジャマイカ?
今は25行だっけか

883 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 03:20:40.55 ID:HcafeFQ/0
>>882
限界一杯かぁ…
もうちょっと増やすかな。このままだと一レス十後半くらいになるわ

884 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 03:21:55.73 ID:vml+Thgu0
その短さの中でしっかり起承転結が成り立ってて面白いならむしろそれでいいと思う

885 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 03:26:17.35 ID:SCW1jRRd0
確かに
むやみやたらにレスの数増やすのはどうかと思うけど、
要はバランスがいいのが一番いいのかもな
ただサルさん対策にレスの数を減らしたほうがいいってのも確かだとおも

886 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 03:33:45.67 ID:SCW1jRRd0
レスといえば、読みやすいレスの数ってのはどのぐらいなんだろう?
短編だと10レスとかになるとついつい読むのも書くのも尻込みするんだが

887 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 03:40:31.24 ID:z7ZW9YmO0
おやすみ〜

888 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 03:44:28.74 ID:HcafeFQ/0
じゃあ、ちょこっとプロローグっぽいものを投下してみようかね。
と言っても小説のようなもの書いたのは始めてなもんで出来は酷いかもだけど…

人いる?

889 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 03:45:08.08 ID:vml+Thgu0
いるぜ
投下しちゃいなよ

890 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 03:47:28.97 ID:HcafeFQ/0
( ^ω^)「信念を、貫き通せ……?」

少年が父親からその言葉を聞いたのは十年程前、まだ小学校に上がったばかりの頃だった。

「そうだ、ホライゾン。男なら自分の信念を絶対に曲げてはいけない
 ……他の人が、その信念を認めなくても、だ」

二人は礼服に身を包んでいた。
少年の父親の膝の上には紫の風呂敷で包まれた箱が一つ。

二人が座る縁側から見える夜空には、蠍から逃げ回るオリオンが煌き、
冬の大三角の一辺を成すシリウスが嫌味なほどに青白く光り輝いている。

数日前、少年の母親は――この世から去った。


891 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 03:49:20.23 ID:HcafeFQ/0
――

体の弱い、母親だった。

数年前から癌を患っていた母親は、何度も入退院を繰りかえし、
癌が消えては再発する。そんな事に家族は一喜一憂して来た。

父親曰く、明るく美しかったと言う母親。
しかしいつの間にか痩せ細り、まるで別人のようになっても尚、生き続けて。

そんな母が逝ってしまうのは、一瞬だった。
容態が悪化したと、病院から連絡を受けて、二人が病院に行く頃には、もう。

――その日は、冬将軍が戦でも行っているのかと思うほど、厳しい寒さだった。

天が母の死に涙を流してくれたのかのように、
粉雪が一粒ずつ、ぽつり、ぽつりと降り、儚く消えた。


892 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 03:50:54.31 ID:HcafeFQ/0
( ^ω^)「……うん、わかったお」

少し置いて言葉を続ける。

( ^ω^)「じゃあ、僕は正義の味方になるお!
      正義の味方になってカーチャンを殺した癌なんかやっつけちゃうお!」

どこかズレた事を言う少年の表情には真剣味があった。
そんな息子の顔を横目で見た父親は夜空を見上げて呟く。

「ホライゾン、トーチャンも貫くよ……」

膝の上の遺骨の箱に置かれた手に力が入る。

「そうだ……この世界は間違ってる。どうして、どうして……
何も悪くないカーチャンが死ななければならないんだ」

「間違った結果ならば、正してやれば良い……
貫き通してやる、この世界の理なんて、捻じ曲げてでも」



  ――――( ^ω^)ブーンは信念を貫き通すようです


893 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 03:53:39.96 ID:y8i8Ro2KO
スクライドではないんだよな?www

894 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 03:54:02.73 ID:hqsH/pTn0
医者を目指すんかいな

895 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 03:54:26.85 ID:Gwy2hgHrO
いいことか悪いことかわからんが先が全く読めない。
どんなジャンルかすら想像出来ない。

896 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 03:57:05.94 ID:HcafeFQ/0
結構書いたつもりでいても短いもんだな
どうせ書き直すし、バンバン言ってくだちぃ

>>893
違うぜ?

>>894
それもまた違うんだよな…
正直話の中身と合って無いかもしれない。

>>895
悪いこと…なのかも知れない
ここでイメージと違うジャンルが来たらなんだそりゃ?ってなるよな?

文章的にはどうかな?

897 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 03:58:46.64 ID:vml+Thgu0
文章はいい感じ
今のままで問題ないと思うよ

898 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 04:00:01.16 ID:SCW1jRRd0
なかなかいい出だしだとは思う

ただ少し、冬の星座を使って季節を表現しているのがやや重いかなと感じた
こういう雰囲気の話なら、これでいいと思うけど、特に狙いが無いなら
尻込みさせるような表現なんじゃないかな?

あと、母親と母って表現が入り乱れているのがちょっと気になる
両方とも同じ意味と用法で使っているんだから統一しちゃった方がすっきりする
そうじゃなかったら、いっそ母親じゃなく女性とかって方が気持ちいいかもしれない

もう少し詳しくいるなら書くが?

899 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 04:03:22.60 ID:HcafeFQ/0
>>897
ありがとう

>>898
星座を使ってるのが重かったか…
直接表現するのはどうかと思ったんで星座にしたが、あまり重い雰囲気では無いので変えるべきか

できれば詳しく書いてもらいたい

900 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 04:10:17.13 ID:hqsH/pTn0
俺は星座の部分は重いっていうより唐突だなーと思ったな

901 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 04:16:19.34 ID:HcafeFQ/0
>>900
唐突か、難しいな。
言われてみれば唐突だよな…もうちょっと直接的なものから入れていくべきだったか

902 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 04:22:47.73 ID:SCW1jRRd0
まず表現について。

間接的というかぼかした表現を使う事のメリットデメリットを挙げるなら
どういう意図であれ、読み手の読解力がある程度必要になるって事だと思う
読み手に情景を想像させたり、何かを考えさせたいって時には有効だけれど、
端的に状況を描写するには、ややくどく、背伸びした印象になる場合がある
これは少し注意しても損は無いと思う。

上とは違う理由でブーンの事を少年、と地の文で書いているのに違和感が少しある
これはブーン小説だからってのが理由で、
セリフの前に思いっきりブーンの顔が書いてあるんだから、ここはぼやかす意味が無い。
あるとしたら第三者の主観で語られているって時ぐらいじゃあないかな

これはついでのようなものだけれど、
礼服、や、紫の風呂敷で包まれた箱、って所が
明らかに喪服と骨壷の事なのに、曖昧な表現を使った理由が不明確だと思った。
葬式というのを後に持ってきて印象を強めたい、という事かもしれないけど、
表現が分かれることで、二つの情景を描写しているように感じて、逆効果なんじゃないかな


903 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 04:23:17.42 ID:SCW1jRRd0
つづきー

つぎに内容的な部分

プロローグという事はこれがお話の頭に来るのだろうけど、
いささかこれでは引きが弱い

これは一レス目の所でのブーンの父親の言葉の意思が少し弱いからというのがある
他の人が認めなくとも、と、ここで弱気のような言葉を続けるよりも
三レス目の、この世界は間違っている、というインパクトの強い部分をもってきた方がいいかもしれない

そして主題が不明確、というのも気になる
続きが気になる、と言えばいいのかもしれないけれど、
それ以上に読み手に無用な混乱だけを残して放置している感がある
漠然としたお題目だけよりも、ある程度の筋道があった方が
読むほうにとっては話に入りやすいと思う

とりあえず、今の所思った部分は大体このぐらいだとおも 長文スマソ

904 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 04:34:10.24 ID:SCW1jRRd0
ふむ……長すぎ?

905 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 04:34:36.24 ID:HcafeFQ/0
>>902-903
うおおおお!こんな長い文を書いてくれてありがとうだぜ!

やっぱり一番の問題は主題が不明確ってとこだな
この内容だと医者を目指す話だと思えそうだし、それだと中身と全く違うからな…

この父親の言葉は重要な鍵で、それを早く示したいと思ったからこうなってしまったのかも。
プロローグには内容とあったものを持ってきて、父親の言葉は物語の中でブーンに喋らせるべきか?

906 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 04:41:17.20 ID:SCW1jRRd0
>>905
主題を明確にするというよりも、話の筋道を立てることだと思う
この後に話が続くのであって、これだけで話が完結するわけじゃあないんだから
後に続く、後を読み進めたくなる出だしを模索するが吉かと

父親の言葉が重要なカギとするなら、反復してしゃべらせてもいいんじゃないかな?
やりすぎるとくどいだけだけど、締める部分を強調するのにはいいのかもしれない
早めに示したいのなら、やめる必然が無い限りやっても問題は無いと思われ

907 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 04:41:55.24 ID:A3N1i3Yx0
亀スマソ
やっぱり地の文が気になる
どこか感情移入されてるっぽい語り口調なんだが
ブーンなり父親なりが述懐ってことでもないんだよね?
そーすっとこの地の文は誰が語ってるの?ってウンベルト・エーコに
怒られそうな感じ
のちのブーンの述懐にするかもっと無感情な地の文にするか
どっちかにした方がいいかも

908 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 04:43:20.36 ID:+ZAX3hxo0
>そんな母が逝ってしまうのは、一瞬だった。

なんかここに違和感覚えたんだけど……俺だけか?

なんか中止法や体言止め多用しててポップスの歌詞っぽいな。
黙読の意識は大切だけど自分に酔ってないか?
ラストならまだしも始まりから酔っ払ってたら重いぜ。

909 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 04:49:40.40 ID:HcafeFQ/0
>>906
把握した
このプロローグは没って話の筋道を立てる方向で行くわ。

>>907
感情移入されてるっぽくなってるか…
述懐ではないから、できるだけ無感情にしようとしてたんだが…

無感情な文を書くのは難しいな。どうしても感情が入ってしまう

>>908
自分に酔ってるというか…
〜たばっかりになってしまうから体言止めを多用したんだ。

それとそのレスのところ、ちょっと自信無かったんだよな…
どうしてもうまく書けなかったから継ぎ合わせて形にしたような感じで書いたんだ

910 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 04:49:46.07 ID:SCW1jRRd0
>>907
なんか主観的だなって引っかかってたんだけど、多分それだ
おかげですっきりした
>>908
確かに。一瞬ではないよな。その場に居合わせられなかっただけで
でも初めに重いのを持ってきて印象付けるってのはありじゃね?
最後まで続いたら食傷だろうけど

911 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 04:56:19.36 ID:A3N1i3Yx0
>>909
どうしても感情移入しちゃうんならいっそのこと
後のブーンっぽく語れば?

912 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 05:00:22.10 ID:HcafeFQ/0
>>911
確かに、ここはブーンの語りにしても良いかもしれない。
まあどちらにせよ三人称で書いていくつもりだし、感情移入しちゃうのは問題かも

無感情な地の文ってどう書けば良いのかな?

913 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 05:01:39.93 ID:+ZAX3hxo0
>>909
小説は原則過去形で書かれるべきだと思ってるから、俺は「た」が連続してもさほど気にならないよ。
勿論書き方にもよるけれど。

>>910
いや、重いのはありだとは思うんだけど……うーん
感覚的で悪いんだけど知らぬ間に段々重くなってて、ふと「あぁ、なんか重いなぁ」って気付く感じ
あんたも言ってたけど、ぼやけてるよな、これ。
注目すべきとこがどこかわかんないんだよ。父親の言葉か、母親の死か、あるいはブーンのこれからか。
なんか善くわからないけど大変そうだなぁって。

914 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 05:08:53.19 ID:SCW1jRRd0
>>912
神の視点から書けばいいだけじゃないか?
主観的な部分は誰の主観かをはっきりわかる様にすればいいし
と言ってもこればっかりは書いてみて慣れるしかないと思う。
初心者は一人称で書きたがるけど、大体こけるらしいから練習したほうがいいかも
>>913
どちらかと言えば、ここまでの部分が小説よりも詩に近い感じだからじゃないか?
読んでて、ライトノベルの冒頭にあるポエムのような印象を受けたし

915 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 05:11:42.30 ID:HcafeFQ/0
>>913
うーん、ぼやけてるか…
いろいろ書きたいことが多すぎて薄まってるんだな、これ。

>>914
神の視点からか…
頑張ってみるわ。

ともかく夜…というか朝早くまで付き合ってくれて嬉しい。

916 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 05:25:08.90 ID:SCW1jRRd0
毎度思うんだがここの住人は深夜を越えると妙にやさしいよなw

917 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 06:05:50.81 ID:3Jk35ZtTO
単に厨房が寝てる時間帯なんじゃね

918 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 06:09:26.54 ID:btyu/3iNO
今の雰囲気が一番良いと思ってる俺は間違いなくVIP向きじゃない

919 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 06:23:33.15 ID:3Jk35ZtTO
やらないか→ウホッ の流れが10レスくらい続くより
よほど「小説練習」スレとしては建設的なんじゃないか?
まあVIPは雑談カテゴリだけどな

920 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 06:31:05.33 ID:SCW1jRRd0
本当は投下が山ほどあった方がより理想的なんだろうけれどな
なかなか執筆速度が追いつかん……orz

921 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 06:32:26.69 ID:Pnur2s0B0
>>920
お前にお題やるよ
つ【ビリヤード】

922 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 06:41:09.09 ID:SCW1jRRd0
まぁ素敵なお題……ってそれ俺が置き逃げしたやつじゃん

923 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 06:43:08.68 ID:Pnur2s0B0
>>922
肝心なこと言い忘れたwwwwwwwwww

この空気の良し悪しは別として
投下少な目だからここまでちゃんと見て評価できるってのもあるな正直

924 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 07:24:17.25 ID:I5ozMDsrO
ほす

925 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 08:23:41.86 ID:MCzbMxTR0
お題くれ

926 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 08:26:05.85 ID:btyu/3iNO
>>925
ミニ四駆は肉抜きが命

927 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 08:27:40.03 ID:ktkf+jXyO
すまんが、スウィートホームをモチーフにしたブーン小説を知らないか?
どっかで読んだんだが、見つからんのだよ

928 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 08:27:46.36 ID:SCW1jRRd0
>>925
つ【ビリヤード】

929 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 08:33:23.78 ID:MCzbMxTR0
>>926
なつかしすぎだろww

930 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 08:35:00.05 ID:btyu/3iNO
>>929
ベイブレードは引き抜きの力が命

931 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 08:36:48.80 ID:SCW1jRRd0
>>930
コバッヂは低さが命

932 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 08:43:13.48 ID:SCW1jRRd0
ちょっとまてどういうことだ
コバッジで検索かけたらヒット数たった4ってどういうことだ
俺の青春はヒット数たったの4か

933 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 09:11:49.47 ID:y8i8Ro2KO
ブーン系で手が出されてないジャンルが純文学らしい
それっぽいお題下さい

934 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 09:28:17.12 ID:btyu/3iNO
純文学と日常系って何が違うんだ?

935 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 09:34:35.35 ID:y8i8Ro2KO
しらね( ゚听)

936 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 09:42:18.72 ID:btyu/3iNO
>>935
貴様wwwwwwwwwww
確か、おばあちゃんみたいな奴が純文学じゃなかった?

刑務所に入った人間が刑務所を題材にした小説。
ゲイの人間がその苦悩を描いた小説。
拷問を受けた人間がその苦痛を書いた小説。

こんなのが純文学だと思ってるが。
つまり、ホラーなんかには純文学が存在しない訳だ。
まぁ、狂って幻覚見た人間がホラー小説書いたら、それはそれで純文学だが。

つまり、純文学とはエッセイやら自伝みたいな奴かな?
広い意味で捉え過ぎだが、そんな感じ。

という事は、お題とかじゃ書けないのだ!

937 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 09:46:54.71 ID:y8i8Ro2KO
じゅんぶんがく【純文学】
[意]純粋な文学思想を表現し、芸術性を第一目的に創作される文学作品。

エッセイではないっぽいが、ほのぼのと違うかどうかは分からん
取りあえずシュールなお題でなければ

938 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 09:49:57.39 ID:ICAOQhVP0
あんっ・・・んっ・・・いくぅ

939 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 09:58:22.63 ID:XJ2Kay5m0
ブーン小説って普通の小説とは勝手が違うからな……
それこそこのスレに投下されるカオス小説って純文学なんじゃね

940 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 10:03:07.95 ID:rAj3zz+cO
>>927
勝手にまとめサイト(ギャングスターやら仮面ライダーやら置いてある所。>>1のテンプレ3つ目)にある「ブーンが呪われた屋敷を取材に〜」っていうのがそうだと思う。




…………記憶違いかも知れないけどブーン小説で叩かれる作者第一号だったような……

941 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 10:06:52.80 ID:rAj3zz+cO
>>940
呪われた館を取材に行くようです
だった

っていうかそもそも凄い亀だな
すまん

942 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 10:50:56.33 ID:Tentxl280


943 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 11:52:22.70 ID:fkA1xGEr0
川゚−゚) さあ昼だ、食事をしよう。

944 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 12:12:51.43 ID:g52TUJA6O
川 ゚ -゚) もちろん性的な意味でな

945 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 12:17:19.98 ID:3Jk35ZtTO
川 ゚ -゚)っω


川 ゚ω゚)

946 :( ^ω^)はThe・2chにログインするようです(1/7):2007/03/06(火) 12:51:07.80 ID:ZuhDdwN30
今から投下します(`・ω・´)




( ^ω^)「うはっ、ついに僕も2ちゃんねるデビューだお」

自室で独り言を呟いている男の名は内藤ホライゾン。
上機嫌にパソコンのソフトを起動する。
ソフトの名は「The・2ch ver0.72」、今や会員数1000万人を超える有名なオンラインゲームだ。

( ^ω^)「……PC名はブーンにするお。職業は自由人にするお」

設定項目は100個ほどあるが、いくつか紹介しよう。
初めてのオナニーの年齢、バレンタインチョコの総数、
好きなバルタン星人などゲームには欠かすことの出来ない大切な項目だ。
設定を済ますと、内藤、いやブーンはThe・2chの世界に足を踏み入れた。

( ^ω^)「すげー、綺麗なグラフィックだお。
武器はボロい釣り竿かお。かっこいいお」

ブーンはこのゲームの全てに感動し、アホ犬のように同じ場所をぐるぐる回っていた。
突如、背後に気配を感じ立ち止まった。

947 :( ^ω^)はThe・2chにログインするようです(2/7):2007/03/06(火) 12:51:53.78 ID:ZuhDdwN30
(;^ω^)「ま、まさか、敵かお!?」

恐るおそる後ろを振り向くとブーンの数倍はあろう大きさの怪物が睨んでいる。
怪物は「ボブリン」と呼ばれるThe・2chの世界では最弱の敵だが、
その巨体さから初心者は逃げ戸惑いあぼーんされてしまう。別名「初心者最強の敵」だ。

(;^ω^)「ぼ、僕の釣り竿にかかればこんな敵ってあわわあghrw」

ブーンがお決まりの台詞を言っている間にもボブリンは突進してくる。
その恐ろしい剣幕にブーンは腰が抜けてしまい、その場を動くことが出来なくなってしまった。
ついにはブーンの目の前までボブリンが迫り、拳を勢い良く振り下ろす。

(.g.)「ごぉぉぉぉぉぉぉぉ」

(;−ω−)「た、助けてください神様仏様マイケル様、ヘルプだお」

もう駄目だとブーンが諦めたその時、ボブリンの体が光に包まれた。

(.g.※「ぐぉぉぉぉおぉぉぉぉ」

ブーンは何が起きたのか分からずあっけに取られていると、ボブリンは光の粒となり消えていった。

948 :( ^ω^)はThe・2chにログインするようです(3/7):2007/03/06(火) 12:52:51.92 ID:ZuhDdwN30
(;^ω−)「おぉ、天に祈りが届いたのかお!?」

???「ったく、初心者はこれだから。大丈夫かい?」

(;^ω^)「ん? 誰ですかお?」

???「正義の使者ってところかしら」

ブーンを助けたのは天の祈りではなく、二人のPCであった。
一人は巨大なつまようじを軽々と振り回す男。
もう一人は5メートルはあろうアイドルのポスターを鞭のように振るう女。

ミ・へ・ミ「良かったわね。私達がいなかったら、あぼ〜んされてたわよ?」

</^A^/>「まぁ、しょうがないさ。ボブリンは見た目だけは強そうだしw」

( ^ω^)「あははは、名前を教えてくださいお。命の恩人なんですお。
    それとこのアイテムはあなた方の物ですお」

</゜A゜/>「あ〜、そのビームサーベルは君の獲物。俺達の獲物は――」

( ^ω^)「?」

ミ゜へ゜ミ「――あんたの命」

949 :( ^ω^)はThe・2chにログインするようです(4/7):2007/03/06(火) 12:53:54.70 ID:ZuhDdwN30

(;^ω^)「へ?」

ブーンは肩に重りを乗っけられたような感じがした。
慌てて右を向くと重りではなく、つまようじが鋭く光っている。

(;^ω^)「ちょw何してるんですかお。冗談はやめてくださいお」

</゜A゜/>「これだから、初心者は。ちょっと優しくすると簡単に信用する。
      安心しきった所をあぼ〜んする、これが最高に気持ち良いのさ」

ミ゜へ゜ミ「あぼ〜んしたくなけりゃ、子羊のように逃げな。
      それか私達をあぼ〜んしなw」

(ι^ω^)「う、うわぁぁぁ」

ブーンは走った。
無我夢中で走った。
この二人は本気だ、本能がそう告げている。
この二人を倒すことなど無理だ、逃げなければ殺される。

950 :( ^ω^)はThe・2chにログインするようです(5/7):2007/03/06(火) 12:54:29.13 ID:ZuhDdwN30
</゜A゜/>「お前みたいな馬鹿はこのゲームやる資格ないんだよw」

男はジャンプしたかと思うとブーンの目の前に現れた。

ミ゜へ゜ミ「ほらほら、どこ見てんだい?」

一瞬にしてブーンを女のポスターが縛り上げた。
あまりに強く、何重にも体に巻き付けられ手さえ動かすことが出来ない。

(ι~ω~)「……く、苦しいお。助けてくれお」

体から絞り出した声もとても小さく、二人の耳には届かなった。

</゜A゜/>「はははははは!」

振り下ろされたつまようじはブーンの体を一直線に斬り裂いた。

(゜ω。)「ぎゃぁぁぁぁぁぁ!!」

断末魔の叫び声が辺りに木霊する。
そして、操られなくなった操り人形のように地面に倒れ込んだ。
ブーンはあぼ〜んされたのだ。


951 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 12:54:51.23 ID:NCUSZ7lb0
しえん

952 :( ^ω^)はThe・2chにログインするようです(6/7):2007/03/06(火) 12:59:00.34 ID:ZuhDdwN30
「....Game Over」の赤文字がブーンのステータス欄に表示されていた。
内藤はただ、画面を見つめていることしか出来なかった。

ミ゜へ゜ミ「あぁ〜あ、つまんねぇな。初心者はテクニックも無ければ、HPも低
すぎる」

</゜A゜/>「おらおら、何か文句言ってみろよw」

男は動かなくなったブーンの体を蹴り続けた。

???「ふっ……」

一部始終をただ傍観していたマントの男は、武器を構えるとゆっくりと歩きだした。
左手には拘束具なような物が付けられている。

</゜A゜/>「なっ、お前いつからそこにいたん――」

男が言い終える前に体を白い光が貫いた。

</゜A。/>「ぐぁぁぁぁぁ」


953 :( ^ω^)はThe・2chにログインするようです(7/7):2007/03/06(火) 13:00:28.75 ID:ZuhDdwN30
マントの男の武器は銃なのだろうか、形状は男性器に酷似している。
幸いにも子供のだが。
男は床に倒れ込むとピクリとも動かなくなった。

ミ;゜へ゜ミ「あっ、あっ、あっ〜」

一撃で仲間を殺された女は気が動転し、奇声をあげながら走った。
だが、マントの男は躊躇することなく銃の引き金を引く。
次の瞬間、女は床に倒れ込んだ。

その様子を食い入るように内藤は見つめていた。

???「ふん……」

マントの男は銃をしまうとブーンの方へと歩いた。
そして、ブーンの前に来ると右手を差しのべてこう言った。

(´-●ω●`)「Welcom The・2Ch」


これがブーンとショボンの出会いだった……。



( ^ω^)はThe・2chにログインするようです  完


954 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 13:05:10.42 ID:ZuhDdwN30
>(´-●ω●`)「Welcome The・2Ch」

「e」が抜けていました。

ここはこうした方がいいよなどのアドバイスをくださいな。

955 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 13:27:25.94 ID:3Jk35ZtTO
プロローグなのか?
PCって何? プレイヤーキャラ?

956 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 13:30:43.62 ID:wpMB0m/+0
はいはい.hack .hack
PCはプレイヤーキラーなんだぜ

957 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 13:31:16.54 ID:WT4wtB+10
ショボンがモーフィアスに見える

958 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 13:31:46.92 ID:fkA1xGEr0
顔文字は故意?

959 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 13:33:12.93 ID:tP/NcMnBO
プレイヤーキラーならPKじゃねーの?

960 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 13:34:52.50 ID:zLvoekfRO
ゲーム内なのに気配?

パソコンの前に座ってやってるなら、ゲーム内の話全てに違和感。
体感できるんなら、そこに説明と描写が欲しい。

爪楊枝とかポスターとかは、気に入った。

961 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 13:38:44.95 ID:3Jk35ZtTO
ネトゲ予備知識がない俺にはわからんな
あとは>>960の言う通り、状況描写が画面の中のこととは思えない

962 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 13:40:55.61 ID:A+LCF7DpO
.hackやゼーガペインやマトリックス見たらそれがネットの中なんて誰も思わんだろうNE

963 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 13:47:10.60 ID:fkA1xGEr0
PC=プレイヤーキャラで合ってるはず

964 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 13:50:53.68 ID:TPSWdPEW0
何かrootsと思いっきり被る

965 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 14:01:44.20 ID:zLvoekfRO
>>962
どっとハックにしろ、まとりくすにしろ、説明や描写をしっかりしてお客さまを置いてけぼりにはしていない。

そこんとこ、もちょい頑張れ。って思うのだよ。

966 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 14:03:06.99 ID:4XSFXgPYO
ってか今日寒いよね

967 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 14:12:32.78 ID:8JqTGPMQ0
布団から出てないから分からん

968 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 14:17:51.61 ID:h/R1cnsmO
ベッタベタのラブストーリーを書くのが良いのか、それともお前らにお題貰って書くのとどっちが良いと思う?

969 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 14:19:18.10 ID:+pZmmJMKO
ベッタベタのお題をもらう

つ【五月の蝿取り紙】

970 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 14:25:34.80 ID:ZuhDdwN30
アドバイスどうもです。
状況説明が足りないか。
精進します(’・ω・`)
 

971 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 14:26:01.44 ID:qdJoAkCW0
ラブストーリーなんて誰でも作れる。

972 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 14:29:03.63 ID:+pZmmJMKO
>971
童貞のくせに

973 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 14:33:29.94 ID:btyu/3iNO
出会いが起こる

親密になる

別れフラグ

衝撃の事件発生

オワカレ(^o^)オワタ

だが復縁

ハッピーエンド


これなら誰でも書けるよね
つか携帯小説の例だね

つまり、誰にでも書けるけど面白いかどうかは別だよね
ネタにマジレスすまんね

974 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 14:33:46.80 ID:4XSFXgPYO
>>972
非童貞なら作れるのか

277 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)